はいどのブロマガ

GT6 ニュルブルクリンク24時間耐久の心得(大嘘)

2014/08/07 00:24 投稿

コメント:1

  • タグ:
  • GT6
  • グランツーリスモ6
例年、ニュル200周耐久として開催された大会(笑)だが、
GT6では時間耐久モードを用いて24時間を走り抜くといういずれにせよマゾなお祭りを
今年もやることになりました。

<日程>
2014年8月15日(金玉曜日)午後11時前後~

<車両規定>
X1シリーズ・ヘッドライトが点かないマシン(NASCARなど)は禁止。
ソレ以外は特に規定なし。フルチューンのLMPマシンからドノーマルのフィアット500まで
それぞれの赴くままに24時間を走り抜いてほちぃ。ただ、周りと比べて極端に性能差がある
マシンと絡む際にはお互いに充分気を配ってほちぃ。特に、性能が低い車の場合、後ろから
競っている集団と絡んだ際は早めに避ける意志を示してほちぃ。
(コースアウトしてまで避ける必要は)ないです。

また24時間という長丁場を走るため、
車のセッティングを疎かにしてはならない(戒め)
適当にセッテ組んでレース序盤ではやくも泣きを見る・・・というのは誰も得しないので。
時間がある人はレース前までにしっかりと「安定して走れるセッテ」を各自組んでほちぃ。
むしろ安定して走れるという観点から車選びをするのも1つの選択肢。

とはいえ、皆が皆バラバラなマシンだとペースが違いバラバラになっちゃう・・・。
ということで、GT6の売りの1つでもある、GT3マシンを用いたレギュを考えた。
(主にタイム出してくれたのはほんださんだが)
もちろん強制ではなく、あくまで「このレギュ使えば競り合いも楽しめるよ」というもので、
「GT3マシン使いたいけどこのレギュとは違う性能で走りたい」というのも全然ありです。
前にも言ったがGT3マシン以外も参戦可能です。

以下、GT3マシンを用いたレギュ

メルセデス・ベンツ SLS AMG GT3 '11
370ps・1400kg

BMW Z4 GT3 '11

325ps・1215kg

日産 GT-R NISMO GT3 '13

Base Model / Team RJN / N24 シュルツ・モータースポーツ
400ps・1350kg

アウディ R8 LMS ultra Audi Sport Team Phoenix '12
340ps・1275kg
アウディ R8 LMS ultra '12
365ps・1275kg


アウディ R8 LMS Team Playstationは削除しました。

GT-RGT3はウェイト0kg、Z4・R8がプラス25kg、SLSがプラス50kgとなっている。


<その他もろもろ注意事項>
・PS3の自動電源オフ機能が入ってないことを
 確認する(重要)
・萎え抜けしない(クッソ重要)

・24時間ぶっ続けで走るのは危険なので各自休憩を取りつつ自分のペースで走ること。
 車を停める際は、緊急時を除いてGPコースのランオフ地帯に停めること。
 (ニュル北地帯は邪魔なので原則として停車禁止だが、緊急時はコース外の停車を認める)
 
・スタートボタンを用いた自動走行は他車に迷惑がかかるため禁止。

・停車の際、しっかりサイドブレーキを引いておくこと。スタートボタンで透明化は
 誤ってレースから退出してしまうリスクがあるので好ましくない。

・基本的に罵声や煽り声が飛ぶ。先に言っておいたからね。



ちなみにワイが24時間耐久で使用する車はこちら。




24時間走りきるゾという気合いに満ちた車ですね。

コメント

モチュールサブウェイ
No.1 (2015/03/26 16:42)
楽しそうですね
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事