ヘイヨーさんの人生

「死のイメージ」(空想)

2013/10/28 23:57 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • ヘイヨーさん
  • 人生
  • イメージ
  • 空想
 ヘイヨーさんは、1人でよくいろんな空想をして遊んでいるんだけど。その中に“死のイメージ”というのがあって。「自分が死ぬ最後の瞬間って、どんなだろう?」と考えてみるわけです。

 たとえば、戦場に行って敵兵と撃ち合ってる間に、流れ弾に当たって死ぬとか。幸せな人生を送って、最後の最後に人に裏切られて死ぬとか。ビルの屋上から飛び降りて死ぬとか。どこかの孤島で危険な生物を生み出す実験をするマッドサイエンティストになって、逃げだした危険生物に食い殺されて死ぬとか。

 ま、最近は、あんまりそういう空想はしなくなって、もっと全然違うコトを考えている時の方が多いんだけど。現実的なのは、お金が全くなくなって路上で野垂れ死ぬとか、そういう感じかな~?

コメント

ねここね
No.1 (2013/10/29 04:09)
 子供の時は自分が死んだらどうなるとか考えると怖かったことをよく覚えてます。今は自分の肉親や兄弟、親しい人が死んだりしたら怖いなーと思ったりするほうが多いような気がする僕です。

大西平洋(ヘイヨー) (著者)
No.2 (2013/10/29 13:10)
 「自分が死んだ後、どうなるか?」か~
  最近は、「死んだら、それで終わり。パソコンの電源が切れたみたいにプッツン切れて終わり」くらいに考えてたけど、いろいろあった方がおもしろそうだよね。天国とか地獄とか、生まれ変わりとか。天国よりかは地獄の方が退屈しなさそう。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事