はつざつのブロマガ

「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」がめちゃくちゃ酷評されてるのであえて初見で「ドラクエ5」をクリアしてから見に行く【前編その2】

2019/09/25 21:05 投稿

コメント:9

  • タグ:
  • ゲーム
  • やってみた
  • 検証
  • ドラクエ5
  • 日記
―――――――――――――――――――――――――
※注意


・この記事を読む前に前編その1https://ch.nicovideo.jp/HTZTauau/blomaga/ar1814026)をご覧になって頂けるとよりこの記事を楽しめます
・このブログシリーズにはドラクエ5および映画「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」のネタバレが多分に含まれます
・今回の記事内容はドラクエ5初見の私が5日(50時間弱)かけてクリアしたその感想になります
・この記事は視聴前に書かれています
・前回の記事がバカクソに長かったので今回はサクサク書いていきます

―――――――――――――――――――――――――


この記事は続き物です、先にコチラをご覧くださいhttps://ch.nicovideo.jp/HTZTauau/blomaga/ar1814026





........





...........................






............................................んん...




ここは...?








目が覚めると知らない天井どころか鞭で叩かれてました



何この状況?地獄???



主人公含め色々な奴隷たちが働いているようです

話を聞くとどうやら光の教団とやらの神殿を作らせられているようですね





しかも装備を剥がれ、HPが1になるまで酷使されているようです

地獄よりひでぇや


そして主人公と共にさらわれたヘンリー王子はすっかり従順になってしまっています







まあ10年もこんな生活続けてたらこれが当然なのかもしれませんね...


ただ主人公だけは目の奥の光が消えていない様子


やっぱりパパスの遺言が原因なんでしょうか...


その後元教団の信徒だったマリアを助けたことで独房に入れられる主人公とヘンリー









しかしその後、マリアの兄に助けてもらい、何とかシャバに帰還する主人公一行



ここの文章良いですよね...


流れ着いた先の教会で保護してもらうことになります







...本当に辛い出来事ばかりですが、そんな中でも確かに光る人々のやさしさを感じとります

そのやさしさに生かされているとこの時点でひしひしと感じずにはいられません

このやさしさがあるからこそ、どんなに辛い境遇でも頑張れるのは間違いないでしょう

そして、このセリフ



冷たく聞こえるかもしれないが、よく話を聞くと非常に暖かい






最高ですよね




あなたを縛るものは何もない、あなたの心に従って生きなさいというメッセージを感じました



さて、その後様々な冒険を繰り広げる主人公一行ですが、その後大きな選択を迫られます

そう...けっこ












ではなく、パーティー編成です





実はこのドラクエ5、敵のモンスターを仲間にできるというシステムがあるのですが





使用上一度に編成できる人数が4人までなんです、だからこそ本当にパーティー編成に悩む...

この何を選んでもいいという自由さが

「この物語はあなただけの物語です」

と言われているように感じます

修道院のシスターから言われたセリフがここにも響いてきますね




さて、お待たせしました

いよいよ結婚の話をしましょう

初めに言っておきます

私はビアンカ派です






でもね?フローラも本当に良い子だってことはわかってるんです

伝説の盾がどうとか、お金持ちの娘だとか

そんなことはもうどうでもいいんです!!

それを抜きにしてもフローラは魅力的なキャラなんですよ!!

正直実際にプレイするまでは盾のために嫌々フローラを選ぶものだと思ってました

でも違うんですよ!

ビアンカもフローラも、どっちも

「惚れた相手のために、心からその人の幸せを願える」

そんな素敵なキャラなんです!!



二人とも本当に良いキャラだ...


だからこそネットで議論になるわけだし、めちゃくちゃ悩むんですよね

でも、その上で選べるのは一人なんです

だからこそこのどちらかを選ぶという選択は非常に重くて

そして素敵なんです
この世界一素敵な『はい/いいえ』

この選択を経て、このドラクエ5と言う物語は

「自分の物語」

になるんだろうと思います

これに関してはぜひプレイしてくれ...ほんとに一気にのめりこむから






―――――――――――――――――――――――――――



※ここからはドラクエ5の根幹にかかわるネタバレが含まれます※



―――――――――――――――――――――――――――




「あなたは勇者ではない」と言われた驚き







パパスからの手紙、天空の剣...

色々な要素から主人公は「勇者ではない」と言われ続けていました

しかし私は

「いや、なんだかんだ最後主人公が覚醒するやつでしょ」

って思ってました

ちがったんですねぇ!!!

いやーーー!!!!!

