長火鉢とおっさん

とりパ! 焼き鳥【第三十二回】について

2017/08/28 18:55 投稿

  • タグ:
  • 焼き鳥
  • 炭火
  • ビール
  • おつまみ

はじめに ar1175978  ブロマガ mylist/11829295 ツイッター ZUI_K
焼き鳥 sm31567538 動画 mylist/11535357

仕事帰りに、赤ちょうちん(焼き鳥屋)で一杯!

最近はチェーン店の居酒屋が増え、純粋な焼き鳥屋は減ってきているのかもしれない
だからだろうか、飲み屋街などで煙をモクモクさせている小さな焼き鳥屋を見かけると、
「おお!」と思って店に吸い込まれてしまう
だが、中はすでに満席…
匂い、煙、焼く音、たまらない雰囲気だ
皆、おっさんと同じ気持ちなのだろう

鳥肉を串に刺して焼く料理は世界中にあり、鳥類を狩猟する文化圏では一般的な調理法だ
日本でも串に刺して焼く調理は昔からあり、
現代の様な焼き鳥(串焼き)も、江戸時代にはあったようだ
ただし、もっぱら串にされていたのはスズメやウズラ、カモ、キジなど
ニワトリも江戸中期には食べられていたのだが、主に鍋料理だった
ちなみに、ツルは将軍様用

現在、日本全国にある焼き鳥屋だが、戦後(昭和)に広まっていったらしい
きっと高度成長期には、仕事帰りのサラリーマン達が「帰りにちょっと一杯」で、いっぱいだったのだろう(激うまギャグ)

さて、串打ちだが、さほど難しくない
コツとしては
・串先はまな板に向けて出す
  串を刺す時、肉から出す串先をまな板に向ければ手を刺さない
・肉の中心を刺す
  バランスが悪いと回ったり、傾くなどして上手く焼けない
・肉を縫うように刺す
  焼いている時に空回りしないよう、お裁縫の様に"肉の中"で串先を上下させる

あとはおっさんの動画か、参考にした鳥勢の動画(焼き鳥大学 )をご覧いただきたい
なんとなくわかると思う
とりむね肉や皮なら安いので、練習に良いだろう

動画のタレは醤油、みりん、酒、砂糖を軽く煮詰めたものだ
ニンニクや酢を入れて好みの味を作ろう
ただし注意として、焼き鳥屋、うなぎ屋で見かける「継ぎ足しの秘伝のタレ
これは家庭では基本的に無理だ
お店では毎日のように温めて使うが、それが低温殺菌となって腐らないのであり、
一般家庭の場合、冷蔵庫保管で2週間以内に使い切るのが良いだろう

さて、串が焼けた!
foo、ビールビール! あ~冷えてるか~?
バッチェ~冷えてますよ

ということで、キン↑キン↑に冷えたビールを、凍らせたグラスで頂く
なぎら健壱風に言えば「チンカチンカの、ひゃっこいルービー!」

あー!夏はビールが旨い!
ゴクゴクいってしまう
そして、焼き鳥も旨い!
長火鉢は、焼きながら食べれるのが良い
脂が落ちるので、灰を掃除しないといけないが…

おっさんがたまに行っている焼き鳥屋は
動画でも紹介した、JR小岩駅南口の「鳥勢http://www.koiwatorisei.com/
数年前に知人に紹介され来訪
以来、月に一回程度で通っている
詳しくはお店の㏋と動画をご覧いただきたいが、立ち呑みが出来る
カウンターで最大10人くらい 腰かけるところもあり、そこは4人くらいだ
鳥勢での呑み方
① 焼き鳥の注文(持ち帰りも)は、カウンター(陳列台)上にある紙に書く
  「焼き鳥  本数」(例:もも 6本)
  塩タレは決まっている
  もちろん欲しい分、何種類も書いていい

② お金は焼き鳥を受け取る時に同時に支払う
  缶のビールや焼酎はカウンターの下の冷蔵庫から出してお金を払ってから呑む
  持ち込みは缶のビールや焼酎などがOK、ただし1本に付き40円払う
  追加注文もその都度、①と同じようにする

③ 何本食べてもOK!
  数人で来てもOK!
  ただし、大騒ぎせず、長居しない事
  2人で60本食べたフィリピン人がいたそうだ
  負けるな日本男児!
  (おっさんは、はしご途中なので無理)

補足 店内に洋式トイレあり
   また、すぐ横がセブンイレブンなのでいろいろ便利
   呑んだらお持ち帰りで家族にお土産や、明日のオカズに

ハードルはかなり低いので、立ち飲みデビューに良いだろう
君も、おっさん化へ向けて第一歩を踏み出してみよう!

●コメントより くさや食ってみウンコ臭いけどうまい不思議体験
昔、実家で焼いて食べたけど、まさに「臭い旨い」
変な嗜好が追加されそうな危ない食べ物
ビンのは物足りないけど、かと言って家で(屋外でも)焼こうものなら、住宅街なので警察呼ばれそうで無理です

●コメントより タレ・塩
やはり分かれますね
おっさんもどっちにするか良く悩む
しかしゴローちゃんの名言がある
迷った時は両方頼めば良いじゃないか

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事