ふおんの日常。

第30回全日本高等学校選抜吹奏楽大会に行ってきた。

2018/03/30 21:02 投稿

  • タグ:
  • 浜松市
  • 静岡県
  • 吹奏楽
  • 高校吹奏楽

3月25日、静岡県浜松市のアクトシティ浜松大ホールにて、第30回全日本高等学校選抜吹奏楽大会の本大会が開催された。今年で30回を数える今大会に、北は北海道から南は沖縄までの16校が参加し、それぞれの持ち味を活かした演奏が来場者の元へと届けられた。

開会に先立ち、日本高校吹奏楽連盟の理事長より挨拶があり、その中で第1回大会が開催された時の様子などが話され、当時の苦労が偲ばれた。

グランプリとなる浜松市長賞には柏市立柏高等学校が6年連続で受賞し、準グランプリ・中日賞には大阪府立淀川工科、ゴールデン賞・ヤマハ賞には光ケ丘女子がそれぞれ選出された。

来年度、第31回大会は3月23、24日に同地で開催される予定である。


<大会結果>
選抜吹奏楽大会HP-結果



以下、旅行記。



*****

去年、この大会があることを知って、全国規模での大会に行ったことないし、2泊3日の行程で行ってきました。


今回もゆるぶらっと18きっぷで向かうことに。
猪谷、高山、美濃太田、各ヶ務原(途中下車)、岐阜、豊橋で乗り換え、そのまま浜松に……ではなく、途中新所原で天浜線に乗り換えて、奥浜名湖展望公園展望台に立ち寄る。


<寸座駅>


<寸座駅方面>
真ん中に見える橋は東名道。


<細江奥浜名湖展望公園展望台>
寸座駅から40分程で到着。到着したころにはあたりは真っ暗に。
ゆるキャン△第28話(5巻)で、浜松に来た志摩リンと佐久米に帰省していた各務原なでしこが、なでしこの幼馴染である土岐綾乃と共に登った”とされる”展望台。
よく夜に登ったと思うわ。下る最中にも野うさぎが出るなど野生動物が結構出るみたい。


<浜松市街方向>
中央に見える細長い明かりが、静岡県で一番高いビルであるアクトシティタワー。


<上のちょっと左向き>


<佐久米方向>


<浜松市街方向>

道中で出会った浜松在住のお兄さんのご厚意に甘えて、浜松駅まで送っていただきました。ありがとうございました。

20時過ぎに浜松駅到着。


<ネカフェ>
24日に泊まる宿が確保できなかったので、ネカフェで寝てました。
寝てたというよりも横になってたが正しい。


25日

ここはもとより、浜松自体がクラシカロイドっていう作品の聖地らしいっすね。あと苺ましまろ(小声)

開会式の全日本高校吹奏楽連盟理事長の挨拶の中で第一回大会当時のことが触れられており、
・15校に呼びかけ(?)、12校が出場した
・当時はアクトシティ浜松(1994年完成)ではなく浜松市教育文化会館で開催されていた
・出演者の宿は宿が取れないこと、また体験等を考慮してホームステイだった
・コメ不足(1993年度の大会?)の折には、出演団体の地元(山形)より米が二俵送られてきた
などが話された。

初めて行った、しかも事前の情報を集めていなかったので、どんな大会なんだろうと思っていたら、大会とは言ってもコンクールのような張り詰めた空気の中でやるものではなく、それこそ(定期)演奏会のような自由な空気の中、のびのびした中演奏が行われていた。
舞台装置が動いて出演者(団体)ごと演奏しながら登場(退場)するのには度肝を抜かれた。
演奏も座奏だけではなく、武生商業のように観客も参加する団体、ダンプレする団体(札幌国際情報)等、パフォーマンス、そして選曲(武生商業のウォーク・ザ・ダイナソーや沖縄尚学の五つの沖縄民謡による組曲、嘉穂(福岡県)の炭坑節など地域色のある選曲をなされていたように思う。)に関しても各団体の個性、ないしは特色のある演奏で、聞いて見ていて楽しかった。特にダンプレに関しては初めて見たものなので新鮮で、わくわくしながら見ていた。

概して、この選抜大会はコンクールのようなものというよりかは各団体のミニ演奏会の集まりのようであった。

観客参加型のダイナソーで少し目が覚めたのだけれども、やはりほとんど寝ていなかったのが災いし、ちょっと継続して聴くのは難しそうだったので、会場を出ることに。
五味八珍で昼食を取る予定であったが、混んでいたので先に浜松市街の観光に。
満開に近しく、天気も快晴で絶好の花見日和。城周辺は花見客でごった返していた。

美味しい。
大阪王将の餃子セット(ダブル)が多分比較対象になる。チャーハンが違うので一概にどちらが良いとは言えないが、餃子に関しては五味八珍の方がクセが無くて美味しいかもしれない。

五味八珍で食べた後、チェックイン時間だったので宿泊地へ。
嫌な予感はしていたけれども……
案の定寝てました。まあこればっかりはしゃーない。

せっかくなので、さわやかに行くことに。
もはや説明不要。
正直、昼食食べてすぐに寝てたのでお腹が空いていなかったけれども、美味しいものは美味しいですわ。
響け!ユーフォニアムの最新刊が4月5日に出るらしい。

<響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部のホントの話>
3年生メンバー(久美子が1年次の時)の進路が明かされるっぽいので、非常に楽しみ。
これ読みながら加古川行けば良いんかな。行くかはまだわからんけど。


26日は省略。以上。



■追伸

前売券も前日まで売ってたし、当日券も売ってた大会なので、多分見に来やすいと思うんだけど、全日とかに比べていまいち認知がされていない気がした。
大会自体は面白い。つべで生放送見てる場合じゃないので、本大会前日のプロムナードコンサートも含めて見に行くのも良いんじゃないかな。

お疲れ様でした。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事