なん・・・だと。

1/72 ダグラム(マックス・ファクトリー版)<前編>【プラモデル】

2015/04/14 14:08 投稿

  • タグ:
  • ダグラム
  • プラモデル
  • マックス・ファクトリー
  • 太陽の牙ダグラム

2014年1月にマックス・ファクトリーより発売されたキットです。
スナップフィットかつ成形色で色分けされており、設定に近い状態に組み上がります。


ガイアノーツより専用カラーが発売されているので、全塗装を行ってみる事にしました。
塗料と専用溶剤を1:1で調合し、イージーペインターで2~3回塗り重ねします。
ん?・・・エアブラシ・・・知らない子ですねぇw


部位毎に組み立て塗装した状態です。大腿部の赤い部分を切り抜く事で、後ハメが可能です。
キャノピーは塗装済みパーツが付属するのが嬉しいですねb


細かくパーツ分割されており、ほぼ成形色でカラーリングを再現しています。
そのかわりターボザックと武器のみ、結構な塗り分けが必要です。


股関節は前後のスイング機構が有ります。設定どおりにキャノピーが開閉します。
キャノピーはクリアーブラウンを内側から塗装しています。


完成です。ガッシリした体形で、頭部が若干小さい今風ですね。
背中の穴は、ターボザックの接続用で、腰も若干ですが前後左右に動かせます。


前腕部の肘部分に回転軸が有り、2種類の可動パターンを再現できます。
前腕のアーマーを外側にした状態で肘を曲げるのは、設定画を再現するこだわりだそうです。


【マルチディスチャージャー】頭部左右に接続されてる4本の筒です。
放送当時は【スモークディスチャージャー】でしたが、近年は何でもOKになったっぽいw
膝は90度ぐらい、両肩は前方に引き出す事が可能です。


【連装20mmチェーンガン】左手甲にモールドされています。
【アームリニアガン】良い造形ですが単色なので、マスキングを繰り返して塗り分けます。


デカールは水転写式です。
スネ部分に黄色のラインが有ったのですが、上手く貼れませんでした;;


ターボザックを装備状態です。
合わせ目が目立つ部分は、大腿部・ふくらはぎ・膝裏・リニアカノン・頭部ぐらいです。


【リニアカノン】
劇中でも良く見掛けた、砲身を握って発射するポーズ用の左手首が付属します。


股関節は後方に深く曲げられますが、前方にはほとんど動きません。
腰部のデザインを優先させた為と思われますが、怪しげな分割をするよりは良いかもです。


ガンプラ以外では、久しぶりのロボだったので楽しめました。
パーツ構成もバンダイ製とは異なる配置や組立なので、新鮮な感じで作成できましたねぇb

ラインアップも徐々に増えて来てるので、そろそろ”多足の者”も欲しいですなw

<後編>は、ストーリー終盤に装備した”アレ”と、旧タカラ製1/48ダグラムとの比較です。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事