よしなしごと

【TC】千早Pから見る近未来アウトサイダーとダスク役如月千早

2018/12/14 00:18 投稿

  • タグ:
  • アイドルマスター
  • THEATER_CHALLENGE
  • アイドル投票TC
  • 如月千早
  • ダスくっ千早

前置き。
今回いよいよミリオンのキャスティング投票にASが参入したとあって、今回ばかりは元来の担当たる千早を全力で推していこうと決めていたわけですが、蓋を開けてみたらなかなかSFやホラー好きの心をくすぐるテーマが用意されてるじゃないですか。

というわけで、この記事では千早Pの視点から近未来アウトサイダーを読み取って、千早を、特にダスク役に推していく支援になればなと一筆ぶちあげる次第です。

言わずもがな、ここからの近未来アウトサイダー論はすべて考察どころか妄想によるものであること、また他の千早Pにダスク役への投票を強要するものではないことをご了承ください。



本題。
さて、そもそもまず近未来アウトサイダーとはどういう物語なのだろうか?

私は今回、このテーマをある作品を軸に考察することにした。

まずタイトル。アウトサイダーとはなんぞや。意味を調べると、部外者、第3者、よそ者と出る。後述するが、これはダスクの立ち位置を示していると思われる。

そして近未来とつくが、その様相はMeltyFantasiaのような管理社会とはやや異なる。荒廃した都市群、混沌とした世界。思い浮かぶのは、文化や文明が過去の遺物と化し、暴力がすべてを定める荒れ果てた未来図だ。

近未来アウトサイダーは、そんな世紀末感漂う世界を舞台としているのだろう。




次に、そこに登場するキャラクター達はどうだろうか。

ファイナルデイ、ベルベット、アマリリスは比較的分かりやすい。恐らくは物語の敵役、その右腕、そしてヒロインだ。

では主役と見られるダスクは何者なのか? 説明には荒廃した都市群をひとりで漂浪している、とある。まさしくアウトサイダーとはダスクのことだろう。

ダスクは夕闇や薄暮を意味している。斜陽や終わりを連想させ、物語の主人公としてはややネガティブな印象を受ける。

そこで私はこう解釈することにした。ダスクは主役だが、物語の中心人物ではないのではないか、と。

ダスクはその名の通り、すでに自分の物語を終え、あえて孤独な放浪の道を選んだ終わりゆく人間なのだ。物語の中で成長や変革を受ける側ではなく、それをもたらす英雄の介添人、部外者だ。物語の結末には、すべてを見届けて一人立ち去ってゆく姿が想像できる。

では物語の主人公は誰だろうか。恐らくは残るバスターブレイドがその位置にいるのではないかと私は考えている。バスターブレイド側にも漂浪という文言があるのでやや断言しづらいが、バスターブレイドこそ物語における英雄であり、アマリリスというヒロインに対するヒーロー、ファイナルデイに抗うもの、物語の中で成長する主人公として考えると、非常に収まりがいいのではないだろうか。

こうした構図の物語を私たちはよく知っている。そう、言わずと知れた映画『マッドマックス』だ。特に直近の作品である怒りのデスロードを彷彿とさせる。つまり、ダスクとはマッドマックスにおけるマックスの立ち位置にいるのではないか、というのが私の結論である。

(ちなみにこの構図はミリオン内で言うと、TA任侠ものに近いものがあるが、もっと泥臭くて殺伐とした暴力的なストーリーを期待している)


さて、その前提を踏まえて、ダスク役に対する如月千早というアイドルを考えてみよう。

如月千早は、今でこそ面倒見のよいシアターアイドルたちの頼れる先輩だが、それは765プロでたくさんの出会いを経た千早のひとつの可能性でる。そのスタート地点は、歌うことにあまりにも一途過ぎた孤高の歌姫だ。そんな千早が、いくつもの出会いや別れの果てに、あえて孤独な流浪の道を選んだとしたら? ダスクという役は、そんな如月千早のあり得たかもしれない可能性のひとつが形になるのではないかと私は期待している。加えて、マッドマックスにおけるマックスは、孤独なはぐれものであったからこそ、物語や周囲の人々に変革をもたらした。千早が孤高であるがゆえにもたらされるもの、というものを私は見てみたいのだ。

さらにこの解釈で言えば、ダスクは先達者だ。すでに自分の物語を経験している孤高の旅人という役柄に、AS組、なべても如月千早というアイドルはあまりにもはまり役ではないかと、私は愚考する。



結論。
以上が、私が考える近未来アウトサイダーと、ダスク役如月千早の図である。ぶっちゃけ「近未来アウトサイダーってマッドマックスっぽくね?」という妄言を文章にしただけである。たぶん蓋を開けてみたら全然違う話ってオチが濃厚。ただそれでも、ダスク役千早をイメージする上で参考になれば幸いである。

あと私は単に千早にはソードオフした水平二連ショットガンを持ってほしいだけでもある。

THEATER CHALLENGE『近未来アウトサイダー』、ダスク役如月千早にぜひ一票を!

余談。
すでにダスク役を推すPの間で『#ダスくっ千早』というタグが出回っていて、個人的には分かりやすいし、この勝負に身を割いてでも挑むなら使えるものはなんでも使っていくべきだと思うが、ややマイナスイメージを抱く人がいるのも理解できる。
というわけで、マックス役トム・ハーディにかけて『#トムチハーディ』なんてのは……嘘です分かりにくすぎますね。なんかピンと来るタグがあればどんどん産み出していくのがいいと思います。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事