ねここねのブロマガ

実は文章を書くのに考える必要性はないのかもしれない・・・・・・

2014/04/02 21:31 投稿

コメント:6

  • タグ:
  • ねここね
  • 日記



 最近、文章を書くのに思いつきだけで後はなんにも考えないで書いてるコトが多いような気がする、ねここねです。

 いや、思いつきがあってそれを考えてから書いてるんだろ! ってツッコミがきそうなモンですが、そうであって、そうでないと思うのですよ。

 なんていうのかな、型ってあるじゃないですか? 

 空手や少林寺憲法、合気道なんかで、相手がこうきたらこういう動きをするとか、将棋や囲碁なんかでも、定石というモノがあったり、決められた型を最適であるという場所で展開するコトで効果的に成果を上げるコトができるとかなんとか。

 この型を出す時って頭を使うというよりは、脊髄反射的なモノだと思うのですよ。

 これは、文章を書く時も同じだなーって思うんです。

 なんとなく、このテーマで書くとしたらこう話を持っていってこうやったら面白いのかなーとか、読みやすいのかなーとか。

 それを自分の文章型にはめ込んで形成する。

 それで、面白い文章が書けるかどうかは別として、とりあえず自分ではそこそこ読めるし、なんとなく文章が出来上がってくる。

 なんとも不思議だ。

 この文章を書いてる時も頭を意識的に働かせて考えて書いてるとは思えない。きっかけは、「最近、ブロマガ書くのに最長でも10分ぐらいだなー」とか思ったりしたきっかけを文章化しているに過ぎない。

 これは、いわゆる慣れであり、この思いつきは文章にしやすいだろうという直感的判断からくるところが多いのだろう、それを文章にする型が僕の中でこういう形で出来上がっているのかな。

 でも、僕のブロマガはそこまで人を惹きつけるような内容でもないようだ。

 それは僕の中で出来上がった型が未熟であり、まだまだ改良の余地があるからだろう。

 というコトで、たまには自分に書けそうにない文章を書いて自分の型の再考する時が来てるのかなーとか思ったりするのでした。


 

コメント

ねここね (著者)
No.4 (2014/04/02 22:22)
>>3
 nico1 さん コメントありがとうございます。

 譲歩構文ですか。 分からなくて検索して調べてしまいました。 そう言われるとそういう感じになってきてると思います。

 ジャーナリストかー 小説家になれないなならなりたいなー。 二次元ジャーナリストとか働き口ないだろうか? あったら即応募してみたいです。

 疲れているのかな? 自分では良くわからないのですがなんか最近、無表情に文章書いてる時が多いのも事実。昔は書きながら、これはいかんとか、駄目だーとか思ったり、キャッキャしてたような気がします。

 書くのやめたら、アニメみて漫画読んでゲームしてるだけで終わりそうな。それはそれで楽しいから最高なんだけど、他人の作る世界で楽しんでいると、時折虚しくなるんですよね。

 2chにですかー うーん。 2chはアニメサロンと小説サロンにしかあまり行かないのでちょっと分からんです。もし、気がつかないところで、うぴゃーとか言われたらそれはそれで嬉しいかな。

 まあ、現状は小説家として芽が出るコトに期待して頑張ってみます。

 
菜箸。
No.5 (2014/04/03 00:02)
型っていうのは書き手としての個性じゃないですか? 書き手の個性を出しつつ、10分で書き上げられるのはすごいです。

ねここね (著者)
No.6 (2014/04/03 06:56)
>>5
 菜箸。さん コメントありがとうございます。 褒めらると素直に嬉しいです。

 型は書き手の個性。そう言われるとそうなよう気もするし、ある程度文章の型ってのは似通ったりするような気もするし、その辺は型の形が丸から三角に近い人、四角に近い人、色々と種類はあるけれど無限じゃないのかも? 型とそれを流し込む思いつきで、その人固有の個性の発揮というコトになるかもしれないなーと 菜箸さんのコメントを読んで思いました。

 
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事