ねここねのブロマガ

自分の黒歴史とも言える格言集 その2

2014/01/29 07:01 投稿

コメント:4

  • タグ:
  • ねここね
  • アニメ
  • 日記

  昨日に続き、格言集その2です。 今回は短いモノを選びました。

入ったら出たくなるの基本だ。 だからこそ出たり、入ったりが気軽な場所が私は好きです。

                             by ねここね


国と国民はつまるところギブアンドテイクの関係であり、このバランス調整が国の永遠のテーマであると朝起きた時思った。
                            by ねここね


世の中にいる人は二つに大別出来る。 立派で素晴らしい時の多い人間とそうでない時が多い人間である。勿論、その差異は人の数だけ発生するので観測不能だ。

                            by ねここね


代案もないのに批判したい時はせめてどうして嫌なのか理由を5つくらいは考えなさい! そうするとその中から代案の原石くらいは見つかるものです。

                            by ねここね



年をとると昔を懐かしんだりできる楽しさがどんどん増える、それだけで、残りの人生を使い切ってしまうほどにです。

                            by ねここね



人は矛盾している。そうでなければ機械か動物と呼ばれるモノに成り果てる。矛盾こそ人が人たらしめる大きな要因であり、美点と醜悪なのです。

                            by ねここね



人生は長いんだから、じっくり積み重ねていけば良い。 でも、突然に無慈悲に終わるのも人生ではある。 だとしても私は積んで重ねたモノを残して終わりたいんです。

                            by ねここね


 いやー こうして振り返ると アレですね。

 なんというか、感慨深いのと恥ずかしい気持ちで一杯です。

 後、2回行けるのだろうか? 雲行き怪しいこの格言シリーズでした。





コメント

ねここね (著者)
No.2 (2014/01/29 14:59)
>>1

 ヘイヨーさん コメントありがとうございます。

 まあ、4番目に関してはせめて嫌いな理由くらいははっきりさせとこうよって思ったんですね。
 
 小説の一説かー。 うーん。入れれる場面があったらいれたいんだけど、まあ、書いてる時は書いてる内容で最適化して違う言葉になるのが現状なような気がする。
KLAN
No.3 (2014/01/30 16:17)
4番目にはっとしました。
だだこねるだけじゃ状況は解決しないのに、問題解決に寄与する気が無い人のなんと多いことか。
ことさら相手を怒らせる物言いと振る舞いで争いを呼びこむアサーティブでない人間のなんと多いことか。
ねここね (著者)
No.4 (2014/01/31 07:13)
>>3
KLANさん コメントありがとうございます。

 一つでも、何か感じ入るモノがあってくれて本当良かったです。それだけで公開した意味あるなーと思います。 
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事