いい意味で裏切られました

まさか

ヒロインが勇者の子孫で

子供たちが勇者だったなんて!!


ヒロイン(今回はビアンカ)と結ばれた主人公はその後やることとをしっかりやって(*「ゆうべはおたのしみでしたね」)子供を授かります




しかもデフォルトネームがあるとはいえ自分で名前を付けられるのが良いんですよね...

パパスの気持ちが少しわかった気がします


ここ好き


そしてその後、即位式を行いグランバニアの王となる主人公ですが

魔物のたくらみによってビアンカはさらわれてしまいます







これじゃあまるでパパスの時と同じ...



いや!絶対そんなことはさせない!!!



そう思いビアンカを探し出します!!

しかしこれも罠でした、どうやらビアンカをさらったのは主人公をおびき寄せるための罠だったようです




いや、そんなことは関係ねえ!!こいつを倒せばハッピーエンドじゃねえか!!

ビアンカの不思議な力によってジャミを倒すことに成功します!!やったぜ!








しかもビアンカが勇者の血をひいていることも発覚します

ここでタイトル

『天空の花嫁』

の意味が分かるんですね!

まあとにかくこれでハッピーエンド...








あっ!








てめぇ!!!



絶対なんかいらんことやらかすぞ!!!


えっ?しかもこれから生まれるってもしかして...


そんなことを考える暇もなく、二人はゲマによって石にされてしまいます





マジでこいつだけは許せねえ...誰か金の針持ってきてくれ


そんな思いも虚しく、石造となった二人はバラバラに引き裂かれ、売り飛ばされ





そのまま8年の月日が流れます


いやぁ...ほんとなんてきついストーリーなんだ...



しかし、まだ希望は残されていました

そう、あの双子の子供たち


勇者です!!


二人の子供はサンチョと共に、主人公のもとへとやってきます

そしてストロスの杖を使うことで主人公を助け出したのです!







こうして、親子三人で

ビアンカを救うため、世界を救うため

そしてパパスの願い、主人公の母親を見つけ出すために新たな冒険が始まります

ここからの冒険が本当に最高なんですよね

ストーリーに関してはもう色々なところで散々言われているでしょうから深くは語りません

ただ、やっぱり最高なのは...

まだ小さく弱い子供たちと冒険を続け、当然傷つきます

そんな時、回復魔法を潤沢に覚えている主人公が子供たちを回復するのですが





この瞬間に思い出すのです

「あっ、パパスもこういう気分だったのかな」





って

いやぁ...これが本当に最高なんですよね...

まだまだ子供だと思っていた主人公が、気がつけばあの頼りになる父親のパパスと同じ目をして子供を見つめていた

そう自覚する瞬間が本当に最高...

やっぱり、このゲームは『私のためにある物語なんだ』と強く実感します


その後、様々な冒険を経て、主人公一行はビアンカを助け出し、マーサと出会い、そして別れ...









色々な困難を乗り越え、遂にミルドラースを撃破します





そして堂々のエンディングを迎えるわけです





ほんとに辛い出来事、別れが多いストーリーでしたが

それでも最後には「このゲームをやっていてよかった!」と心から思えるのが素敵なところなんですよね


―――――――――――――――――――――――――――


改めて

この世界は本当に辛い出来事ばかりでした

それに善人だけがいるわけではありません

それでも

やっぱりこの世界も人間も素晴らしい!!

私はこの世界で確かに生きて、成長して、選択をして、そしてハッピーエンドをつかみました

ドラゴンクエスト5は、そんな生きることの素晴らしさを教えてくれるゲームだったと胸を張って言えるでしょう


だからこそ私が映画版ドラゴンクエスト5『ドラゴンクエストユア・ストーリー』に求めるのは

完璧な原作再現ではありません

どうしても尺的な都合で色々妥協してしまうのは仕方ないと思っています

だからこそこの、ドラクエ5の

「自分で選ぶことで、自分の物語が出来上がっていく喜び」

「自分が親へと成長していく達成感」

「人のすばらしさ」


と言った芯の部分をしっかり据えていてほしい、ただそれだけです




では、映画見(魔界)に行ってきます。






次回:https://ch.nicovideo.jp/HTZTauau/blomaga/ar1815530





コメント

はつざつ (著者)
No.7 (2019/09/30 16:34)
>>5
今次回へのリンクを追加しました!
珈琲民族
No.8 (2019/09/30 19:37)
その先は地獄だぞ(個人の感想
masakun
No.9 (2019/10/02 21:45)
おっとまだ裏要素が残ってるからプレイヤーはTHEENDにならねえぜ(棒
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事