ぐらのブロマガ

【東北ずん子×MTGO】瞬速のずんだ!反省会その10【青緑フェアリー】

2016/09/08 07:11 投稿

  • タグ:
  • ゲーム
  • MTG
  • MO
  • 東北ずん子
  • 東北ずん子実況プレイ
  • VOICEROID実況プレイ
  • Magic_Online
  • 青黒フェアリー
  • モダン(MTG)
お久しぶりです、ぐらと申します。
マジックオンラインを始めたので、
対戦の模様を動画編集してみた
…のは良いのですが、
動画内で触れられなかった部分や、
コメントで初めて気づいた部分が多々あったので、
こちらの方で言い訳…振り返って補足していこうかと。
(競技MTG歴8ヶ月なので、うまく説明できないかもしれないですが…)

今回は第10回目、【青緑フェアリー】とのマッチ戦:第1ゲームの様子を編集した
動画その10についてです。

コメント返しの前に、今回の動画ですが…
2525再生突破と、初の金枠宣伝(16000pt!!!)を頂きました!
ゆきすgif様、朧月様、hage様、cocoa様、生薑湯様、ウーナ様、
かがくろ様、蒼ざめた月様、葉っぱ様、開封エルドラージ様
誠にありがとうございますっ!

■『うぽつ!、うぽっつ、うp乙!』など
いつもありがとうございます!
元々もう少し早く、別のデッキとの対戦を上げるつもりでしたが、
息抜きにMOしていたらこの対戦が実現したので、差し替えて1から作ってしまいました。

■『動画とブロマガ同時更新ウレシイ・・・ウレシイ・・・』
ありがとうございます!
お盆休みで余裕があったのでその9のブロマガも一気に書き上げてしまいました。
今回も同時更新を考えてはいたのですが、時間の都合で間に合いませんでした。

■『ポーズは絵と合わせてるのかw かわいい。』
最初に出てくるFNMプロモ版『呪文づまりのスプライト』とずん子のポーズですね。

以前追加差分の案を色々とリクエストしてみたのですが、その中に『ウインク』『口に人差し指を当てる』がありまして。
当時は全く気付いていなかったのですが、出来上がった差分を色々試していった際、FNMプロモ版とポーズが似ていることに気づきました。
そういった経緯もあり、今回の追加差分の中で特にお気に入りの1枚です。





■『手札破壊サイドに落としてスネア(呪文嵌め)とリーク(マナ漏出)増やしてみない?』
新しく変えたデッキについてですね。

実は紙の方で手札破壊をサイドにした型を試してはいるのですが、ちょっと苦戦しています。
お相手の行動から手札を推測できるスキルがあれば、また変わってくるとは思いますが、
前方確認ができないと、なかなか思い切った行動に出ることが出来ず…

■『差し戻し取らずに非実体化とは実験枠かな?』
新しく変えたデッキについて、その2ですね。
『非実体化』は確かに実験枠なのですが、『差し戻し』との競合というよりは
打ち消しと除去の中間+α…みたいな立ち位置で捉えています。

具体的に言うと、
・打ち消せない呪文に対する一時的なカウンター
・出てしまったクリーチャーに対する一時的な妨害
・各フェアリーの「戦場に出た時」の能力の再利用
…辺りを期待しているのですが、【マーフォーク】のように1ターンで勝負が決まる火力や、
コンボのようにお相手に次のターンが来ない決定力があるわけではないので、
これまた苦戦しております…

■『スクリブアンドフォースもどきかな?』
■『スーパークレイジーフェアリークロックパーミwww』
■『相手のデッキ回してて楽しそう』
お相手のデッキについてですね。

確かに『スクリブのレインジャー』&『幽体の魔力』の【スクリブ&フォース】っぽいデッキですよね。
『幽体の魔力』の5マナの代わりとして、サイズこそ劣るものの、設置1マナ+装備2マナの計3マナで回せる『縫い師の移植』を使われていたのはとても興味深かったです。装備品なので、疑似的なクリーチャー除去耐性はあるわけですし、低マナ域で固められるので、土地の枚数を切り詰めることもできそうですし、サイズ面は『わめき騒ぐマンドリル』でカバーできそうですし。確かに回していて楽しそうですが…自分が回すとマナ計算でガバる未来しか見えません…


