ヘイヨーさんの人生

『時々迷々』が凄い!

2017/06/03 20:17 投稿

  • タグ:
  • インターネットラジオ
  • NHK
  • 時々迷々
  • 教育
  • 道徳
 はい。今回はETV(教育テレビ)で放送されている「時々迷々(ときどきまよまよ)」のお話です。
 その中でも傑作回と思われる「わたしは歌手になりたい」の紹介です。




↓ニコニコ動画が見れない方は、こちら。


 「時々迷々」ってのが、どういう番組かというと…
 いわば道徳番組の一種です。毎回テーマがあって、「こういうコトをやるとみんな喜んでくれるよ」とか「こういうコトをしたら人に嫌われちゃうよ」みたいなメッセージをドラマ仕立てで伝えてくれるわけです。


 ところが、このドラマがとんでもなくレベルが高い!
 そこら辺の並のドラマが束になってかかってもかなわないんじゃないかというくらいの内容が、わずか15分間につまっているのです。


 たとえば、「わたしは歌手になりたい」の回では、今回の主人公であるセリちゃんが歌のオーディションに参加するのだけど、審査員の目にかなわず審査に落ちてしまいます。
 そこでセリちゃんは尋ねます。
「どうして?どうして私が不合格なんですか?」
 そこで審査員のおじさんが答えます。
「君の歌にはツヤがない」

 これまでブルースを信条として歌い続けてきたセリちゃんには、ツヤの意味がわかりません。
「ブルースはリズム!ブルースは叫びです!ツヤだなんて聞いたことありません」
 それに対して、審査員のおじさんはやさしく答えます。
「わかるようになるよ。君がちゃんと心で歌っていればね」


 この辺のセリフ回しが非常に上手い!
 しかも、セリフを聞くだけで、それぞれのキャラクターがこれまでどのような人生を歩んできたのかがわかるようにできているわけです。
 これはなかなかできない!一流の脚本!


 他にもいたるところに工夫がしてあって、随所にオリジナリティを感じさせてくれます。
 たとえば、クラスで1年生を迎えるための合唱をやることになるのだけど、その時の選曲が渋い!
 なんと「太陽と土と水を」なのです。
 聞いてもらえばわかりますけど、これ、とても小学生が歌うような曲じゃありません。
 そういう部分が逆に新鮮味を感じさせて、いい!


 さらに言えば、演技ですよ。
 タイトルにもなっている“時々迷々”というキャラクターを片桐はいりさんが演じておられます。毎回様々なコスプレをして楽しませてくれます。もちろん、演技自体も凄い!抜群の演技力ですよ!


 そんな「時々迷々」ですが、NHKの公式サイトでアーカイブが公開されていて全話視聴することが可能なので、ぜひ見ていただきたいと思います。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事