はつざつのブロマガ

「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」がめちゃくちゃ酷評されてるのであえて初見で「ドラクエ5」をクリアしてから見に行く【前編その1】

2019/09/22 15:17 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • ゲーム
  • 検証
  • ドラクエ5
  • 映画レビュー



――――――――――――――――――――――――――――
※注意


・この記事を読む前に前置きhttps://ch.nicovideo.jp/HTZTauau/blomaga/ar1813821)をご覧になって頂けるとよりこの記事を楽しめます
・このブログシリーズにはドラクエ5および映画「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」のネタバレが多分に含まれます
・今回の記事内容はドラクエ5初見の私が5日(50時間弱)かけてクリアしたその感想になります
・この記事は視聴前に書かれています

――――――――――――――――――――――――――――


































ハァ~~~~~~~~~~~~(クソでか溜息)

めちゃくちゃ面白かった~~~~~~~~~~






あっ、どうも。

50時間かけてドラクエ5をクリアしたはつざつです
(なぜ記事を書いてるかは前置きhttps://ch.nicovideo.jp/HTZTauau/blomaga/ar1813821
をご覧ください)

やっぱりこのタイトル画面、アガりますね


いや~~~~~でもほんとに面白かった、文字サイズを9回上げるぐらいには面白かった。


そんな面白かったドラクエ5の感想、および面白かったところ、映画に反映してほしいところを今回の記事では書いていきます





まず初めに感想および面白かった、記憶に残った点を挙げています



・世界の広さと怖さ、そして父親の偉大さ
・世界や他人の恐ろしさ、でも同時に感じるやさしさ
・何かを選ぶという苦悩
・世界は厳しいけれど、それでも世界も人間も素晴らしい




...ってとこでしょうか

ほかにゲームシステムだったり色々ありますが、今回はあくまで映画に求めるようなストーリー上の、抽象的な点を挙げてみました

それでは上から順に解説していきましょう。

まずは
世界の広さと怖さ、そして父親の偉大さ』



最初に驚いた点なんですが、主人公の年齢です

未プレイの皆さん、ゲーム開始時の主人公の年齢って思います?


答えはなんと...



6歳なんですよ

ヤバくないですか???6歳って野原しんのすけの一個上ですからね。
私が6歳の時なんて1日の内14時間はうんちとおちんちんのこと考えてましたよ(これは私が特別に馬鹿だっただけの可能性があります)



そんな6歳の主人公となるプレイヤーですが、ゲームが始まって割と早い段階で外の世界を見ることになります

その時の様子がこちらです









世界でっけ!!!



なにこの世界?東京ドーム何億個分??めちゃくちゃ広いんですけど???

そんな世界を歩くことになる主人公は、当然の権利のようにモンスターと遭遇します

さて、このゲームで最初に遭遇するモンスターは











で、でた~~~~~~ドラクエの顔、スライム~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





まあ予想通りと言えば予想通りですよね

最初の戦闘ですしチュートリアル的な意味を込めての配役でしょう、雑魚中の雑魚ですしサクッと倒してしまいま...








アレ?







なんか強くね?






いやいやいやいやいや!!!!ドラクエ最弱のモンスターでしょ!?なんで結構いいダメージ貰ってるの!?これ普通に負けるぞ!??


そんな風にテンパってる私のもとに、彼は颯爽とやってきました






パ、パパス!?




しかもHP3桁!?

もうこの時点で主人公と明らかに次元の違う強さを持っていることがわかります



しかし敵の数は3体、まだ数では負けてるぞ...?大丈夫か...?










あっ、余裕だわ






しかも戦闘終了後は回復までしてくれます


もうこの時点で頼りになる父親として全幅の信頼を寄せています






その後数回戦闘が続くもののパパスのおかげで余裕、しかも経験値はしっかりもらえるのでむしろ敵と遭遇したくて仕方ありません

そんなパパスに守られながらたどり着いた最初の街、そこでもパパスは大きな信頼を得ていました








世界は私(主人公)にとって恐ろしいほどに広いけれど、それでも父親(パパス)が居れば大丈夫


ゲーム開始数分にして、私は完全に世界観に入り込み、パパスに信頼を寄せていました

このセリフに全力で同意してました




しかしこれは主人公が主役のRPG、いつまでもパパスに頼りっきりと言うわけにはいきません

当然、主人公やその仲間だけで様々な困難に立ち向かうこととなります








ビアンカ、ベビーパンサー等頼もしい仲間が増えますが、それでも子供たちだけの戦闘はいつも死と隣り合わせです







パパスと離れ、新しい仲間を手に入れたからこそパパスの偉大さを再認識します


...しかし、そんな頼りになる父親であるパパスとの別れは唐突にやってきました

ラインハットにて王子であるヘンリーの護衛を務めることとなったパパスですが、なんと謎の一団にヘンリー王子を誘拐されてしまいます





慌ててヘンリー王子を助けに向かうパパス、それを追う主人公は怪しげな洞窟を発見します





なんとその中ではパパスが魔物に囲まれていました!これは早く助けないと!!