■『(縫い師の)移植バウンスでもよかった気がする』
『漁る軟泥』を1枚目の『謎めいた命令』で打ち消した時、『縫い師の移植』を手札に戻せば、『スクリブのレインジャー』を生け贄に捧げさせることができた…という場面ですね。


これなんですが…
装備品をバウンスすると外れた扱いになると気付いておらず、
そもそも『縫い師の移植』の「これが外れると、装備されたクリーチャーを生け贄に捧げる」が読めていなかった。
…という理由がありまして。
そしてなにより、≪異界月≫の新カードということも気付いていませんでした。





■『いいガバやこれは・・・』
お待たせしました、今回のガバプレイ枠です。

『謎めいた命令』でお相手のクリーチャーをすべてタップさせたので攻撃したら、『スクリブのレインジャー』のアンタップ能力がこちらのターンでも使えるのに気付かず、返り討ちにあった…という場面ですね。
デッキを組んだ時に【青緑フェアリー】の情報は頭に入れていたのですが、実際に対戦すると色々忘れてしまったいたようです。







■『稲妻怖いなら(呪文づまりの)スプライト出さなければいいのでは?…』
ライフが『稲妻』圏内になった後に、『呪文づまりのスプライト』をブロッカー要員として出した場面ですね。

当時、こちらのダメージ源は『忍び寄るタール坑』のみであり、これを除去して『スクリブのレインジャー』で攻撃し続ければ、『苦花』のライフ喪失で負けてしまう状況でした。
そこで、『縫い師の移植』を2体に付け替えて攻撃する…を選んだことで、
「手札に除去はなく、ブロッカーのトークンを戦闘で削らない限り、こちらにダメージを与える手段は無い…」と推測を立てていました。
それなら、瞬速持ちのアタッカーが出て計算を狂わされる方が厳しいかな…
ということで、『呪文づまりのスプライト』を素置きしました。打ち消し使ってくれたら、
次のターンの『苦花』も通しやすくなりますし。
もし、『稲妻』をドローされたら…その時は素直に諦めましょうという気持ちでした。

■『カンパニーフェアリーはやってたけど、縫い師の移植はたしかに楽しそうだ』
むしろ『集合した中隊』入り【フェアリー】を見てみたいです。
今でなら『呪文捕らえ』を投入した【スピリット】の方がシナジー高そうですけど。
(そして先日そのデッキに完封されたんですけど…)

■『幽霊街を(忍び寄る)タール抗に撃ってたら負けてた?』
今回のドロー内容なら、確実に負けてますね。

たらればが通用するなら、もう一枚の『忍び寄るタール坑』を引くか、
『殴打頭蓋』を引いて、毎ターントークンに装備させてブロックし、魂絆のライフ回復で長期戦に持ち込むか…辺りでしょうか。
残りライブラリーの枚数を考慮しても、そこまで都合良く引けるとは思いませんが。

■『何これ赤はティムールの激闘要素か?』
■『向こうのデッキケッシグ(の狼の地)も入ってそうね』
■『赤要素は稲妻なんかなぁ。』
最後までわからなかった、赤が含まれていた理由ですね。


軽量除去の代表格である『稲妻』はほぼ確定だと思いますが、
実は続く第2ゲームで『イゼットの静電術師』2体に『苦花』が封殺されるという事態に陥りました。
幸いライフを削る後続は引けなかったようで、『滅び』ですべて破壊してから、こちらが物量で圧倒して試合終了となりました。
(…フェアリーがまったく出てこなかったので、どうやら全員サイドアウトされてしまった模様)





■『青らしからぬ熱い殴り合い』
最近の…特にモダンの青は『秘密を掘り下げる者』や【マーフォーク】のような積極的に殴ってくるイメージの方が強いような…全体的なカードパワーも高くなってきましたし、そろそろ『対抗呪文』とか『思案』とか『精神を刻む者、ジェイス』とか、コントロール色の強いカード、解禁されませんかね…?(ない)

では今回はここまでです。
次回は動画その11にてお届けした【青黒ライブラリーアウト】との対戦から、コメントやプレイングについてあれこれ書いていく予定です。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事