ヘイヨーさんの人生

簡単に人間関係を切っていいものなのか?(言葉・人間関係)(ツイッター・ブロマガ・ニコ生など)

2013/07/10 08:00 投稿

コメント:7

  • タグ:
  • ヘイヨーさん
  • 人生
  • 創作
  • 言葉
  • ブロマガ
  • ニコ生
  • ツイッター
  • 人間関係
 さて、昨日の続きです。
 続きなんですけど。一体、どういう書き方をしようかな?どういう書き方をしても、どこかの誰かを傷つけてしまいそうで。
 もしかしたら、今、書くべき文章ではないのかも知れない。文章っていうのは“書かれるべきタイミング”というのがあって、それを間違えると、いい文章にならなったり、上手く人に伝わらなかったりするものなのです。

 それでも、あえて書かせてもらうコトにしましょう。その代わり、これを読んでいるみなさんも、シッカリ自分の中で“防御する”コト!「もしかしたら、自分のコトかも知れないな」と思いつつも、ダメージを受け過ぎないように。ある意味で、誰しも心当たりのあるテーマだと思うので。

 ツイッターをやっていると、実に簡単にブロックされてしまいます。
 「ブロック」っていうのは、相手からアクセスできないようにして、返事をもらったりお気に入りに登録されたりできないようにする状態ですね。ニコ生でいえば、「ユーザーNG登録」が、これに近い機能にあたります。

 ま、それはいいんですよ、別に。個人的にはね。人としては「あっそう」くらいの感覚なんだけど。見ようと思えば、いくらブロックされたって相手のツイートを見る方法なんていくらでもあるし(そもそも、ブロックしてくるような人のツイートを、そんなに見たいとも思わないし)

 ただ、「もったいないな~」と思うわけです。せっかくのチャンスなのに、それをふいにしてしまっている。まだ、何度か言葉を交わしただけなのに、それだけで相手を完全にわかったつもりになって「ああ、この程度のレベルか。じゃあ、つき合う必要はないな」と、その後の関係を完全に断ってしまう。この行為自体が、非常にもったいないと思うわけです。

 ちなみに、ヘイヨーさんはブロック使いません。全く使わないかどうかはわからないけれども、一部例外を除いて(たとえば、ツールを使って、別のアカウントから何度も同じメッセージを連投してくるとか。そういうのでなければ)基本的にブロックとか、それに類する機能は使わないようにしています。それは、ツイッターだけでなく、どの世界でも同じ。
 日常会話はもちろんのこと、意味不明な言葉をかけてくる人や完全にケンカ売ってきたり、批判してくる人に対しても。

 ま、不毛な争いが嫌いなので、意味のない単なる批難に対しては、それをたしなめたりするコトはありますが、そこに意味がある真っ当な批判に対しては、シッカリと正面から受け止め、1度は自分でも考えてみます。「もしかしたら、この人は厳しいコトを言っているけれども、ある種の真実を語っているのではないだろうか?」と。

 予想通り長くなってしまいましたね。
 今回は、このくらいで。この続きを書いてもいいし、もうちょっと別の視点から見た話もしたいので、次は少し話題を変えて続けるかも知れません。


コメント

大西平洋(ヘイヨー) (著者)
No.5 (2013/07/10 12:29)
>すっぱいのさん
 あ、君か~
 そうでしょ?自分と違うタイプの人・自分とは反対の意見を持っている人こそが、自分にとって一番成長を促してくれる人だと思うのです。
 営業でなかったとしても、思わぬチャンスや発想をもたらしてくれるコトって多いと思うんですよね~

>SDIさん
 これは、もうわかんないです。つき合ってみないと誰にもわからない。
 とにかく、何もわからない内から縁を切ってしまうと、その可能性というものが0になってしまう。それだけは、確実です。
 長くつき合った上で、「やっぱり、苦手な人だし、得るモノもなかった」となるのか「最初は苦手だったけど、最終的には必要な人だった。得るモノも山程あった」となるのかは、実際に長い時間をかけて関係を構築していかないと、わからないものだと思います。
pe
No.6 (2013/07/10 23:36)
「お前嫌い!」って笑って酒が飲める関係とかあるのかなぁって妄想しましたw
大西平洋(ヘイヨー) (著者)
No.7 (2013/07/11 01:03)
 そうだな~。冗談めかして言うのならば、アリかな~?あるいは、もっと別の関係でも、そういうのあるかも?
 たとえば、ニコ生なんかで、そういうコメントはよくあるよね?「お前、つまんないんだよ!」っていいながらも、放送見続けて、実はつまんないと思いながらも、同時におもしろいとも思っているという。そういう関係。
 実社会でも、それに近い関係って、あるんじゃないかな~?
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事