めたるだ のコメント

めたるだ
No.47 (2014/02/11 11:26)
「絶望している」「無関心」とか以前に、
「誰を選んでも同じ」という考えには「誰であっても死ぬわけじゃない」という根拠の無い一種の安心感が根っこにあるんだと思う。
それを無邪気に信用できるくらい今の日本がトータルで見て平和で安定しているって証左でもあるんだけど、
同時に「他から見れば付け入りやすい」状況なわけで。実際に「特定の方向性の支持層を持つ」勢力に有利になっている。

でも民主主義って、元々は絶対権力者から生きる権利を正当に勝ち取った数多の流血が勝ち取ったものであって。
いざ自分の生命、将来が脅かされる事態が差し迫ってきたと多くの人が感じたら、一挙に関心が増すと思う。
もっとも、その時にはもう手遅れになっている可能性大だけど。
昔から民度の高かった日本人は、大した流血もなく平和的にシステムを取り入れたけど、いい加減システムの根底にあるものを自覚して立場を決め直さないと、いずれそのツケを自分たちの血で支払う羽目になる気がしてならない。

このコメントは以下の記事についています