ギガントスマイル改

映画『鋼の錬金術師』

2017/12/31 10:26 投稿

  • タグ:
  • 鋼の錬金術師
  • 邦画
  • 映画

先日、ちょっとドキドキしながら観てきました。
映画自体はそんなに期待していなかったから、特典の0巻が貰えるという事がこの映画を観に行った大きな理由です。もはやそれしかなかったけど…
ちょっとこういう特典は卑怯だなと思います。ファンなら絶対欲しいと思うから…
観ないで特典だけ貰って帰る人もけっこういそうだけど。

感想を書いていきます。
最初の方でエドとアルの子役の子を観てこれはやばいとちょっと思いました。コスプレっぽさに違和感を感じました。全員日本人だったのでちょっと残念でした。
よく考えたらツッコミどころが多いなと思いました。

最初の戦闘シーンは迫力があったと思います。でも、ちょっとエドの動きが遅かったような気がしました。それと、錬成する時にエドの手の周りが光らなかったのが残念でした。
それと戦闘シーンが思ったより少なかったと思いました。
もうちょっとあってもいいんじゃないのかなと思った。
どうせちゃんと出来ないんなら完全にオリジナルストーリーでやれば良かったんじゃないかなと思いました。

すごいなと思ったのは、アルのCGでした。思っていたより違和感がなくて良かったです。声もなかなか上手かったと思いました。優しい感じがしました。

エド役の山田涼介はけっこう頑張っていたなと思いました。
僕はそんなに悪くはなかったと思いました。
ただもっとエドらしさが欲しかった。

ショウ・タッカー役の大泉洋やホムンクルスのラスト役の松雪泰子の演技が上手くて良かったです。さすがの演技力でした。
グラトニー役の内山信二はピッタリだったと思う。
エンヴィーも良かったけど、出番が少なかったしあっけなくやられたのが残念でした。
ラスト達は弱かったなと思いました。
もっと激しく戦って欲しかった。

ウィンリィ役の本田翼は良かったと思うけど、途中からずっと出てきていたのは良くないなと思いました。あんなに出てこなくても良かったのにと思いました。
それとエドが危険があるかもしれない所に普通に連れて行ったりするのはおかしいなと思いました。
リザもあれ?こんなんだったっけって感じました。
なんであんなに口数が少ないのかなと思ったし、弱さを感じたのがちょっと残念でした。

キャスト達の演技力でなんとか支えられている映画だなと思いました。
キャスティングはまあまあ良かったんじゃないのかなと思いました。
ただ、アームストロングや大総統などが出てきてなかったのが残念でした。
アームストロングを出さない理由がまったく分かりませんでした。すごい大事なのに…
大総統はいて欲しかったですね…

なにも知らない人達は、まあまあ楽しめたのかもしれませんね。
それでも、そんなに売れる映画ではないと思います。
そりゃあ原作通りにはいかない事は分かっているけど、キャラクターの性格や心情ぐらいは原作にもっと寄せて欲しかったです。そこが残念でした。
感想はこんな所です。

「評価」点数なら50点 ☆なら2


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事