ヘイヨーさんの人生

朝、起きたら、小説を書け!!(文章や創作について)

2013/06/17 11:32 投稿

コメント:14

  • タグ:
  • ヘイヨーさん
  • 人生
  • 創作
  • 作家
  • 小説
  • 継続
  • 渡邊浩弐
  • レイ・ブラッドベリ
 昔、「1999年のゲームキッズ」などを書いている作家の渡邊浩弐さんが言っていたセリフ。

「朝、起きたら、小説を書きなさい。何を差し置いても、まず小説を書く。原稿用紙何枚でもいいから、とにかく書く。ツイッターで宣伝したりだとか、そういうのも確かに重要だろうけども、小説家ならば、とにかく小説を書くコトを最優先にしなければならない」

 …というようなコトを、おっしゃってましたが。まさにその通りだと思います。
 レイ・ブラッドベリも「毎日500ワードでも1000ワードでもいいので(おそらく、原稿用紙3枚~5枚程度)コンスタントに書き続けること」と言っているし。それは、スティーブン・キングでも誰でも、同じコトを言っているはずです。


 ひたすらに、ただ量を書けばいいかといえば、それは疑問も残るのですが、それにしても最低限の枚数は書かないと。でないと、お話にならない。
 それは、小説家だけでなく、絵を描く人も、動画を作る人も、芸術家も、作曲家も、みんな同じ。一流であろうが、始めたばかりの素人であろうが、関係なく。

コメント

大西平洋(ヘイヨー) (著者)
No.12 (2013/06/17 19:49)
 あ~、ピヨ基地さん。コメント、どうもありがとう♪
 そうね、作業するんだったら、朝の方がはかどるね。でも、適度に疲れて、変なこと考えて頭グルグルした時の方が、おもしろい発想は出るかも。だから、そういう時にアイデアメモしておいて、朝書き上げるのがいいのかも。
 それにしても、ちゃんと完結させることができるって、偉いね~。ヘイヨーさん、そういうの苦手なんだよ。
皆井冬子
No.13 (2013/06/18 03:49)
創作活動してる人なら、おそらく誰でも思い当たるフシはあるでしょうねえ。こういう事は。なかなか毎日書くっていうのもやってみると難しいものではあるんですが。
大西平洋(ヘイヨー) (著者)
No.14 (2013/06/18 07:26)
 皆井冬子さん、こんにちは♪ここだと、はじめてですね。
 そうですね。誰でも1度は…っていうか、何度も何度も同じコトを思って、やってるんでしょうけど。
 ヘイヨーさんも、毎日書くの苦手だったけど、書く内容を変えたら続くようになりました。毎日、同じ内容を続けて書くのはいまだに苦手…
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事