なん・・・だと。

MG ダンバイン<前編>【プラモデル】

2016/01/16 11:26 投稿

  • タグ:
  • ダンバイン
  • プラモデル
  • MG
  • オーラバトラー
  • 聖戦士ダンバイン

ガンダム以外で発売された初のMGで、2000年8月に発売されました。
MGでガンダム以外でキット化されてるのは、後はパトレイバーぐらいだったかな?
今回は2015年10月に再販されたキットです。


MGオーラバトラーの特徴として、羽・関節カバー・内部生体パーツが有ります。
羽は柔らかいプラスチック、以外はゴムっぽい柔らかパーツです。


内部フレーム(骨?)を組み立てた状態です。・・・得体の知れない物体になったw


コクピットは、それっぽく塗り分けてみました。


殆どの関節は金属ビスを使用しますが、受け側に金属ナットが無い状態です。
なので金属ビスを絞め過ぎると、プラが削れてシッカリ固定できなくなるので注意です。


内部フレーム(骨?)に生体パーツを組み付けた状態です。下半身に集中してるのは、
オーラコンバーターを背負った時に、後ろにコケないようの重りかと思います。


関節まわりの表現はゴムパーツで再現されてますが、可動がかなり制限されてしまいます。
ゴムの反発力で関節が戻るのと、ゴムに厚みが有るので、あまり曲がらなくなります;;


聖戦士ショウ・ザマも付属、久しぶりにガッツリ塗り分けてみました。
立ポーズのフィギュアも付属しますが、面倒なので塗装しませんでしたw


・・・キモいw MGガンダムとの差別化で、試行錯誤されてるのが分かる気がしますね。


オーラコンバーター内部は全体を黒、中央部をヤマトレッド、発振器?をゴールドで塗装。


武装です。オーラソードと鞘は設定だと単色ですが、それっぽく色を追加しています。
オーラショットは2つ付属し、カートリッジも取り外し可能です。


片膝立ちも決まります。手首は「開き手」と「剣持ち用」の2種が付属します。
「握り手」も付けて欲しかったですね。

武装やコクピット開閉ギミック等は<後編>で。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事