研究報告

ステゲーの定義 ~EXVS.FB~

2014/10/19 18:30 投稿

  • タグ:
  • ハイニュー
  • EXVS.FB
  • フルブ
  • ガンダム

個人のブロマガなので当たり前ですが、個人的な見解です(゜゜
※この一文を書かなければならない…残念なことにそういう人が存在するので仕方ないですね(白目

ステゲーとは
【相方に協力することを放棄する行為】
だと私は考えます。

わざわざ“放棄”という言葉を用いたのは戦闘自体を放棄する人がいるからですが、他にはどのような行為が当てはまるでしょうか。
フルブは2対2で戦うオンラインゲームです。
※そもそもオンラインということに関して云々というのは、ニコ生も同じであるため割愛します。
2対2のオンライン対戦をするということは、【相方への礼儀を欠いた行為】と【相方を顧みず自分勝手な判断だけで戦う行為】がこのゲームの趣旨を逸脱する行為であり、ゲームを捨てているということになります。
~主な行為~
・よろしく通信なし
・故意のFF
・コスト(体力)調整をする気がない
・無通信(操作中以外の確定どころですら通信をしない)
・煽り通信
・指示通信
・謎通信(身内ネタや相反する通信を繰り返し続ける等の相方を故意に混乱させる行為)
主に通信関連が多いですが、このゲームのコミュニケーションツールは通信しかありませんので特に重要だということです。

※文章だと誤解が生じやすいので少し補足
~よろしく通信なし~
最近組んだ方の第一通信が「損傷軽微」だったこともあり、表示バグと思うようになってきました
どちらにせよ、このゲームでグレーなことは良い方に解釈した方が(自分が)得をしますよね。
~故意のFF~
開幕が主。事故を除いた明らかに“故意の”FFに限るが、よろしく通信がない相方にやる人もいる(表示バグなんとかしてバンナムさん)
~調整関連~
相手にさせてもらえないこともあるし、逃げきる自信がないからワンチャンを取りにいってしまうこともある。
また、相方と合わせようとしたがどうも噛み合わないので、少しでも勝ち筋を見出そうと頑張った結果かもしれない。
最後まで基本に忠実に相方と合わせようとするかということと、多少無理してもワンチャンを取り(作り)にいくかということは勝ちを目指している点で共通している。
よって、勝ちを目指した行為ではなく自ら負けにいくような、そもそも調整なんてする気がないということが明らかな場合である。
~通信関連~
一般的なマナーがないのであればオンラインゲームをプレイする資格はありません。

ステゲーをする連中は、他人に迷惑をかけてでも自分の欲求を満たそうとしている様ですが、自分で勝率を下げているということにも気づかずに相方のせいにして何が楽しいのでしょうね。
私はフルブというゲームを楽しむためにプレイしていますので“ステゲー”をする人とはゲームを楽しむことは出来ません。
よって、私からステゲーをすることはありませんが、ステゲーをされたらステゲーで対処するようにしています。
目には目を、歯には歯を毒には毒を…アンフェアにはアn(ry

自分からステゲーをしたくせに、最後の「ありがとうございました」通信だけは送ってくるという謎な人が結構いますが、一貫性のない行動であり理解に苦しみます。
「ごめんなさい」通信があるとまだ「あったまってごめんなさい」ともとれるので理解出来るんですけどね…。
「最後の通信はマナーとかほざく前に自分がマナー違反してんだろ、頭おかしいのか!」
とか思います。まあそう言ってるかどうかなんて知らないんですけど、そんな感じしますよね。私は一度見限ったら貫き通しますけど(自分の非を認めてきた場合を除く)。

ただ、そういう人に仕返して分からせようとしたところで、そもそもステゲーをするような奴ですからあまり意味はないのかもしれません。
そんなことをするよりも自分に出来ることを考え、常に自分らしく戦うというほうが前向きでいいのではないかとも思うのですが、どうしても怒りに支配されてその発散を優先してしまいます…。

???「怒りに支配されている内は勝てんぞ!!」
ハイニュー「俺にも明鏡止水の心が必要だ…出ろおおおおおガンダーーーーーム!!」
※ランクマを再開した当初は相方の言動に関係なく自分らしく戦っていくつもりでしたが、色々あって元に戻ったのかもしれません(遠い目

別にステゲーの(個人的な)定義なんて書かなくても良かったんですが、次のブロマガでステゲーというワードが出てくる都合上そこで説明するのは長いので、別で書くことにしました。
※もし放送や動画等で私がステゲーをしているのを見かけたら、それはそういうことです


ハイニュー


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事