瞬殺






全然そんな心配いらなかったわ

まだ私はパパスの実力を過小評価していたようです


ここで再度パパスと合流するのですが、本当に頼もしい...



その後洞窟の最深部で牢に閉じ込められたヘンリー王子を発見します

しかし当然牢には鍵が...









まずは鍵を探さないといけませんね









壊せるのかよ




強すぎます、頼もしすぎる

その後帰りたがらない王子を説得し(拳で)帰ることとなった一行





しかし早速敵の追手が現れます









出た!!死亡フラグ!!!!!も~~これ絶対死ぬじゃ~~ん!!!やだ~~~~~~~~~一緒に行こうよ~~~~~!!!

しかし王子を助けなければいけないのも事実、ここは涙を飲んで指示に従いましょう


こうして王子を連れて洞窟の入り口まで戻ってきました!やっと出口だ!!






なんだお前!?(驚愕)


明らかに今までと毛色の違う敵です

でもこっちだって今までの冒険で強くなってるんだ!!お前みたいな通常エンカウントBGMの敵に負けるわけないだろ!!










...これむりだわ





強すぎます、パパスが居ても勝てないかもしれない程の敵です

ここで主人公一行はあっけなくやられ、世界は永遠の闇に包まれてしまうのでしょうか...










あっ!!








パ、パパスぅ~~~~~~~!!!!!!

生きてたのかよ!!やっぱりお前はすっげぇ父親だよ!!!











うわ、でも相手もなんかめちゃくちゃ強そうな敵が出てきた...

流石にこれを一人で相手にするのは...








できたわ




嘘でしょ?

パパス株ストップ高なんですけど

とても冒頭で主人公にやべー名前を付けようとしていた人物とは思えません





ゲマもコロコロコミックみたいな驚き方してます









おっ?なんだ負け惜しみか???

こっちには無敵のパパスさんが居るんだぜ??謝るなら今の内だぞ???







ゲェ!!それは聞いてないよ~~!!!





助けてパパスぅ~~~~~~;;;;;;;;;






こうされては流石のパパスも手を出せません

誰かパパスを助けてあげて...





そんな心配も虚しく、パパスはただ耐えます





何度殴られ





切られ





倒されても起き上がり






    ただ息子(主人公)のために「た ジっと」たえています








しかし、遂に限界がやってきました

それでも、限界がきてなお、パパスは立ち上がります







なんでしょうね、やられている姿がこんなにもカッコいい父親

私は今まで見たことがありません



そんなパパスは、最後の力を振り絞り主人公にあることを伝えます









なんと!冒頭で死んだと思われていた主人公の母親が実は生きているという物でした

パパスはこれまでの長い間、主人公の母親を、自分の妻を探し出すために旅を続けていたのです


そしてあの有名なセリフが...












「ぬわーーーーっっ!!」

























.......





まってくれ、私はこのセリフはもっと面白い感じのネタだと思ってたんだ...

だってみんなめっちゃ楽しそうにこのネタ使うじゃん

実際に見たら全然笑えないよ、むしろ今泣きそうだよ






その気持ちをあざ笑うようなこのゲマの台詞!!

マジでこいつだけはゆるさねえ!!!





そんな怒りも虚しく、主人公一行はゲマに奴隷として捕まってしまいます

しかもベビーパンサーと引き離されるし主人公は去勢されます(されてません)













そして...











そのまま














*「10年の月日が 流れた......。」








次回へ続く。

https://ch.nicovideo.jp/HTZTauau/blomaga/ar1814239#-





コメント

にゃ~すこ
No.1 (2019/09/30 06:28)
>私が6歳の時なんて1日の内14時間はうんちとおちんちんのこと考えてましたよ

のちのホモス・スカトロディ男爵である
コヤ
No.2 (2019/09/30 08:17)
大人も殺せるモンスター3体にボコられたら、そりゃ6歳児は勝てんわw
全力で走って逃げて、時々攻撃してパパスが来るまで生き延びたんだろうなあ……。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事