うつけ者ですが何か?

私のお母さんは何人?

2016/01/27 13:37 投稿

コメント:1

  • タグ:
  • 承認欲求


万策尽きるというか。あらゆる事をしてもダメなときはだめなもんで。
環境も人間関係も分からないのに机上の空論を言われてもそう上手く事は運ばない。
みんなだってそうじゃない?

他人から、ああだこうだ言われたって自分自身の職場事情なんて自分自身にしか所詮わからない。
そんな時は時が来るのを待つしか無い。
しんどい時期をやり過ごすしか無い
今度また厳しい時期が来た時にダメージを最小限にできるように策を練っておけばいい。

なんでこんなこと書いたのか忘れた。
こんな良くないこと書いて投稿している。

最近お母さんと話すと言い争いになって悲しくなって自室に篭もる。
お互いいっぱいいっぱいなんだろう。そんな時は意識的にかかわらないほうがいいな。
そういう時期が必要だね。きっと私はお母さんに承認してもらいたくて会話するんだろう。
でももうそういう時期ではない。私が選択した事は私が責任を取るから他人にどうこういわれる筋合いはない。
だからそんな事は話さなければいいと思った。

カウンセラーは傾聴はするが決断を促したりはしない。自分はどうしていったらいいか、自分で答えを見つけさせる。私が出した答えを支援してくれる。答えの行動をしてころんだ時は傷ついた気持ちを傾聴してくれる。
私はいい年した大人で、他人と母との関係もそんなもんでいいんだろう。
人間は多かれ少なかれ承認欲求がある。他人からの承認にのみ自身の価値を見い出すのは不健康で、結局は自分自身で「大丈夫だよ、オマエ。よくやったじゃん。」ってのが一番健康的だよね。
でも自分自身の承認の内容には客観的に社会的に会社的に見て間違っているときもある。
それに気付いたら修正していける柔軟性も必要で。

陰で他人になんて言われようとも自分を貫くのはとても大事。
でも自身の内省も時には大事。たまに緩むのも大事。

しばらくしたら前の前の職場の先輩に会いに行ってきます。
前の職場の先輩にも前の前の前の前の前の先輩たちにも会いにいかないとお年を召してる方々なんでやばい。私何人お母さんがいるんだろうねw

私の親戚はいままで働いてきた職場のおばさん達だと言っても過言でないわ。


またまとまらなかった。




コメント

☮黒夜☮
No.1 (2016/08/17 02:45)
毛目さん 悩まないで下さい、と言って毛目さんの世界を軽視してるわけではありません。
難しいことはわかりませんが毛目さんが判断したこと感じたことが結果的に正解になるような気がします
そう考えると少し少しだけ日常のストレスが軽くなるような・・・^^
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事