Fallen-Angel_R-Kのブロマガ

Real Racing Roots (R4のグランプリ)の再現レースをGT6オンラインで開催します。

2016/05/04 23:32 投稿

  • タグ:
  • GT6
  • グランツーリスモ
  • 予告
  • R4
  • リッジレーサー
  • Real_Racing_Roots
  • 再現
  • うp主失踪に注意
Real Racing Roots:
 NAMCO社の名作レーシングゲーム、「RIDGE RACER TYPE 4 -R4-」の本編であるグランプリで舞台となっているレースシリーズ。R4本編では、この1999年シーズンが展開されていく。特徴的なのは、以下の3点である。

・レース上位者が勝ち進むサドンデス方式。
・レースシリーズが進行していくにつれて、クルマのグレードが上がっていく。
・大晦日、年越しとともに完結を迎える最終戦。

 参戦するレースチームたちは、毎年、あるカーディーラー1社と契約し、そのディーラーから配給される車両を改造してレースに挑む。サドンデス方式のため、レーサーたちに与えられるチャンスは一度きり。一度でも敗北を喫すれば、そのシーズンでは、次のステージへの切符を失ってしまう。

----------------------------------------------------------------------------------------------

このRRRにおける1シーズンの流れを、グランツーリスモ6のオンラインレースと、GTの独創的なクルマたちを使って再現したいと思い、私は

「Real Racing Roots in GT6 '16」

を提案、開催します。詳しい説明などは、グランツーリスモ6コミュニティのクラブ「リボン付きのレースクラブ」、またはニコニコミュニティの「空賊やってるレーサー」にて。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

RRR in GT6は、1998年のレースゲーム、R4 -RIDGE RACER TYPE 4-に収録されているGrand Prixの内容をリスペクトしたものになります。大晦日に開催される年越し耐久レースをFINALとして組み立てます。

1st Heat (1次予選) ⇒ 2nd Heat (2次予選) ⇒ Preliminary (前哨戦) ⇒ Final (決勝)

参加できるクルマは日本車、アメリカ車、イタリア車、フランス車。イタリア車にはLMPに相当するクルマがないため、一部ドイツ車に置き換えます。また、クルマのバリエーションや性能差を考慮した結果、1チーム1メーカーではなく、1チーム1ヶ国とし、その国を本拠地とするメーカー4社から1車種ずつ選抜したクルマを使用することにしました。参加者は一度メーカーの国を決めたら、シーズン終了まで他国のものに変更できません。

1st Heatは、指定された車によるワンメイクです。コース2周。各国ごとに2レース1セッションずつ、全部で4セッション開催します。使いたいクルマの国のセッションに参加してください(アメ車にするならアメリカのセッション)。1レース目(エントリー戦)は6位以内で通過、2レース目は3位以内で通過。イメージとしては、各国のチーム(R4ならPRC、MMM、RTS、DRT)に選出されるといった感じ。
16名(レース運営の都合)×4➝6名×4➝3名×4➝...

2nd Heatはいよいよ本格的な予選。コース3周。加入したチームの国の、指定されたクルマを使ってレースです。全2戦。1レース目は10位以内で通過。2レース目は8位以内で通過。イメージは本営による公式的な予選かな。
...➝12名➝10名➝8名➝...

PreliminaryはFinalでの開始時ポジションを決めるためのチャンピオンシップ。前哨戦。コース10周程度。加入したチームの国の、指定されたクルマを使ってレースです。ここでの脱落は基本ありません(ここで脱落者を出すには、膨大な数の予選が必要となります)。全3戦。GT6オフライン収録のチャンピオンシップとほぼ同じシステムでポイント集計します。チャンピオンシップの結果で、最終戦のスタート時順位が決定します。
...➝8名参加➝最終戦の初期ポジション(8名)確定➝...

Finalは年越し耐久レース。もちろんR4をリスペクトして大晦日に開催します。超高速コースを1~2時間の間走り続け、時間切れのときの周回数を競います。加入したチームの国の、指定されたクルマを使ってレースです。時間切れの瞬間に年が明け、新年1人目の勝者がRRRの1シーズンを制します。
...➝Preliminaryに基づくスタート時順位(8名)➝1位 Only ONE racer is the Winner.

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

参戦を希望する方は、6月中の(ほぼ)毎週日曜日に開催される予定の、一次予選に参加してください。一次予選は、各クルマ生産国(チーム)別のセッションに分かれていて、順に開催されます。一次予選を通過できれば、そこでエントリー確定です。

MMMセッション(フランス車)➝PRCセッション(日本車)➝
➝RTSセッション(イタリア車&ドイツ車)➝DRTセッション(アメリカ車)

複数のレースに参加することもできます。しかし、参加したセッションの一次予選を通過すると、他の一次予選には参加できなくなり、シーズン中は他の国のクルマに変更することができなくなります。例えば、PRCセッションで一次予選を通過された方は、そのシーズンでは日本車のみをRRRで使用できます。ご参加の際は、参加する一次予選がどのセッションのものなのか、ご確認をお願いします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

注意・参加される方は、以下の5点への了承をお願いします。

・私情をはさんでしまい申し訳ありませんが、私のスケジュール等の都合によっては、予告なくレースを延期、もしくは中止することがあります。延期、中止などの連絡は、GT6コミュニティのクラブの「お知らせ」とTwitter( @FallenAngel13RK )から行います。

・レースの内容は、ニコニコ生放送を使って配信します(画質は環境不備で悪くなっていることがあります)ので、参加者さまのPSN IDが表示されてしまいます。また、レースの結果などをブロマガでもお知らせします。こちらでは、PSN IDを一部隠して掲載します。

・PSN IDが表示されることはありませんが、レースのリプレイ画面をレースゲーMADなどの素材として利用することがあります。そのときに、レース中の走行妨害、衝突などの、被害を受けられた方にとって見苦しいであろうシーンも素材として活用することがあります。

・私も荒っぽい性格であり、レース中のぶつけ合い、走行妨害等を寛容に受け止めていますが、やはり、なかには受け止めがたいと言う方もいます。他の参加者さま、ニコニコ生放送のリスナーの方々からの指摘のある場合は、一方的にエントリーを破棄させていただく場合があります。特に、周回遅れの際のブロッキングはお控えください。

・コースごと、レースごとに個別のルールが設けられることもあります。それらは優先的に厳守するよう、お願いします。違反の場合はレース成績を破棄する場合があります。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事