ヘイヨーさんの人生

「炎上商法と小池一夫先生」(読む価値があるかも知れない雑文)

2013/06/18 00:51 投稿

コメント:4

  • タグ:
  • ヘイヨーさん
  • 人生
  • 創作
  • 炎上商法
  • 小池一夫
  • 邪道
  • 王道
  • 演出
  • 炎上マーケティング

 最近、ツイッターをやってると、「橋下市長と水道橋博士が、イベントでどうのこうの」とか「ホリエモンが声優に技術はいらないとか言ったらしい」とか、そういう話題で盛り上がってるみたいなんだけど。個人的には、「どう~でもいい話題で盛り上がってるな~」くらいにしか思ってなくて、あんまり情報集めてなくて、詳しく知らないんだけど。

 アレこそ、炎上商法のお手本みたいなもんなんじゃないの?みんな、あんなものに引っかかっちゃ駄目だよ~

 それとも、そんなコトは重々承知で、わざと乗っかってんのかな~?
 ま、お祭りみたいなものなんだろうから。昔から、2chなんかでもあったからね、あの手の騒動は。“火事と喧嘩は江戸の花”なんて言葉もあったし。
 もちろん、それはわざと炎上させてたわけじゃないんだろうし、今回の件だって、完全に計画されたものではないのかも知れないけど、ある程度は演出入ってるんじゃないの?
 ま、その辺は情報に詳しい人が検証してみてよ。ヘイヨーさん、興味ないから。

 それよりも、小池一夫先生ですよ。ま、偉大なマンガ原作者の方なんですけどね。ニコ生の公式放送でも、何度か放送されてて、ほぼ全ての回を拝見させてもらってます。
 もうね、この人は“凄い!”の一言しかない。

 ここで、今回の炎上商法にも関連してくるんだけど、小池一夫先生いわく。

「あんなものは邪道だろうね。言葉のやり取りが歪められてしまうからね」


 全くですよ。確かに、この前はあんな記事書いたし、ああいうテクニックで人を呼ぶ人達を賢いと思うし、ある種の尊敬もしてる。その勇気とか行動力にね。
 でも、根本的には、小手先のテクニックだからね、あんなものは。表現方法は違えど、ヘイヨーさんも小池一夫先生と全く言っていいほど、同意見だもの。長い目で見たら、あんな戦法は通用しないよ。しかも、バレた時に、物凄い勢いで叩かれるに決まってるもの。そのリスクを負ってまで使いたいと思うテクニックではないね。

 ま、芸人とかだったらアリなのかな~?でも、芸人だって必死に努力して、王道を極めようとしてる人達だっているわけでしょ?そういう人達と比べたら、今は勝てるかも知れないけど、5年、10年経った時に間違いなく差がついてくるよ。純粋に芸の差で。それを考えると、どうなんだろう~?

 ま、長くなっちゃったけどさ。とにかく、小池一夫先生は能力的に物凄く優秀な人なので、ツイッター始めたら、必ずフォローしておいた方がいいよ。あと、ツイッターやってなくても、ちょこちょこ覗きに行ってみた方がいいと思う。それだけの価値、充分あるもの。


コメント

大西平洋(ヘイヨー) (著者)
No.2 (2013/06/18 08:53)
 そうそうAKBとか、よく使ってますね。おそらく、アレは完全に意図したものでなくとも、かなりの部分意図的に作られた炎上なんじゃないかな?ま、ある程度偶然もあるんだろうけど。
 ツイッターって条件反射しやすいし、すぐに情報が拡散しちゃうし、炎上と相性がいいんでしょうね。ま、2chなんかもそうなんだけど。
 ヘイヨーさんも長いこと2ch使ってたから同じような場面に何度も出会って、もう慣れちゃったけど。
 ツイッター始めたばっかりの人とか、使い慣れてない人は、そういうのに耐性がないのかも。あるいは、わざと盛り上げてるのか。そういう人も結構多いでしょうね。
ねここね
No.3 (2013/06/18 09:04)
 踊らされている人もいるし、あえて踊りたい人もいるのだろうと思います。
 
大西平洋(ヘイヨー) (著者)
No.4 (2013/06/18 09:10)
 そうだね。ただ、あえて踊ってる人は別にいいんだけど、知らずに踊らされてる人達はかわいそうだな~っと思って。あとになって気づいて、「ああ!しまった!アレ、仕組まれてたのか~」ってなったら、その後ず~っと恨みに思う人もいるだろうし。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事