ヘイヨーさんの人生

「少年と羊 ~第3章~」(連続小説)

2013/08/12 19:18 投稿

  • タグ:
  • ヘイヨーさん
  • 小説
  • 少年と羊
  • 連続小説
  • 創作
  • 盗賊
  • 少年
  • ナイフとランプとセーター

 それから数年間、少年は盗賊の元で修行し、立派な盗賊になった。
「ここまでくれば、もう充分だろう。あとは、お前の好きにするがいい」
 盗賊の親分にそう言われて、盗賊となった少年は、再び旅に出ることにした。

 その時に持って出たのは、数日分の食料と、ナイフとランプとセーターだった。ナイフは家を出る時に母親から渡された物で、サビを落とし、刃を研いで、立派に使えるようになっていた。ランプの方も母親から渡された物で、ピカピカに磨かれ、油も補充されていた。セーターは、もちろん、あの羊のセーターだ。
 盗賊としての能力を磨いた少年は、冒険者となり、世界各地を旅して回った。数々の危険な目にも遭ったが、ギリギリの所で常に危機を脱した。あのナイフは身を守るのに役に立ったし、ランプはどんな暗闇でも照らしてくれ、羊のセーターのおかげで極寒の地にも耐えた。




コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事