HooHooのブロマガ

【スマブラ for 3DS / WiiU 】スマブラ投稿拳で参戦希望の願いが直接!伝わるためにできそうなこと色々(問題編)

2015/05/27 03:16 投稿

コメント:4

  • タグ:
  • スマブラ
  • 大乱闘スマッシュブラザーズ
  • スマブラ3DS/WiiU
  • 参戦希望
  • 任天堂
お馴染み、ゲーム『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / WiiU』では、『スマブラ投稿拳』にてなんと参戦希望キャラの投稿を受け付けています。(10月3日まで) 知っている人にはとっくにご存知かと思いますが、皆さん、どんなキャラに投票しましたか?
 投稿は一人1キャラ分限りなので、誰にしようか大いに迷うこともあるでしょう。まだ期限まで長いので、今は静観してじっくり考えるという人もいると思います。

 で、筆者ですが、結局参戦希望の的が絞れず後でいいやとか思いながら、そのまま現在までズルズルと時が過ぎ、すっかり忘れてしまっていました。なんというか、ホントすいません。

 今回は、まだ投稿していない慎重派なスマブラ族の皆様に向け、筆者みたいなズボラな人も巻き込みながら、投稿拳に一体どんなこと書けばいいんだ、ってことについて考えてみましょう。
 ……こういう記事はもっと早く書くべきなんでしょうけど、現時点に及んでも未だに迷っている人だからこそ、その分練られた意見が書けるのではないかと信じています。

投稿拳の意義と、そこに思いを乗せる意味

 超基本的なことですが、今回こうしてアンケートの形で参戦希望を募ることになった目的や背景について確認し、考えてみます。

 今回の投稿拳の目的は、「参戦してほしいキャラクターについてユーザーから意見を募る」、まさにまんまこの通りだと思います。そうじゃない場合で参戦希望のアンケートをわざわざ集める理由は恐らく無いでしょう。

 見落としがちですが、注意事項なども 含めて読む限り、「参考にする」とは書かれていますが「希望が多いものから参戦する」というわけでもない、ということです。
 それなりの数が集まればそれはそれでひとつの材料にはなると思われますが、そもそも「参戦希望キャラ=何らかの要因でまだ参戦できていないキャラ」なので、どんなに安牌のつもりで人気のキャラを選んでも、希望するだけで参戦が決まるならとっくに参戦しているはずです。
 任天堂のマーケティング担当の人だってちゃんと仕事しているでしょうから、人気のキャラについてはすでに一通り打診済みで、現状出せる限りはもう出ていると考えたほうが良いでしょう。初代スマブラの時点でサブキャラさえ欲張らなければ、名前が挙がらないほうがおかしいレベルの主役級はほぼ出そろっていると思えたラインナップですから。その後も新シリーズが増えたとはいっても、当時あのたった12人のファイターでそれなりに満足できていたのは、今思うとある意味すごいことだったんじゃないかって気がします。
 そんなわけで、多数決的な側面はあんまり考えなくてよさそうです。

 「参考にする」と注意事項にある以上、逆に言えば「参考にならない意見は送られても困る」とも解釈できます。言われてみれば当たり前ですけど。
 どういう意見が参考になるか、ならないのか、それは開発側の都合による部分が大きいので一概には言えません。
 が、アンケートを参考にする立場から見て、「これは明らかに送られてきても持て余しそう」と考えられるパターンについて、いくらかなくはないです。

  1. 投稿内容が他人と被っている
  2. 内容があまりに不明瞭、もしくはいい加減で、なんか腑に落ちない
  3. 参戦希望が無茶振りすぎて実現できそうな気がしない
 多数決の線が前述の通り薄いと考えると、1.の投稿被りはなるべく避けたいところです。
 極端な話、もしスマブラ参戦希望のアンケートを第一作より前に募集したら、下手したら半分以上の投稿がマリオの名前で埋まるんじゃないでしょうか。先の内容と被りますが、そんな圧倒的に支持されてるキャラなら、アンケートとるまでもなく逆に参戦決まっていないほうがおかしいですって! 万が一参戦できなかったら、もはやどうにもならないものとして諦めるしかありません。いずれにせよ、マリオを挙げた投稿はほぼすべてが実質死票とならざるを得なくなります。  
 希望キャラの重複はさすがに避けられないにしても、その希望理由まで誰かと完全に被ったら、その投稿自体、スタッフに対して新たな情報を何も提示しない空虚なデータになってしまいます。同じキャラでも「そういう別の魅力もある」ということを知らしめる機会でもあるのに、それすらできないのは非常に辛いものを感じます。
 被る程度に知名度のあるキャラに対して、自分だけの推しポイントを挙げるというのは結構難しいことかと思います。「カービィのチャームポイントを誰とも被らずに他人にも納得できる形で挙げる」という無理難題を想像するとわかりやすいかと。
 どのみち、一票を争うものでもない以上、放っておいても要望自体が多数集まるキャラを選んでも、焼け石に水、のれんに腕押しとなる可能性はかなり高いと思われます。
 複数投稿できる環境があるからって、同じキャラに何回も投稿した方もいるかもしれませんが、それら一つ一つの投稿が、果たして貴重な意見として受け止められるだけの内容を伝えられているか、送った方はもう一度思い返してみてはどうでしょう。

