ねここねのブロマガ

【区役所がこんな対応してるから不法投棄が減らないんじゃねーの?】

2014/04/18 08:05 投稿

コメント:6

  • タグ:
  • ねここね
  • 日記



 外を歩いてたらブロマガのネタが落ちてるコトがあるんだけど、その問題を解決するには公僕にお願いするのが正しいのか? 間違ってるのか? 迷う迷い猫、ねここねです。


 先日散歩中にですね。こんなモノが路上の脇に捨ててあったんですね。


 んで、なんか黄色い紙が貼ってあったので、読んでみたら「ちょっと! え!?、マジ?」ってなりました。



 これって、つまるところ不法投棄して不法投棄した人が分からないなら、区が処分しまっせ! ていうコトだよね?

 え? それって捨てたもん勝ちなの?

 僕はそういうのに全然詳しくないので分かんないですけど、こういうルールがあるから結局家電とかの不法投棄が多いのかなーって思いました。

 そんで不法投棄ってどれくらいの罪状なの? って調べたら
 

不法投棄には、廃棄物処理法(廃棄物の処理及び清掃に関する法律)により懲役5年以下若しくは1,000万円以下の罰金またはその両方が科せられます。 役割を終えた後は、家電リサイクル法に則って家電製品の小売店などに引き取ってもらいましょう。

【不法投棄に関する法律条文】

廃棄物の処理及び清掃に関する法律(昭和四十五年十二月二十五日法律第百三十七号)
(投棄禁止)第十六条 何人も、みだりに廃棄物を捨ててはならない。

第二十五条
次の各号のいずれかに該当する者は、五年以下の懲役若しくは千万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。
一~十三(略)
十四 第十六条の規定に違反して、廃棄物を捨てた者

第三十二条
法人の代表者又は法人若しくは人の代理人、使用人その他の従業者が、その法人又は人の業務に関し、次の各号に掲げる規定の違反行為をしたときは、行為者を罰するほか、その法人に対して当該各号に定める罰金刑を、その人に対して各本条の罰金刑を科する。
一. 第二十五条第一項第一号から第四号まで、第十二号、第十四号若しくは第十五号又は第二項 一億円以下の罰金刑
二. 第二十五条第一項(前号の場合を除く。)、第二十六条、第二十七条、第二十八条第二号、第二十九条又は第三十条 各本条の罰金刑



                      家電リサイクル土ドットネット


 結構、重い罰なんですよね。

 でも、犯人特定って難しいみたいで、結局は市や区役所が処分するという感じになってるんだろうなーって思う。

 こいうのでも国の税金が使われてたんだなーって思ったけど、上手い解決策ってないのかな?

 そんで対策でこんな案があったりする。
  • 看板・監視カメラの設置
  • 放置場所への立ち入り制限

 それでも、いまいち効果が上がらないようだ。

 かと言って厳罰化を進めて死刑! とか言うのもちょっとどうかなって思う。

 モラルとかマナーの向上に任せていこうとかね。とか、そういう地道な方法もありだと思うけども、時間かかるよね。

 で、僕がちょっと思いつくのは、不法投棄ってポイ捨ての延長線上にあると思うんですよね。 いや、同じようなもんですけどね。

 そんでも、タバコとか空き缶とかちょっとしたゴミをポイ捨てする人を一般市民が現行犯で逮捕できるようにしたら、不法投棄も減るんじゃね? 

 そんで、また調べてみたら。


 家電とかの不法投棄は現行犯逮捕出来る、そんで小さいゴミのポイ捨て現行犯逮捕を市民が出来ないかと言えば、実は法律上の解釈では可能みたいです。

 ただ、現実的に何か罰を与えるまでは難しいらしいです。

 だからポイ捨てをしてる人を法律的には注意して警察に引渡してもいいようなので、一般市民が注意出来るという大義面分はあるんですよね。

 でもヤクザっぽい人、強面の人は怖いので、そいつらがポイ捨てしても注意できない自分がいるような気がする。

 そんな自分が、自分より弱そうな奴がポイ捨てしてる時だけ、注意するのはなんか卑怯な気がするし、平等じゃない。だから今後もポイ捨てを見ても僕は注意できないんだろうなー。

 だから、僕が出来ることは、ここでこういうコトを書くというコトと、友達にポイ捨ては警察に捕まる恐れがあるぜ! って言うくらいなんだろうな。

 とことん、無力な僕です。

 でも僕が呂布みたいに強い人間だったら注意できるのかもしれない。だから強い人に僕は憧れたりするんだろうなー。

 でも、本当に強い人は自分が弱くても、不正にガンガン立ち向かって行く人なんだろうと思う。

 そう思うと、心も体もまだまだ未熟で弱い自分が情けないと気づいてしまう。


 悲しいなー。





 


 




コメント

ねここね (著者)
No.4 (2014/04/18 10:27)
>>2
 ガンマ様へ

 なんか、その安全圏から行くっていうのがもう、自分の中でちょっとNGというかなんかできない!!! 人を裁くなら自分も同じくらいリスクを背負うべきだーみたいな青臭いコトを思ったりするんですよね。

 いや、ブロマガでこんなコト書いてる事態、なんか安全圏から言ってる感じだし同じなんだけど、まあ書きながら自己嫌悪してました。

 でも、最近、なんかこう書くのは好きだけど、どうにかして書く能力をあげたい、だから色々なテーマに挑戦したいたぶんそんな葛藤がこの記事を生んだんだと思います。

 
エニグマ
No.5 (2014/04/19 00:09)
あははは、主様もだいぶ熱血漢ですね。
なら、いいじゃないですか。思い切って注意してみても。殴られるのが怖いなら、体を鍛えればいいんですよ。また、筋力を使わず有効に敵を制圧する格闘術などもYouTubeに上がってます。いいじゃないですか。自分らしくありたい為に強くなるなら、立派な理由です。
自分の心の声に気づき、自分の体を動かして自分に出来ることに気づき、そうやって人は強くなっていくんだと私は思いますよ。
ねここね (著者)
No.6 (2014/04/19 00:30)
>>5
 エニグマ様へ

 基本的に毎日筋トレして筋肉量の維持をするぐらいですね。鍛えて他人に行使するなんてとてもじゃないけど使いたくないです。 

  熱血というか、僕は殴るのも殴らるのも基本的に、「やられたくないし、やりたくない」どこまで行っても「口論」で終わればいいさえ思うタイプです。 殴られるのはいくら体を鍛えても「殴られなれても嫌だと思います」スポーツ中ならまだ良いですが、悪意をもった暴力というのは人に色々な多大な影響を与えます。そして心がみじめになります。あれはつらいです。 一生忘れることは出来ないし、だから暴力を正義のためといって暴力を肯定するコトは僕には出来ないけど、そいう現実はどこにでも転がってるというコトは仕方ないし、だからできるだけ関わらないでいたいです。

 ああいうコトを人はやってはならんと思うけど、やる側、やられる側両方に自分が回らないとそのコトを人は知っていても経験として活かすコトができないところがあるんだろうなーとか思ったりします。


強さについての憧れは年々増してるような気がしますが、強い人は基本的にやっぱり優しい人なんかなーって思うコトが多かったりします。

 

 
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事