ヘイヨーさんの人生

「恋は適度がいい」(恋愛)

2013/10/29 23:15 投稿

  • タグ:
  • ヘイヨーさん
  • 人生
  • 恋愛
  • 雑文
 たまには恋愛の話でも。ま、今はお金がないので、それどころじゃないんだけど。仮にお金があって、時間にも心にもゆとりがあったとして(でも、実はこの条件を揃えるのはかなり難しい)

 ヘイヨーさんが、世界で最も苦手なモノの1つ。それが恋。なので、あんまり話にも出てこないんだけど。基本的に自分から好きになると、まず上手くいかない。なぜかっていうと、頭にカ~ッて血が上って、トンチンカンなコトをしてしまうから。

 「スタートレック」っていう海外SFドラマがあって。その2番目のシリーズに“データ少佐”っていうキャラクターが出てくるんだけど。データは、アンドロイドなので、人の心が理解できないわけです。それで、いろいろと悩んだり問題を起こしたりします。
 ある時、データが恋について疑問に思う回があって、宇宙船エンタープライズ号(ここが職場)のクルーにいろいろと尋ねて回るわけです。それで、それぞれの人がそれぞれの恋愛観を持ってアドバイスをくれるんだけど、エンタープライズ号の艦長であるピカード艦長に「恋愛とは、どういうものですか?どうすれば、上手くいきますか?」みたいな質問をぶつけると、「それを私に聞かないでくれ」と即答されるという。まさに、そんな気分。

 それでも、あえて答えるならば“バランス感覚”
 たとえば、仕事であれば、寝食を忘れて没頭するのもいいかも知れない。創作活動なんかも同じ。世界に入り込めば入り込むほど、頭がおかしくなっちゃうかも知れないけれど、その頭のおかしさが、また新しい作品を生み出したりするわけです。

 でも、恋愛は違う。のめり込めばのめり込むほど、事態がおかしな方向に進展していってしまう。だから、適度がいい(でも、物語としてはおもしろいんだけどね。恋愛マンガとか恋愛ドラマとかね)

 たとえば、好きな人がいたとして、ムチャクチャ好きだったら、相手の動向が気になって気になって仕方がなくなっちゃうんじゃないかな?「今、どうしてるんだろう?」とか「電話したのに返事がないけど、何やってるんだろう?」とか「他の男と会ってるんじゃないだろうか」とか。そういうのは、結果的に上手くいかない。
 そうじゃなくて、そんなに好きじゃないけど、それなりに好きだとしたら、あんまり気にならないはず。「連絡がないけど、忙しいんだろうな」とか「他の人と一緒にどこか行ってるのかな?ま、そんな気分の時もあるだろう」とか考えられる方が、相手の人も束縛されてる感じがしなくていいんじゃないかな。

 あと、あまりにも好き過ぎると、ケンカできなくなったりする。悪い部分があっても文句1つ言えなくなって、お互いに人間的にも成長できないし。不用意な一言で凄く傷ついたり、たった1度のケンカで疎遠になってしまったり。
 それが、普段から小競り合いみたいな感じで、ケンカしてると(仮に、それが端から見ると大ゲンカ見えても)意外と長続きしたり。

 なので、あんまりにも熱烈な愛情を持ち過ぎない方が上手くいきやすいんじゃないかな~?と思うんだけど。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事