 2.は気持ちが先行しすぎて、肝心の推薦理由が支離滅裂になってしまうパターン。
 気のままに勢い任せに書くと、変な文章になるのはよくあることです。
 どんな文章でも、書いて相手に送るからには正しく伝わることが絶対条件です。意思疎通の世界は送り手の意思は考慮されず受け手側の解釈がすべてにおいて正義となるので、決して譲れない部分です。
 どんなにキャラに対する強い思いをぶつけても、中立な人間がそれを読んでよく理解できませんでした、では、その思いはすべて無かったことにされます。全否定の対象にすらなれません。最低でも、読む側にとってゼロから共感できる要素を盛り込む必要はありそうです。

 3.については、参戦していないキャラから希望を募っている以上、とやかく言うことでもないかもしれません。ただ、読む側に「これ無理だろ……」と思われてしまったら、そこから先は取り合ってもらえません。
 無茶を言ってしまうのは端から承知のこと。だからこそ、決して開き直ることなく、無茶を覆す相応の説得力がどうしても求められることになります。

 今回のスマブラ投稿拳、開発陣に思いを伝える数少ない機会というよりも、お目当てのキャラを推薦するための簡易プレゼンの場と捉えるほうが適切かもしれません。
 結局のところ、投稿を読むであろう関係者各位……最終的にディレクターの桜井政博氏辺りのエライ人に納得してもらえないと何にもならないという実情があるわけで、それゆえにこの貴重な機会に対して、下手に妥協することは即ちもったいないお化けに精神を呪い殺されることを意味する、と言っても過言ではないでしょう。桜井さんレベルの首を縦に振らせるって、それこそ寸分の猶予もない無茶の極みレベルとしか思えない難易度ですから。
 まあそこまではいかなくても、「希望キャラの参戦に対して少しでも前向きに検討できる要素を提供する」、それこそがこの投稿拳における、投稿する側の具体的な目標ではないでしょうか。

それを踏まえたうえで、参戦希望キャラ選びも含めて何をどう書くか、それは……

……長くなりそうなのでまた今度書きます。

コメント

HooHoo (著者)
No.2 (2015/06/14 21:57)
>>1
コメントありがとうございます。

仰る通りで、いくら何十万、何百万本売れるゲームといっても、要望の物量に応じるだけではユーザーの需要は満たすのは難しいでしょう。
スタッフもその辺薄々理解しているであろうからこそ、「希望理由」の欄が意味を持ってくるのだと思われます。数だけ見るならここの欄を500字分とか用意しなくていいわけですし。
もっとも、そんな気の利いた推薦文なんて簡単に書けないからこそ数に頼りたいという気持ちもわかります。
単に物量で示すというより、一人ぐらいうまいこと書いてくれて数撃ちゃ当たる的な狙いもあるのでしょう。
あんまり同じような票が無駄に多いと読むほうがうんざりして逆効果なんじゃ、と心配ですが……。

その辺のうまい書き方についても、次回触れられればと。
フィラ
No.3 (2015/06/15 11:29)
スマブラ参戦キャラの要望を書くので、見るだけでも良いので見てほしいです

スマブラwiiuでウルフを出して欲しいです……。
HooHoo (著者)
No.4 (2015/06/15 20:11)
>>3
コメントありがとうございます。

この前新規参戦の発表がありましたが、続々と復刻参戦が発表される中、ウルフの再度参戦に対する期待も高まっているように感じられます。

でもリュウ参戦で全部吹き飛んで、今後何が参戦する段々わけ分からなくなってきたのは秘密です。
何回見ても何回見ても想像力が足りないよorz
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事