ヘイヨーさんの人生

長編を書く難しさ(創作)

2013/08/02 20:40 投稿

  • タグ:
  • ヘイヨーさん
  • 人生
  • 創作
  • 小説
  • 長編
  • 短編
  • 打ち切り
  • 完成

 短い文章を書くのにも飽きつつあるので、「ひさしぶりに長編でも書いてみようかな~?」と、思いながらも、長編の危険性を理解してもいるので、なかなか踏ん切りがつかないでいます。

 長編は、書く方も読む方も途中で飽きちゃう可能性が高いからね。そうなると、残りを書くのが苦痛になってしまうし、最悪、完成できないまま途中で打ち切りにするコトになっちゃうから。しかも、イラストまで入れようと思ってるから、なおさら大変!
 もしも、こんな風にブロマガなんかで発表するとしたら、1度、最後まで書き終えてからにしないと。最後までザッと書き終えて、細かい部分を修正しながらなら、毎日でも公開できるかも。

 たとえば、これが週刊誌とか月刊誌に連載するコトになったとしても、やはり同じコトが言えて。定期的に1つの作品を書き続けるっていうのは、とても難しい。それだったら、書き下ろしで1冊の本を書き上げる方がいい。あるいは、やはり、一通り最後まで書き上げておいて、細かい修正をしながら、毎回小出しにしていくか。

 そもそも、世の小説の賞という賞が、軒並み長編で募集をかけているのがおかしい。異常だよ、こんな状態。おそらく、即戦力の書き手を望んでるんだろうけど、それにしてもだよ。まずは、短編からじっくり育てていかないといけないのに。
 もっと短編の賞を増やさないといけないんじゃないかな?賞金の額なんかを減らしてでも。それで、もっと大勢取った方がいい。長編の賞なんて、ちょろっとでいいのに。
 それくらい、長編を書き上げるというのは難しい。しかも、完成度も求めて、その上おもしろいモノを書けという。もう、ムチャクチャだよ、これは。

 たとえば、マンガの賞なんかでも最初は短い作品で募集をかけるでしょ?それを小説だけ、いきなり長編というのは、無理があると思うけどね。それだと、いい作家はなかなか育たないよ。




コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事