長火鉢とおっさん

白子焼【第十八回】について

2017/06/01 23:13 投稿

  • タグ:
  • おっさん
  • 白子
  • ふぐ
  • 炭火
  • 日本酒
  • おつまみ
  • 火鉢

はじめに ar1175978 ブロマガ mylist/11829295 ツイッター ZUI_K
白子焼 sm30648300 動画 mylist/11535357

白子というと何を思い浮かべるだろうか…

子供の頃に、母がたまにタラの白子を甘辛で煮て、それがとても美味しかった
オカズにはちょっと足らないけど、付け合わせとして十分すぎるほど
親父との酒のアテだったのかもしれない

大人になって酒を呑むようになり、フグの白子を食べた時、今まで食べていた物(タラ)とはまったく別物だと知った
とろっとして、こってりしていてなんとも旨い
でも、オカズにならない所は一緒だった
なぜならオカズを使って出す…ゲフンゲフン

それにしても、トラフグ白子は高かった
しかも生は旬の冬にしか売っていない
相場は100g4000円前後
お店で白子ポン酢を頼むと一口分しかないのに2000円程とられ「しみったれているなぁ」などと思ったものだが、この値段ならそれも納得してしまう
天然物なら100g6000円以上なのだろうか
残念ながら現物を売っているのを見つけられなかった

最近は養殖フグ屋も増えてきた
チェーン店も多い
メニューで「てっちり」「てっさ」とあるだろう
それぞれフグ鍋、フグ刺のことだが、ふぐが「てっぽう」といわれていた為である
偶に当たる(弾に当たる)から「てっぽう」だそうだ
シャレではあるが、昔は本当に命がけであったともいう
「フグ(の旨さ)に惑わされ、毒で死ぬるは武士の名折れ」
「(毒怖さに)フグを食べぬといふは、武士の名折れ也」と、言ったとか言わなかったとか…

火加減、焼き加減がなんともわからなかった
しかしながらこれはそうそう試せるものではない…値段的に
網にくっついて破けてしまったら台無しになってしまう
ということで、慎重過ぎた感もあるが、味はとても良かった
外はパリッ、中はまったりトロトロ
大きな白子にかぶりついて、なんとも幸せ

どのような白子でも下処理はした方がいい
焼くなら塩水で洗って筋をとると臭みが無くなる
さらにサッと茹でれば様々な料理に使える
今回フグは店で下処理済みだったので、真タラだけ軽く茹でておいた
おかげでちょっとくっ付いてしまったが…

夏の終わりに(ネタが無かったら)「おくりびと」よろしく、真フグ白子でパーティーをしてみたい
参加者は一名…(…先生も混ぜるか)
白子パーチィー! 白パ! ハフハフしてやる!

●コメントより 酢を少量塗るとくっつかない
そうみたいですね
やろうと思うのだけど、いつも酢の準備を忘れてしまう…
いつかの機会に動画に入れてみます

●コメントより プリン体、痛風系コメ
酒飲みの天敵?ですね
ただ、知人で酒を呑まず日々粗食な者が健康診断で痛風の気があるといわれたらしい
思い当たるのは毎日の「納豆たまご」(納豆はプリン体多め)
おっさん的にはこんな貧乏くさい痛風なら、旨いもの食って痛風になった方が良いと思った…
いまのところ大丈夫なので、無理せず無茶せずほどほどにやって行きます

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事