なん・・・だと。

MG フルアーマーガンダム(青Ver)【プラモデル】

2014/05/07 09:06 投稿

  • タグ:
  • プラモデル
  • ガンダム
  • フルアーマーガンダム
  • ガンプラ
  • MG
  • MSV
  • プラモ狂四郎

プレミアムバンダイより発売されました。
MGフルアーマーガンダムのカラーバリエーションキットです。
新規パーツは有りませんが、ランナーが3枚追加されています。


色違いの同じランナーを複数セットする事で、成形色で色分けを再現しています。
なので豪快にパーツが余りますw


コアファイターは成形色のみで色分けされています。


赤いパーツは成形色ではオレンジですが、「プラモ狂四郎」カラーっぽくしてみました。
以外では頭部バルカンと目・足首メカ部を塗装しています。

下から煽ると大きく見えるマジック。


1.カメラのレンズを「つま先」の直前まで近づけます。

2.カメラを「顔」が見えるまで傾けます。この時点では超ローアングルw

3.「つま先」~「顔」がハッキリ見えるまでカメラを後ろへ引きます。

4.カメラの角度を微調整しつつ、ズーム/テレで被写体の大きさ、ピントを合わせます。


ようは斜め下から撮影すれば、だいたいこんな写真になります。




武装はビームサーベルのみです。機体番号から察すると1号機という設定なんですかね?


フルアーマーのパーツです。武装とバッグパック、青以外を塗装しています。


右上が「ゲルシート」で、線を目安に切り取って使用します。
ゲルシートは粘着力の弱い両面テープの様な物で、ある程度繰り返し使用出来るらしいです。


関節部分にアーマーが干渉しない構造になっているので、ほとんど可動は制限されません。
アーマーもカッチリ装着されるので、ちょっと動かした程度ではポロリません。


上段はハッチオープン、下段は椀部武装とバッグパック周辺です。
右下:腰に用途不明の接続ラッチが有りますw


増加装甲を付けている割にはゴツく見えないで、スマートな印象を受けますね。
成形色で頑張って色分けされていますが、塗装箇所もそこそこの量が有りました。


スミ入れしていない事に全て終わってから気付いたw

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事