なん・・・だと。

MG ガンダム Ver3.0【プラモデル】

2014/06/23 09:00 投稿

  • タグ:
  • ガンダム
  • プラモデル
  • ガンプラ
  • MG
  • 機動戦士ガンダム

2013年8月に発売されました。
最新のデザインやムーバブルアーマー等、新機構を搭載したキットらしいです。


武装です。それぞれのグリップに手首に接続するピンが有り、ポロリし難くなっています。
以下のパーツは、Ver2の部品が使用されています。
 シールド=白いパーツ、バズーカ=グリップ以外、ビームライフル=グリップ以外


接続用のロックピンを展開した状態です。ビームライフルはシールド裏に接続可能です。
シールド裏をグレーで塗装しています。


コアファイターはVer2と同じで、ランディングギアのみ新規パーツになってます。
コアブロックへ変形可能、キャノピーの開閉・ミサイルランチャーの展開が可能です。


ランディングギアは何故かクリアパーツなので、タイヤなどを塗装しています。
コアブロック専用パーツは全塗装で、実際に見えるのはコクピット周辺なので裏側がw


最近の新規MGに付属している「エモーション・マニピュレーターSP」五指可動します。
掌のピンと武器のピンを交互に差し込むので、ガッチリ保持されポロリしません。


RGで採用されているリアリスティックデカールが使用されています。(キラキラしてる所)
全体的に細身の印象を受けますね。


Ver2と比べると、足が長くなり上半身が短くなり顔が小顔になった感じです。
各部に見えるシリンダー表現は無くなり、可動装甲のギミックが追加されています。


コアブロックを装着した状態で、左=可変タイプ・右=固定タイプです。


完成です。明度の異なる外装パーツにより、華やかな見た目になってます。
ツインアイは黒→黄、肘・膝・踝の間接カバーはシルバーで塗装しています。


上段:関節カバーが、左=通常・右=マグネットコーティングです。
下段:解りずらいですが、肘関節の一次装甲内部の二次装甲が引き出されています。


上段:関節カバーが、左=通常・右=マグネットコーティングです。
下段:太腿装甲のスライドと二次装甲の引き出し、脛アーマーの分割スライドです。


椀部・脚部とも外装による可動範囲の制限は、ほとんど有りません。
バックパックのバーニアは4基です。


バッグパックと腰部に、180度回転させると現れる接続ラッチが有ります。
取り付ける以外は穴が隠れる仕様なので、なかなか気の利いたギミックですね。


全部載せw


【ビームサーベル】
掌とサーベルの接続ピンでガッチリ固定されるので、指を握らなくてもポロリしません。


【ビームライフル】
センサー部とフォアグリップが可動します。


【ハイパーバズーカ】
グリップが可動します。肩も引き出せるので、手を添える等のポーズも決まります。


可動箇所が大幅に増えており、見た目の情報量も多く作り応えの有るキットです。



<Amazon商品ページ>

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事