ギガントスマイル改

『不機嫌なモノノケ庵 續』1話の感想

2019/01/10 17:21 投稿

  • タグ:
  • アニメレビュー
  • アニメ
  • 冬アニメ
  • 2019
  • 不機嫌なモノノケ庵續

第一話「肢簾(えす)」



脚本/吉岡たかを 絵コンテ/川崎逸朗 演出/川西泰二 総作画監督/あおばみずき
作画監督/長谷川早紀、Hue Hey Jung、Kim Kyoung Hwan、Kim Yoon Joung

<ストーリー>

“現世うつしよ”にとどまる妖怪たちを、本来彼らが棲むべき“隠世かくりよ”へと送り届けることを生業としている “物怪庵もののけあん”―。 
その物怪庵の主・安倍晴齊あべの はるいつきと、奉公人アルバイト・芦屋花繪あしや はなえと妖怪のモジャが、安倍の上司・立法りっぽうからの依頼で隠世へとやってきた。立法の仕事を手伝う二人と一匹だったが、芦屋のミスで、立法とともに隠世を治めるトップスリーのひとり、行政ぎょうせいのもとに書類を届けることになってしまう。果たして行政とは―?


第1期同様面白くて良かった!
優しい感じの雰囲気が映像にあるからいいなと思いました。
原作の良さが表現されてると思うから素敵な作品だと思います。


キャスト
芦屋花繪 梶 裕貴
安倍晴齋 前野智昭
藤原禅子 高垣彩陽
ヤヒコ 大谷育江
コウラ 日笠陽子
シズク 橋本ちなみ
立法 諏訪部順一
司法 下野紘
行政 遊佐浩二

原作 ワザワキリ(掲載「ガンガンONLINE」スクウェア・エニックス刊)
スタッフ
監督 川崎逸朗
シリーズ構成 吉岡たかを
キャラクターデザイン あおばみずき
美術監督 佐藤正浩 / 千葉 薫
色彩設計 阿部みゆき
撮影監督 安西良行
編集 佐々木紘美
音響監督 森下広人
音楽 市川 淳
3DCGディレクター 井崎正裕
アニメーション制作 ぴえろプラス


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事