ヘイヨーさんの人生

「インターネットの思い出」(読んでも読まなくてもどっちでもいい雑文のはずだった文章)

2013/06/15 08:05 投稿

コメント:8

  • タグ:
  • ヘイヨーさん
  • 雑文
  • 人生
  • テレホタイム
  • ひろゆき
  • 2ch
  • google
  • ジョジョの奇妙な冒険
  • インターネット
 昨日、何時に寝たんだろう?確か、深夜の1時半かそこらだったと思うんだけど。
 布団に入ってすぐにコテンと寝てしまう。目が覚めて「あ~、よく寝た!」と思って起きたら、午前6時半。どうなってんだ!?
 8時間か9時間は寝るつもりのヘイヨーさんからしたら、危険水域の睡眠時間。なんか、百年の孤独に出てくるお話みたい。街中、睡眠不足になってしまう。そして、記憶がなくなっていく。


 最近、とてもインターネットがおもしろい。初期の頃みたいな感覚。それまで、パソコン通信しかなかったのが、インターネットというものが誕生し、劇的に世界が広がった。
 その頃は今みたいにいくら使っても同じ料金ではなくて、長い時間つなぐとたくさんお金を取られていた。通信速度も、とても遅くて、重い画像だと1枚表示するのに数分。場合によっては1時間前後かかったりしていた。容量でいえば1メガとかそのくらいの画像。今からしたら、信じられないでしょ?
 アレ、どのくらい前なんだ?え~っと、確か14年くらい前だったと思う。


 それが「テレホタイム」というものが登場し、午後11時から朝の7時か8時くらいまで使い放題。同じ料金でね。だから、その頃は、みんな午後11時になった瞬間に接続し、そこから2~3時間は、回線が非常に重くなっていた。
 暇な人は、みんなその時間にインターネットやる。暇でない人も、無理してその時間に合わせる。だから、大勢の人が寝不足になったり、生活スタイルが乱れたりしていたんだよ。


 そして、2chの登場。“ひろゆき”(これは、呼び捨てにするのが礼儀なのかな?ハート様に様をつけるように、クラウザーさんをさん付けで呼ぶように)っていう人が、作ったサイト。今でもあるよね。ヘイヨーさんも、よく使ってるよ。昔ほどじゃないけど。

 あ~、そういえば、ヘイヨーさんもコレと全く同じコト考えてたな~。「こんなサービスがあれば、夢のような世界になるのに!」って。みんなに熱く語ったりしてた。
 でも、先を越されてしまった。いや、その表現は間違ってる。どうせ、ヘイヨーさんにはそんなものを作るコトはできやしなかった。夢を見るのは得意だけど、現実化するのは苦手だったから。そこまでの技術はなかったし、そこまでの技術を身につけるだけの努力もエネルギーもなかった。だから、永遠にそんなもの作れやしなかっただろう。もしも、作れたとしても、十数年はかかっていたはず。なので、あそこでひろゆきが同じアイデアをこの世に現実化してくれて、とても感謝している。

 ヘイヨーさんにとっては、現実なんて、どうでもいいし、どっちでもいい。別の言い方をすれば「空想世界と現実世界は等価値。同じレベル。同じ高さ」
 だから、夢を現実にするよりも、もっとたくさんの夢を見ようとする。何かを現実のものにするには、物凄いエネルギーが必要になってしまうからね。それだったら、その膨大なエネルギーを使って、もっと別のもっとたくさんの夢を見ようとしてしまう。そういう人生。


 ま、何にしても。2chの登場。そして、googleの登場。
 これで、また世界が広がった。世界がつながった。もう、驚くぐらい物凄いスピードで!!だから、googleの誕生から1年くらいは、ほんとに楽しかったし、充実していた。
 でも、その後停滞した。みんなが、ホームをページを作ったり、掲示板に書き込んで、会話したり、討論したり。たとえば「ジョジョの奇妙な冒険」の今後の展開について、みんなで予想し合ったり。それはそれは楽しかった。心の底から楽しんだ。まるで、小学生みたいに。
 その頃までは、よかったんだよ。でも、その後は、そこまでの成長も楽しさもなくなってしまった。それなりには、楽しかったけどね。


 そういえば、「チャット」なんてものもあったね。今でも名残りが残ってるのかな?「LINE」とか、そういうものなの?使ったことないけど。
 「スカイプ」にも、同じ機能がついてるだろうし。ま、2chの実況とかがそれに近いよね。ニコニコ生放送でコメントしてるのも、感覚的には同じ。


 なんか、軽めの雑文書くつもりだったのに、物凄く長くなってしまったね。長くなったので、ここでおしまい。
 それにしても、昔の話するようじゃ、ヘイヨーさんも、もう年だね~


コメント

大西平洋(ヘイヨー) (著者)
No.6 (2013/06/15 11:58)
 確かに、ムチャクチャ広がったよね。それまでは、図書館に通うとか、自分で本を手に入れるとか、人に話を聞くくらいしか手段がなかったもの。テレビや新聞はあったんだけど、それでは絶対に手に入らない情報が山程存在していた。
 その欠けた部分を、インターネットが補ってくれたよ。それも膨大にね。
ねここね
No.7 (2013/06/15 12:59)
 ただいま、東京から帰ってきたら、一つ記事が爆裂しててびっくりしました。(中傷ばかりでしたが)
これもみんなのおかげなんだと思います。
 ネットってやっぱりすごと思わされました。(閲覧数1万越えとかあるんですね)
大西平洋(ヘイヨー) (著者)
No.8 (2013/06/15 13:15)
 え?そうなの?じゃ、ちょっと後で見に行ってみよう。
 でも、いっぱい見てもらえてよかったね。ニー仏さんの所も、コメント欄は荒れてたけど、3万5000人とか見に来てもらえたから逆によかったとかいってたよ。
 ヘイヨーさんの所は、そんなに来ないな~。一番多いので200越えたくらいだもん。それも、テレビの影響あってだからね。素で一番多く読んでもらってるのって、せいぜい150くらいだよ~
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事