ねここね(著者) のコメント

ねここね (著者)
No.251 (2014/05/31 05:29)
>>250
 たまねぎ剣士殿へ

>>「長年オタやってりゃ、嫌いな人気作品の1つや2つあるもんさ!」←この言葉を逃げに使ってないですか?<<

 使ってませんが 使ってるように見えるなら貴方にはそう見えるのでしょうね!

>>
私もその言葉はとても素敵だと思いました。好きは好き、嫌いは嫌いでいいじゃないか!と一文に頼もしさすら感じました。
<<
 それは良かったです。

>>でも、その一文を生み出した(考えた)方は主さんではない。なのに、その言葉で逃げているようなコメント返し<<

 だから何ですか? (”考えた)方は主さんではない。 なのに” 何ですかこの言い草! まるでその一文を貴方が考えたわけでもないのに我がもの顔で使ってんじゃねーよのような言い方! 普通にカチンとくるんですけど。

 そんで逃げているコメント返し! 

 言葉通りに、実行できてらこの言葉に感動しませんよ! それこそふーんですよ。 何言ってるんですか!

>>といった内容から、中途半端な防衛や媚びを感じました。<<

 人間なんてそんなもんだと僕は思ってます。潔く自分はこれでいい! と思えないからタイトルの言葉に感動するんですシビれるんです。

>>
もし本気で「嫌い」を語り合いたいなら、逃げ道なんて作らないで堂々と記事を書くべきです。「好き」を語り合う時と同じ様に。
<<
 逃げ道って! 僕は自分が書くことで多少なりとも何かに影響があるかもしれない、その配慮をすべきと思います。本気で嫌いだとしても、言葉は選ぶ必要があるし、罵詈雑言にならないように書けないのであれば書くのはよしたほうが無難だと思う考えているだけです。 少なからず自分が何かを発信することは責任が問われます。 そして配慮する技術もないのに感情だけの罵詈雑言の嫌いという感情の伝播をするのは自分の好むところじゃないと思うというところです。 それを逃げなんて言われ方すると、これまたカチンときます。

>>
あと疑問なのですが、「好き」「嫌い」「どうでもいい」の3つしかないのかな?
私は上記3つに「普通」が入ります。
<<

 そんなこと言い出したら  特別 微妙 まあまあ とか何でもいれれますよ。
「好き」「無関心」「嫌い」 と書いたのは 1 0 ー1 好きの反対は無関心だと言う人に対して、自分は好きの反対は嫌いだと思うと言うように提示しただけです。

 そのコメントに対する返しに、普通が入ると思いますなんて書かれたら、こっちは「はあ?」何言ってるの? ってなります。

>>例えばホライゾンですと、「普通」と感じました。原作は既読済みです。<<

 そうですか。

>>長々とコメントすみません。<<

 いえいえ、長文を読むのは好きなほうですからその件に関しては嬉しいです。

>>私には主さんの言い分にブレがあるように思えました。<<

 人はブレます。 というより常に変化するものです。 それと、自分は「長年オタやってりゃ、嫌いな人気作品の1つや2つあるもんさ!」がいいなと思うからこそ、そこにはこういう下地があるわけですとコメントで書いてるすぎません。なんで、憧れる言葉通りのコメントを返せないなら、ブレてるなんて言い方されなきゃならんのか分かりません、

>>
この言葉を知ることができたので、それにはとても感謝しております。
<<
 まるで僕書いたものはこの一言があれば必要ないような言い方。 別にいいですけど。わざわざ、貴方はたいしたことを書いたわけじゃない! そこは理解しとけっていうふうに僕はとってしまいます。 事実だけど気分は良くないですね。

>>名言の紹介に感謝です。<<

 そうですか。それは良かったです。



 

 
 



 

このコメントは以下の記事についています