長火鉢とおっさん

オス♂ししゃもを炙る【第三回】について

2017/01/24 19:51 投稿

  • タグ:
  • 日本酒
  • おっさん
  • ししゃも
  • おつまみ
  • 火鉢
  • 炭火
はじめに ar1175978 ブロマガ mylist/11829295 ツイッター ZUI_K
オス♂ししゃもを炙るsm29915652 動画 mylist/11535357
リクエスト第一弾

子持ちししゃもといえば、朝ごはんなどで食べる方は多いだろう
昔は目刺し(イワシ)の家庭が多かったと思うが、カラフトししゃもが出回るようになり
味や食べやすさから、ししゃもが圧倒的に人気なったのだろう

しかし本ししゃもを食べる機会は少ない
本ししゃもの漁獲量減少により代用でカラフトししゃもを輸入したのだから当然だが、
おっさんも大人になって、北海道物産展で購入し初めて食べた
純粋に「高いなぁ」なんて思っていたが、獲れるのは北海道の一部のみ、漁獲量が少ないことを考えると妥当な価格なのかもしれない

本ししゃもメスの味はカラフトししゃもとはだいぶ違う
カラフト独特の臭みは無く味はワカサギに近い
ほのかな香りある上品な白身に脂が乗っている
おかずとしても絶品だ
(ししゃももワカサギもキュウリウオ目キュウリウオ科

第二回の動画を上げた直後に、たまに行く天ぷら店で偶然本ししゃもメスの天ぷらを頂いた
フワフワした食感で卵も旨い
そして、そのすぐ後にオスししゃものリクエストコメントがあり、さらに近くのデパートで北海道物産展が開催予定と
そういった経緯で「食べ比べ」をする事に決めた

さて、本題のオスのししゃもだが、見た目からしてメスとだいぶ違う
頭、ヒレ、骨、どれもしっかりしていて、ボリボリと食べ応えがある
ちょっと焦げ目が付くぐらいが美味しいだろう
香り以外は氷下魚(コマイ)やタラに近いと思う(氷下魚は特に匂いに癖がある)
オスを炙りながら少しずつボリボリやり、酒を呑むのが良い
これはメスだと出来ないだろう
男(オス)の特権ってやつか…

焼く時の煙だけはどうにもならない
生干しや一夜干しなどはどうしても脂が落ちてしまう
灰をかぶせて抑えているが、なかなか難しい
火鉢での調理に、脂や汁が落ちる物を嫌う人は多い
(でも、おっさんは、ついやっちゃうんだ)
灰も汚れるから掃除も必要になる
ただ、不純物は熱で集まって固まるので思ったより取り除くのは楽だ
適度にかき混ぜて、灰全体を熱するのも効果がある

日々是勉強
おっさんは長火鉢一年生、これからどんどん学んでいきたい

●コメントにより ししゃも寿司
これは食べてみたいなぁ
北海道は何度も行ってるけど、今度は鵡川方面に行ってみようかな

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事