ふーすけのブロマガ

【s6使用構築】メガフシギバナ軸サザンガルド【最高1856最終1841】

2017/11/15 22:06 投稿

  • タグ:
  • ポケモン
  • ポケモンSM
  • ポケモンサン・ムーン
  • フシギバナ
  • サザンガルド
  • チラニキ
初めて構築記事的なものを書いちゃうぞ!
よかったら見ていってね!
2000勢の構築記事がたくさんある中需要ないかもしれませんが、そこはほら、自己満足ってことで。



見ての通りサザンガルドマリバナなんですが、実際軸になってるのはフシギバナ、マリルリ、テッカグヤ(バナルリカグヤと呼んでいる)で、対面寄りのサイクルパとなっています。
それでは個別紹介へ。


フシギバナ@メガ石(NNふーすけ)
†リーフストーム†、ヘドロ爆弾、†めざめるパワー氷†、光合成
ひかえめ
159(28)、×、144(4)、190(244)、145(36)、125(196)
H 16n-1
B<D
s 最速バンギ抜き
C残り全部

相棒枠。自分のポケモンの原点。こいつがいないと始まらない。
あまり見ないと思う火力と速さに重点を置いたCSベースの調整、かつリフストめざ氷。某絶対強者がブログで「低速地面←水←コケコ←低速地面の三竦みを破壊するためにめざ氷メガフシギバナを考察してみた」との記事を書いていらっしゃったので、参考にしつつ自分なりに組み直してみました。
ここまでSに振るとロトム、スイクン、レヒレ、バナミラーなんかはもちろん、ランドロス、グライオン、メガバンギラスあたりからも上をとることがけっこうあり、その火力と耐久により意外と対面性能が高いように感じました。
リフストめざ氷はまず読まれず、ヘド爆のダメージ量でHP管理しているポケモンをリフストで吹き飛ばしたり、後出しされたボーマンダをめざ氷一発で倒したりと見せ場が多かった。ただし、めざ炎がない都合上ハッサムナットカミツルギあたりからは引くしかなく(ツルギは耐久無振りなら確2)、鋼全般を他のポケモンでケアする必要がありました。光合成の枠は呼ぶドランに撃てる地震にしてもいいかもしれない。
選出率75.4%(1位)


サザンドラ@悪Z(チノ)
流星群、悪の波動、火炎放射、大地の力
ひかえめ
167(0)、×、110(0)、194(252)、111(4)、150(252)
CS252
D4
バナの囲いの悪枠。フェアリータイプ大増殖でありながら非常に使いやすいと思うポケモン。一貫性の高い悪Zで崩しを担ってもらいました。受け気質なパーティや低速〜中速のポケモンには滅法強く、バナとの相性補完もいい感じでした。こだわりのイメージが強いせいか、サイクルのなかで気軽にZを撃てる場面が多く、しっかりと崩しの役割を果たしてくれたと思います。流星群をほとんど撃つ機会がなかったので、挑発とか羽休めのほうがいいかもしれない。
選出率32.7%(6位)サザンガルドとは…


ギルガルド@食べ残し(ココア)
シャドークロー、かげうち、どくどく、キングシールド
ゆうかん
161(204)、112(252)、171(4)、70(0)、176(44)、58(0)
H 16n+1
A ぶっぱ
B 端数
D 残り

チノ「ココアさんがギルガルドになってしまいました…」
というSSから生まれたココガルド。もともとはポリ2が憎くて入ってきたポケモンで、HSベースの毒ガルドだったのだが、パーティ全体が遅いポケモンで偏っていることから先制技の火力が欲しいことと、チョッキテテフが憎くてこの構成になりました。努力値調整は工夫の余地あり。ゆうかんS0個体でやる戦い方じゃない気がします。食べ残しバレからA特化のシャドークローやかげうちはあまり読まれないようで、微妙なところでサイクルを崩すこともあり個人的には気に入っています。
選出率35.5%(5位)


マリルリ@こだわりハチマキ(リシェール)
じゃれつく、たきのぼり、アクアジェット、はたき落とす
いじっぱり
207(252)、112(252)、100(0)、×、104(4)、70(0)
HAぶっぱ
余りD

バナの囲いの水枠。とても信頼しているハチマキマリルリ。バシャガモス絶許。アクジェの火力が凄まじく、後出しされた等倍相手に確2とったり、じゃれつくで無振りギャラドスを一発で仕留めたりとバナ同様見せ場が多かった。一度だけ耐久に振ったメガバシャをアクジェで仕留められず、返しの雷パンチで落とされたときは目の前が真っ暗になりました。調整はなにも考えないHAぶっぱ。Sに振ったり耐久を物理に寄せたりと調整案はありますが、結局変えることなくSMシーズンを通しました。ガルド同様先制技の火力が高いのはとても評価できるとお思います。通常、火力アップアイテムのないマリルリのアクジェではバシャもガモスも一発は耐えるため、返しのZ技で突破を目論むのかこの対面で突っ張る人も多く、何度も勝ちに繋がりました。お気に入りのポケモンでありながらorasでは上手く使いこなせなかったため、7世代で活躍させられて嬉しかったです。じゃれつく外しはご愛嬌。
選出率42.6%(4位)


テッカグヤ@イアのみ(iris)
ヘビーボンバー、火炎放射、めざめるパワー氷、どくどく
のんき
204(252)、121(0)、159(172)、132(84)、

バナの囲いの鋼枠。マンダミミッキュ絶許。某構築記事をほぼそのままいただきました。バナが苦手なポケモンをほぼカバーしてくれて大変ありがたいポケモン。宿り木がないこととSを切った都合上ミラーで勝つのが難しいのが難点。ミミッキュを後出しからほぼ間違いなく仕留め、ガルドを選出できないときにテテフの相手になってくれたり、めざ炎を失ったバナの代わりにハッサムナットツルギを焼き払うなどなどバナの相方として素晴らしい活躍を見せてくれました。無振りでもそれなりに火力がでるのは大変ありがたいですが、敵に回すと非常に厄介でした。
選出率65.9%(2位)



ガブリアス@こだわりスカーフ(たいちょう)
げきりん、地震、どくづき、岩雪崩
ようき
183(0)、182(252)、115(0)、×、106(4)、169(252)

吐くほど重いリザードンと、ついでにメガゲンガー他を見る大正義ポケモン。とにかく扱いやすい。火力耐久速さとその強さが6世代から落ちたとは思えないくらい強いと思います。一時期ランドロスを使っていたこともありましたが、炎耐性のありがたみに咽び泣くこともしばしば。7世代で厳選したためステロはなし。どくづきの枠をステロにするか、たまに炎の牙がほしくなるので、それもいいかなと思っています。
選出率48.3%(3位)



フシギバナについて、1700帯まではずっとHCベースのめざ炎個体を使っていましたが、面白半分で上記めざ氷個体を使い始めてからあっさり1800乗ってわろす。シーズン終了間近でなければもっと上行けたかもと思うと残念ですが、USUMで1900、2000目指して頑張ろうという気にもなります。
教え技の復活や準伝のアローラマークが手に入ることから、環境の変化やパーティの変更などが楽しみです。
それでは、ここまで読んでいただいて、ありがとうございました。




コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事