研究報告

ランクマッチシャッフル

2014/12/22 21:57 投稿

  • タグ:
  • ハイニュー
  • EXVS.FB
  • フルブ
  • ランクマッチ
  • シャッフル
  • ガンダム
  • DX

前回の記事では「まだやる」と書いたのですが、実際はもうやる気はありません。
 前回の記事はラストをあれでいくと前から考えていて、他に良い〆が思いつか(考える気力が)なかったためで、記事を上げたときは既に戦意を喪失していました。
他放送でも話に出ていましたが、ここ最近のプレイヤー層の変化は私も感じています。
 意識が高い人はほとんど金プレ以上になったのかプレマにいったのか、はたまた別ゲーにいったのかは分かりませんが、プレイヤーの質が目に見えて落ちていると感じるのは私だけではないと思います。
 そのためシャフランで対戦してもプレマとそこまで変わらないというか、楽しめなくなったので終了となったわけです。
 それでもプレマとランクマは種類が違うので再開する可能性も含めたつもりですが、私が観ていた放送でもランクマシャフは引退か放送自体がなくなっているので難しいかもしれませんね(゜゜
※既にすることないんですけど、これから人待ちの時間をどうすれば…(白目

 私はほぼ毎日プレイしていますから、曜日や時間帯におけるプレイヤー層の感覚は大体掴んでいるつもりです。
 意図的に避けてきた“キッズタイム”ですが、ある日曜の午後にシャフランを行ったのがすべての始まりでした。

戦闘中に表示される“煽り通信”…。
「自分勝手な判断だけで…」と、今にもジュドーが言い出しそうですね(ちょっと違う)。

2on2において、戦闘中の相方に文句を言うということはどういうことでしょうか。
 画面の向こうで一人で何を言ってようと構いませんが、それを伝えたら相方が3対1で追い詰められ、極限状態に陥って秘められた力が覚醒して勝てるのですか?
「んなことあるわけねーだろぉ!!」と、ハレルヤが出てきて教えてくれそうですね(?)。

 私にはHi-NTという力が眠っていますが、その力はgmkzの煽りごときで目覚めるものではありません。
しかし、目覚めるものもあります。
それはイオリア・シュンヘンベルギウスが開発したとされる“GM-TRANS-AM”。
私も煽られて精神が極限状態に陥った際にのみ発動されるこのシステムを使いました。

「…enトランザム!」

ついに発動した驚異のシステムによって、ななんとSPが300も下がりました\(^o^)/

あまりの事態に錯乱したハイニューは
「あーあれ俺もやろー(棒)」
と、厨機体に片っ端から乗り始めましたが…。

おかしいな、300上がるはずがまた300減ってるんだが\(^o^)/
いつも自分がされていることをやってみようと思っただけなんです、ほんの出来心で…゜゜)

結果:大佐☆3 → 中佐☆5(約5250→4650)

 慣れない機体を使ってはいても、勝利を目指してはいたのでステゲーしたつもりはありません。
 ただ、顔面トランザム状態では相方に見切りをつける(ar647274)のが早すぎて、もはやどっちが先にステゲーをし始めたのか分からないような状態でした(´・ω・`)
このままでいいはずはありません。そんな中

「世界を滅ぼされてたまるか」

と、DXに搭乗したことを機に再度機体を仕上げながら大佐を目指すことに。



私の中では好きだけど使えない部類の機体だったのでいい機会でした。
 プレマで使っていた回数がいくつだったのか覚えていませんが、中佐帯から抜け出せる程度には使えるようになりました。

ま、誰がなんと言おうと私は“金プレ”ですけどね!(゚▽゚)

~余談~
私が禁断のシステムを発動させるきっかけとなった“煽り通信”。
 カスタム通信が可能な時点で分かっていたことですが、たまにそういう通信が来ることがあります。
想定内だとしても、そういうことが積み重なっていくと心が荒んでいきますよね。
バンナムさんは自ら民度を下げていっていますが、どういうつもりなのか理解に苦しみます。
 要望があったのかもしれませんし、見知った方と楽しむ際は使えるに越したことはありません。
 しかし、カスタム通信の表示を切り替えることが可能であればシャフランで通信をカスタマイズする意味は無いですよね、相手には見えていないのかもしれないのだから。
私も多少のカスタマイズをしてきましたが、結論から言ってこの機能は

「要らね( ̄  ̄ )ノ” ⌒* ポイッ!」

※皆さんも“GM-TRANS-AM”の使用は程ほどに…(白目


ハイニュー


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事