ニコニコチャンネルメニュー

ブロマガ - ニコニコチャンネル

ヘイヨーさんの人生

「天使の訪問」(創作)(絵)

2013/09/09 23:15 投稿

コメント:4

  • タグ:
  • ヘイヨーさん
  • 人生
  • 創作
  • 天使
  • 歩いて訪問
  • 「こんにちは~」
  • 受胎告知

 図書館で、毎日のように世界の名画を眺めていると、段々と「おもしろい絵」「つまんない絵」というのがわかってきました。
 基本的には、人とか風景とかを描いたモノは、つまらない。よっぽど独特の技法を用いていたり、超絶テクニックで描かれていれば別だけど。
 それよりも、神話とか宗教のワンシーンを描いたモノの方がおもしろい。神様とか天使とか悪魔とか出てくる絵。

 そんな中で出会った1枚の絵。天使が家を訪問する絵。
 普通、天使っていったら、空から舞い降りてくるシーンを想像するでしょ?でも、これは違っていて、ドアから普通に歩いて入ってくるの。それが、凄いマヌケでおもしろい。シュールで、まるでギャグマンガみたいの一コマみたいな感じ。

 しかも、下っ端の天使じゃなくて、ガブリエルとかラファエルとかいうトップレベルの天使。それが、ド派手に描いてあるわけじゃなくて、凄くシンプル。白い服に黒い羽根(あるいは、逆だったかな?)その質素な天使が左側の扉から入ってきて、家の中でボ~ッと突っ立ってる住人に「こんにちは~」って挨拶してる絵。
 たぶん、古い時代の絵だから、まだあんまり絵の技術とかが発達してなかったんじゃないかな~?それが、逆におもしろさにつながっていたのかも。

 絵のタイトルとか、誰が描いたとか忘れちゃって。家に帰ってきてからインターネットで調べてみたんだけど、なかなか思った通りの絵が見つからない。
 絵の構図からすると、どうやら「受胎告知」っていう絵らしいんだけど、これ、いろんな人が描いてて、記憶の通りの絵が見つからないんだよね。

 なので、今回は記憶に頼って想像で描いてみました。
 こんな感じ。

コメント

大西平洋(ヘイヨー) (著者)
No.2 (2013/09/09 23:35)
 確かに、言葉でなく、絵そのものから何かを感じさせてくれるものって、いいよね。
 絵によっては、一見した所、何が描いてあるのかわからないものもあるんだけど、そういう絵の方が人によって解釈が違ってきて、おもしろいのかも知れないね。
たくにゃん
No.3 (2013/09/12 00:20)
まさに「よんでますよ、アザゼルさん。」ですね。
天使も悪魔も駄目駄目な描き方をしています。
受胎告知といえばキリスト教の宗教画もありましたね。ダ・ヴィンチでしたっけ。
このキーワードで検索するとすごい数の違う絵が出てきますね。
大西平洋(ヘイヨー) (著者)
No.4 (2013/09/12 01:20)
 あ、「アザゼルさん」見てないんだよ。だから、どんなアニメか全然知らないんだよね。
 「受胎告知」は、基本的にみんな同じシーンで、天使が家にやって来て、処女であるマリアにキリストを身ごもるコトを伝える場面らしいよ。それを、いろんな人がいろんな描き方してるわけ。初期の頃は、そっと告げる感じだったのが、段々派手になってきたみたい。それで、しだいに描かれなくなっていったんだって。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事