ヘイヨーさんの人生

王道と邪道(文章や創作について)

2013/06/18 14:16 投稿

コメント:18

  • タグ:
  • ヘイヨーさん
  • 人生
  • 創作
  • 王道
  • 邪道
  • 宮本武蔵
  • 灰谷健次郎
  • 赤塚不二夫
  • 画太郎
  • 画太郎先生おもしろいマンガをありがとう!
 今回は「王道」「邪道」についてです。
 王道というのは、真っ当なやり方。基本に基づいて地道に努力したりだとか、昔から生きてる人々の知恵の集合体で「とりあえず、これをやっておけば間違いがないだろう」という方法。
 対して邪道は、人の道に外れた方法。奇をてらったり、他の人達が思いつきもしないような方法で、攻撃したり、物事を進めてたりしていくやり方。


 王道に対しては「覇道」という言葉もあって、この場合は「人の心を動かして国などを治めるやり方」が王道であり、「武力で押さえ込むようなやり方」を覇道と呼ぶわけです。
 ま、今回は、話がそれてしまうので、それはまた別の機会にするとして。


 王道は、よく言えば、基本に忠実。悪く言えば、ベタであり、ありきたり。
 邪道は、ズルイ。でも、逆を言えば人が思いつきもしない方法を発想する賢さや、普通の人なら思いついてもとても行動に起こせないような時に、平気でやってしまえる行動力があるとも言えるのです。
 もちろん、それは、失敗した時やバレてしまった時に返ってくる反動を考慮に入れていない無知ゆえの行動なのかも知れません。


 それでも、王道だけでは、やはり効率が悪い。あるいは、つまらない。劇的な進歩を短期間に行う為には、どうしても邪道も必要になってくるのではないでしょうか?

 たとえば、あの剣豪と呼ばれた宮本武蔵でさえも、いざ戦いになれば、ありとあらゆる手段を講じたと言います。いきなりの不意打ち、砂を握って相手の目をめがけて投げつけるなど(ま、実際は、宮本武蔵に関してはほとんど資料が残っておらず、何が本当なのかよくわからないという話もありますが…)

 マンガやアニメでもありますよね?ありきたりな王道展開に飽き飽きした作者や制作者が、奇をてらって、とんでもない作品を世に生み出す。
 赤塚不二夫先生や漫☆画太郎先生が、それにあたるのではないでしょうか?
 今期のアニメで言えば「翠星のガルガンティア」が王道な展開であり「革命機ヴァルヴレイヴ」が邪道。でも、どちらも別のおもしろさがあると思います。


 もう亡くなってしまいましたが、作家の灰谷健次郎さんも、こんな言葉を残しています。
「世の中には、ええやつもわるいやつもおる。文も同じで、ええやつばっかりだと味がない。わるいやつもちょっといれておくと味のある文ができる」


コメント

大西平洋(ヘイヨー) (著者)
No.16 (2013/06/18 23:27)
 そうそう!物どころか、世界そのものをぶん投げて引っ繰り返しちゃってる!!

 「ヴァルヴレヴ」大衆受け、狙ってるかな~?確かに、あからさまに狙ってやってるんだよ。完全にわざと!でも、それが大衆受けかって言うと…どうかな~?そこは、ちょっとわかんない。
 作ってる人達に聞いてみたいくらい。「何か」を狙ってるんだけど、その何かが、一般受けなのか別の何か(たとえば、「理解できる一部の人だけ理解できればいい!」とか)なのか、そこが知りたい。
すっぱいの
No.17 (2013/06/19 00:50)
深夜の俺だ。

邪道も支持が増えれば王道になり、
今やレインメーカーは新日本プロレスの看板になりつつある。
しかし大仁田厚は邪道のままプロレス界を去ったが、
プチ整形疑惑という最高の邪道の道を歩んだ。

何が言いたいのかというと、
暑くて死にそうです。

じゃあの。
大西平洋(ヘイヨー) (著者)
No.18 (2013/06/19 07:40)
 あ~、君か。
 考えてみると、ヘイヨーさんも、その昔、パクリだらけのマンガに対して「これは邪道だろう!」と思ってたんだけど。数年ぶりに読み返してみると、「ま、今になってみると、みんなやってるし、許されるな~」なんて思ってみたり。
 若さゆえのあやまちですかね。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事