ねここねのブロマガ

溶ける人間システムは良くも悪くも、その時代を表現出来ている。

2014/01/15 19:45 投稿

コメント:5

  • タグ:
  • ねここね
  • アニメ
  • ゲーム
  • 大航海時代
  • 日記

大航海時代 Ⅳ
 大航海時代Ⅴの事前登録が始まって大体一ヶ月くらいだろうか?
 歴史モノゲームの老舗コーエーが手がける大ヒット長寿タイトル 大航海時代。
 15世紀から17世紀を舞台に人々のロマンが、熱い物語を生み出すのがこのゲームの魅力。作品やキャラクターゴトに色々な視点でこの大航海時代と呼ばれる、荒れ狂う世界を体験できる。
 しかし、この大航海時代と言われるこの時代、正直いえば、現代の尺度からすると、とんでもなくエゲツイ世界なのである。そして、なんと行ってもシステム面でそれを秀逸に表現していた。


 水夫がどんどん、溶けていくという斬新極まりないシステム。

 私がこのゲームをプレイする時に思うのは、まず、そのシビアさである。無知識、未経験のプレイヤーは、高確率でゲームオーバするだろう。そして、船を動かすためには水夫という船の中で働く人を買わないコトには始まらない。

 船に人間は二種類いる。航海士と水夫だ。  まあ、この時代の雇主と奴隷の関係を忠実に表現したシステムと言えるだろう。

 実際ゲーム内では、酒場で「俺の船に乗りたい奴はいねかー」と叫び、食料よりも安い値段を払い雇入れる、その後一切の支払いがないコトから考えると、これって奴隷を買うより酷いんじゃねーかなとか思ったりしてしまう。

 そして、船で大海原駆け出して、船がピンチになると、水夫達はどんどん溶けて消えて逝くのである。100人水夫がいたとしたら99、98、97・・・・・・0となれば船が航海不能となりゲームをオーバなのだけど、これがなんとも切ない・・・・・・。

 この水夫が減って逝くコトを ”溶ける” と、大航海時代ニストは表現するのだ。しかし、この減っている数は人一人の命なのだ! だけど、この時代の奴隷のような立場の人間は、はっきり言って、家畜同然、死のうが、生きようが、変わりはまた買えば良いという時代を象徴するシステムといえる。

 なんとも皮肉が効いてるシステムだなーと思う。

 しかし、今の現代尺度で歴史を振り返って責めても仕方ないと良く言われるが、女性が着替えをしているところに、男の奴隷が入ってきても、この時代の人達は奴隷を人間と思ってないので、何も気にせず無視するそうだ、犬や猫、家畜のようなモノとして捉えているところがあったらしい。

 そう思うと、現代日本に生まれた幸福は、とてつもない僥倖なのかと思うのでした。

 ワンピースとかじゃなくて、普通に大航海時代のアニメとかやったらすごいコトになりそうだ。





 新作が気になる人は 事前登録しておくコトをオススメします。


コメント

nico1
No.3 (2014/01/17 08:49)
凪明日15話の論評をがちきぼんぬ。13話からの流れは汲んでくれ。
ぬしならこちらが思ったことを体現できるであろう。
もちろん金は出ない。タダ働きだ。
これは重大な任務である。健闘を祈る。
ねここね (著者)
No.4 (2014/01/17 15:33)
>>3

 nico1 さん コメントありがとうございます。

 え? 凪のあすから 3話で見逃してからそこで止まってるんで厳しいです。 お力になれず申し訳ない。
nico1
No.5 (2014/01/17 22:30)
>>4うゆ
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事