なん・・・だと。

旧HG ガンダムMkⅡ【プラモデル】

2015/06/01 11:32 投稿

  • タグ:
  • ガンダム
  • プラモデル
  • ガンプラ
  • HG
  • ガンダムMkⅡ
  • フライングアーマー
  • 機動戦士Zガンダム

1990年7月に発売されたキットです。


「システムインジェクション」のランナー、成形色で複数色で構成されたパーツです。
右は裏から見た状態、一色づつ重ねられてるのが解りますね。


マルチカラーランナーと「MSジョイント2」の関節ランナー。


「MSジョイント」のパーツを組み込んだ状態です。


部分塗装をした状態です。頭部と脚部を結構塗り分けています。


完成です。キット化にあたり、アニメ設定には無いデザインも盛り込まれています。


肘は45度ぐらい可動します。コクピットハッチも開閉します。


膝は40度ぐらいの可動、予想外に動かなかった。武装はシールド以外を塗り分けています。
上腕に回転軸が無く、肘の部分で回転させます。なのでデザインが、ちと微妙・・・
バッグパックのバーニアはビルダーズパーツ(左)に交換してます。


【バルカンポッド】
側頭部の溝にハメ込みます。砲口やセンサーはモールドされて無いですね。


【ビームサーベル】
抜刀状態は1本のみ付属、バッグパックに付いてるのは両方外せます。


【ハイパーバズーカ】
キットではグレー一色の設定ですが、TV版のカラーリングにしてみました。


【ビームライフル】
フォアグリップが可動します。


スカートアーマーは可動しますが、股間節が前後のみなので、あまりポーズが取れません;;

※おまけ。

初代1/144と比較、少し顔と足が細くなったかな?といった感じですね。


HGUCフライングアーマーと組み合わせ。初代1/144では入らなかった足が入ってますw
首が上下に可動しないので下を向いたままですが、意外にフィットしています。


初代1/144 Gディフェンサーと組み合わせ。流石に自立できないのでスタンドを使用。
バッグパック上部に被せるだけなので、特に違和感無く背負っています。


初代1/144と比べ、色分けされてるのと部位毎に組み立てられるので、作業し易いですね。
デザインやカラーリングも独特で、なかなか楽しめるキットです。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事