ねここねのブロマガ

損とか得じゃないけど、損か得かを疑う心は存在する。

2014/02/08 07:00 投稿

コメント:4

  • タグ:
  • 日記
  • ねここね
  • ねここねだけど猫は拾いたい

 まあ、なんというか世の中は損得だけじゃ割り切れないと思ったりするけども、常にそれを疑う心が存在するコトを忘れてはいけないーと思ったりします。


 まあ、こういうコトを書くと、いやいや、それは貴方の心がそうだからでしょと言われてしまいそうですが、まあ、そうでもあり、人間だから仕方ないと言わざるえないと思ったりもします。

 例えばですね。


 貴方は、仕事帰りにまっすぐ帰宅して家族でご飯を食べるのが1番の幸せとか言ってしまうような、家族ラブラブな父親だったとします。

 ですが、仕事の帰りにですね。ダンボールに入った捨て猫を見かけます。

 拾いますか? 

 拾わないか?

 まあ、ここで少し悩みますが、拾わない選択をしたとしましょう。

 そして、帰宅します。

 そして、家に帰るとですね、貴方の子供がさっき、帰宅途中で見てしまった捨て猫とは違う猫を拾ってきて、飼いたいと貴方に迫ったとします。

 さて、貴方は愛する家族である、子供にその猫を拾った場所に戻してこいと言えるでしょうか?

 ここで、捨ててこいと言える人は多分、猫がそうとう嫌いなのか、猫を飼う住環境ではないかのどちらかではないでしょうか?


 まあ、経済的に無理ですというのもあるかもしれませんが、多分、子供のお願いの仕方次第では YESと答えるでしょう。


 子供が拾ってきたから 飼う。

 しかし、自分一人だったら、そもそも拾わない。

 この差は、なんでしょうか?

 猫を飼う、飼わない。

 それ事態を、損得ではかるコトはおかしいコトですが、猫を拾わずスルーした時は猫を飼う必要性がなかったからと言えるワケです。

 しかし、子供の機嫌をそこねるとか、可哀想な猫を見捨てる行為というのを子供に見せたくない、実際自分が薄情であるというコトを子供に思われるのは嫌だからという、理由が今度は猫を飼う必要性なってしまうというコトだと思うんですよね。


 まあ、捨て猫を拾って育てるから、情に優れるとか、どうとかではないですが、結局のところ、可哀想であろうという状態のモノ(生き物に限らず)を放置するというコトに対して抵抗がある人は、それを、直接的に他人に知られてしまうコトに弱いというコトになると思います。(そして、それが親しければ親しいだけ効果的なのかもしれません)


 なので、よく、不幸な身の上話をする人とかは、そこをついて他人から自分に得になるコトを引き出そうとしてるのかなー なんて邪推してしまうのですが、これは、僕の心が汚れているからでしょうか?


 それを計算でやってるかどうかは知らないけれど、日本人だろうが何人だろうが、今現状裕福でいる人が昔はこうだったから同情して欲しい的なコトを言うのは、計算だろうが、なんだろうが、かなりその人の人間性を疑うというか、この人は自分が好き過ぎる人なんだろうなーって思ってしまいます。



 好き過ぎるからこそ、もっと自分が我が、俺が、私が今よりもっと幸せでないと満足できないが故にやってしまう行為かなと思ったりします。


 
 まあ、自分を好きであるというコトは大事ですし、良いのだけど何事も程々でないと、そこを見抜かれて滑稽にうつるコトもあると思うのです。


 だからこそ今現状、”不幸でないのに不幸だった話”をする人は少し改めたほうが良いんじゃないかなと思います。


 何故ならそれは、本当に不幸な人の機会を奪いかねないからです! 


 だから、そいうのを不当な行為だと私は思ったりもします


 別に誰がというワケでは無いですが。





 

コメント

ねここね (著者)
No.2 (2014/02/08 10:25)
>>1

 ヘイヨーさん コメントありがとうございます。

 いや、そのなんでしょう。 拾う、拾わないは なんていうか、この記事の根幹じゃなくてですね。同情心というモノにつけこむ人もいるから、気おつけた方がいい、何故なら今幸せなのに更に同情をひこうとする人がいるし、そんなのは間違ってるよと書きたかったのかなーと書いてから思いました。

オフウ
No.3 (2014/02/08 12:23)
不幸自慢にも色々ありますからね。うざい事には変わりありませんけど。

確かに同情心をひくという効果を無意識に狙っているというのは確かにあるように思います。
ミュンヒハウゼン症候群とまでは行かなくともその前段階のような…。

何となくそういうことを言う人って、どこか孤独な感じがしますね。孤独だから気をひきたいのか、そういうことを言っているから孤独になったのかはわかりませんが。

ただ、案外笑い話として言っているだけのこともあるので何とも、判断が難しいです。
仲良くなるために腹を割って話す時とか。

ねここね (著者)
No.4 (2014/02/08 19:05)
>>3

 オフウさん コメントありがとうございます。

 僕自身が、人の不幸な話や、悲しい話に弱いタイプなのでなんというか知ってしまうとツラクなってしまうので、不幸自慢をする人が苦手なんですよね。

 というより、フィクションの世界でも見ていてもすぐ泣いてしまったりするモノですから、出来るだけ欝展開や不幸展開のあるモノを避けようする傾向があったりします。

 基本的に、悲しい話が苦手で、笑い話が好きだというだけかもしれませんが。


 腹を割って話すですか。

 うーん。 それは不幸な身の上を話すコトではなく、相手を本当にどう思って自分とどういう関係を築きたいか、欲しいかを話す時だと思ったりしますし、そこに不幸話は必要かどうかは正直分かりません。

 確かに、不幸なこう... 全文表示
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事