Fredrika Data Mining

MMDのパソコンスペック談義2…VRAMはどのくらい必要なのか?

2014/03/22 19:13 投稿

  • タグ:
  • MikuMikuDance
  • M4Layer
  • GPU
  • グラフィックボード
引き続きこの記事の続き。

MikuMikuDanceをする上で一番重要なのがGPU(グラフィックボード)と、そのVRAMです。
なぜなら、VRAMはパソコン本体のメモリのように増設できません
デスクトップの場合はグラフィックボードまるまる買い替え、
ノートパソコンに至ってはパソコンまるまる買い替えなければならないからです。
前回の記事のように、仮想マシンを借りるという手段を
あらかじめ想定しているならともかく、
そうでない場合はVRAM重視しておいたほうが、
あとで使いたいエフェクトが使えないということが減ります。
エフェクトというのは、使えば使うほどVRAMを占有するものなのです。

※なお、この前提は「VRAM搭載容量が多いグラフィックボードは
ある程度自動的にGPUもよくなる」という経験上の法則に基づいています。
GT630かつDDR3 VRAM4GBのような特殊なグラフィックボードはここでは議論しません。


なので、VRAMは多ければ多いにこしたことはない。
しかしながら予算は無限にあるわけではない。
そこで、具体的にどういうエフェクトを使ったらどれだけVRAMを消費するかを示してみます。



きしめん9人…200MB程度
↑のマリエルさん…400MB程度

このへんだとVRAM1GBでもおさまります。
しかし、↑のマリエルさんにExcellentShadow2(中画質)をかけると
1100MBほど消費します。
つまり、ExcellentShadow2を使うならVRAM1GBではもう足りない。



↑はいかにも重そうです。そこでこのエフェクトを再現して、
改めてマリエルさんにYellowを踊ってもらうことにします。
しかしこのままでは影がありません。



↑の方法で影をつけます。

結果として、1600MB程度のVRAM消費でした。
つまるところ、1.5GBでも足りない。
正真正銘のGTX760でようやく足りる、
まがい物のOEM向けGTX760はVRAM1.5GBですから、アウトです。
この辺がゲーマーとMMDerの違い。
ゲーマーはVRAMなんてMODが多いときだけでしょ、と軽視しますが
MMDerはVRAM重視でいかないと表現の幅が狭まるのです。
単に「ゲーミングパソコンを買えばいい」という時代は
M4Layer登場とともに終わりを告げた気がします。

影がつけばなんでもいいので、ExcellentShadow2でも影をつけることは可能です。
この場合、1900MB程度消費します。2GBでギリギリ。

ちなみに、以下の構成だと、AbsoluteShadow時で21-25fps、
ExcellentShadow2で18-22fps(ともに別窓最大化)です。
いったん出力しないと鑑賞できないレベルの重さですねぇ…

【CPU】Core i7 3770(3.4GHz x4 \30,480)
【GPU】Radeon R9 290(4GB GDDR5 Memory R9290-4GD5 \39,999)
【Memory】16GB(8GB x2 W3U1600HQ-8GC11 \16,980)
【HDD】1TB HDD(WD10EZEX \6,180)
【ODD】なし(ポータブルDVDドライブを所持していたため \0)
【M/B】 B75-Pro3-M(\6,690)
【Case】KUROBe 3(\6,360)
【Power】RA-750(750W@80+Silver 12Vシングル60A \7,526)
【OS】Windows 8 Pro(x64 \14,980)
【Total】\129,195

なお、モニタは1920x1080のものを使用。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事