なん・・・だと。

MG バリュートパック【プラモデル】

2016/01/11 13:52 投稿

  • タグ:
  • ガンダム
  • プラモデル
  • バリュートパック
  • ガンプラ
  • MG
  • 機動戦士Zガンダム

2012年6月にMGに対応したオプションセットが、プレミアムバンダイより発売されました。
今回で3回目ぐらいの再販だったかな? 
本体は市販の「MG百式+バリュートパック(発売日2005年9月)」と同じです。


ランナーは5枚、バリュートパック本体と各MS用ジョイントパーツからなります。
「百式」用のみ他MSと作成が異なるので、2セット使用しています。


完成です。合わせ目が目立たないパーツ構成なので、すんなり組立られるのが好印象ですb
写真の中央上下のユニットのみ、1ヶ所合わせ目が出てしまうぐらいです。


部分塗装は、脚部ユニットのスラスター部=白、同内側=銀、バリュート格納庫内部=金・銀
胸部バーニア=銀、同内側=グレー、バリュート=グレーとダークブラウンで墨入れ

以降、持っているMSに装着してみました。
写真以外に「MG百式Ver2.0」系と「MGマラサイ」にも装着可能です。


【MG百式】(発売日2001年3月)
MSはいずれも発売当時の作成の為、膝カックン状態でしたのでスタンドを使用してます。
なので実際は自立できると思います。


専用ジョイントパーツは全て白で塗装してみました。意外なほどガッシリ固定されます。
いずれも装甲のスキマに挟み込む感じで装着されます。


【MGリック・ディアス】(発売日2004年5月)
もちろん「MGリック・ディアス:クワトロ機(発売日2004年12月)」にも装着可能です。


脚部はカバーパーツを外して専用ジョイントパーツを装着します。
リックディアスはバリュートパックより、ずいぶん前に発売されているキットですが、
当初より想定されてたって感じですかねぇ。


【MGネモ】(発売日2006年2月)
一番スッキリまとまって見えますね。心なしか強そうになった気が・・・


バリュートパックの後に発売されたので、MS本体にジョイントが用意されています。


【MGハイザック】(発売日2004年8月)
バックパックが前後に幅が有るので、パイプをかなり引っ張らないと接続が難しいですw


脚部の専用ジョイントも”ギュッ”って感じでくっ付くので、簡単には外れないです。


小さいですが、それぞれのバリュートパックと専用ジョイントの一覧です。
この手のオプションは遊びの幅が広がるので、どんどん商品化して欲しいですね。

劇中では他に「ジムⅡ」「ガルバルディβ」が装着していましたね。
MGでも発売して欲しいですなぁ。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事