幸せの青い鳥 のコメント

幸せの青い鳥
No.261 (2014/06/05 01:58)
この記事を読んでからコメントしようかどうしようかかなり悩みました。
なぜなら私が抱いた感情はともすれば理解されず無用な争いを生む可能性があるから。
ならなぜコメントしたのかというのはまぁ…この人ならばなにがしかの返答を返してくださるのではないだろうかと期待したから…というのが正直なところです。

まず一つ
・群れる。大衆の流れに乗ることを大切にする。流れに乗ってないと安心できない。
趣味においてもマジョリティ側かどうかを気にするというその心。ここに一つ私の思ったことを書かせて頂きます。
これは私の持論ですが、人は弱いからこそ強くなることができる。弱さの無い存在は強くなることはできない。ただ弱くないだけである。
なればこそその臆病さはときに強さにもなるだろうと思うのです。しかし、同調こそ全てならば、その行動の正しさは何を基準に判断するのでしょう?そこが私には疑問なのです。というかともすればその物事の正しさよりも人数がいるかどうかが大事なのであればそれはもう何でもありなのでは?という危惧すら感じます。それを大きく感じるのが「たとえ嫌いであっても、不利益を被るから見る」という姿勢です。
これはもう保身以外の何物でもないと感じますが、それを仕事でもない自分のしたいようにする趣味の領域ですら持ち出される…自分の言葉に自分で責任を持つのはお嫌いですか?相手の意見がどのようなものであったとしても、意見を戦わせず、迎合するのが正義だと本当にお思いなのですか?これは飛躍しすぎているかもしれませんが、日本人の多くは、本当にそう考えている…とお思いですか?私はそうなのではないかと思うことがたまにあるのですが…

2つめに
・「ノーゲームノーライフの空が嫌い、その理由は声と性格が絶妙にマッチするから」と以前の記事にコメント欄含め書いてあるように見えますが、それで理由をすべて説明したと思っているのでしょうか?
私にはそうは思えないのです。これは邪推のうちに入るのかもしれません。もしかしなくとも他人の家に土足で侵入し、明かされることのなかった玉手箱の中身を白日のもとに晒し、それによって相手を傷つけるだけなのかもしれません。
にも関わらずこの発言をする大義が私にあるのかどうか。ずいぶんと悩みました。悩みはしましたが、ここにコメントしているということは、私の中で一応の決着を見たものと思って下さい。

前置きが長くなってしまいましたが、「空」が嫌いである理由はこのようなものではないですか?
・マジョリティを愛し仲間外れになることを嫌うあなたは、maverick、つまり異端者が主人公であるということ自体が受け入れられないのではないですか?考え方に合わない、共感できないのでは?。異端者はつまり圧倒的マイノリティであり、大衆による政治では力もなくそれがどんなに正しくとも間違っていようとも真っ先に排斥されるものであると思っているからでしょうか。私はその大衆迎合主義ともいうべき保身の理念が空を嫌う理由なのでは?と思う次第です。異端者にありがちな自由気ままさというか、悪く言えば自分勝手で回りを顧みないところが嫌われる理由なのかもしれないですけどね…こっちの方が直感的にはわかりやすいのかも。
それと嫌いである理由を声とキャラの相乗効果としてそれ以上掘り下げないのも、意識的にしろ無意識的にしろ大衆迎合的な臆病さを直視しないためのカモフラージュなのではないですか?嫌なものは嫌!それで話を終わりにしたいということなのではないかと思ったりします。嫌なことには蓋をして見ない聞かない言わない。人物の考え方を批判する、つまり意見を戦わせること…それを避けて相乗効果だと言って原因をうやむやにしてしまう…はたしてそこに正義はあるのかと思いますが、保身という一点に限っては正義だということなのでしょうか…
まぁここまでいろいろ書いてみましたが…ひどい妄想の雨あられですねハイ。
なんでこんなことを書いたのか考えてみましたが、理由は単純なんじゃないかと思います。自分が面白いと思っているアニメをよくわからないけど嫌い!と言われていると受け取って、反論したくなったのでしょう。何ともちっさい理由ですね。調和は美しく、沈黙は金ですが、言葉にしなければ伝わらないこともある…と思います。後でこのコメントを思い返して恥ずかしくなりそうですね…思い込みが激しくて無粋で独善的…私の悪いところがもろに出ている気がします。精進が足りないですね。

このコメントは以下の記事についています