ねここねのブロマガ

善悪の概念 人はまだまだ先にイケル!

2014/01/14 07:00 投稿

コメント:3

  • タグ:
  • ねここね
  • アニメ
  • 日記

 人間が持つ善悪という概念を語り始めると、結構な長話なったりするんだけど、まあ、結論は出ています。

 善があるから悪が必要で、悪があるから善が必要だと。

 善だけで、悪がなくなった世界は、善が普通となり、やがて善という概念すら保てなくなり、人間は、食って、寝て、生殖行動をとるだけの生物に成り下がるコトになる。

 善と悪というモノがしっかりと存在するから、人は人でいられるのです。のような話で結局は収束するのかなーとか思います。

 善も悪も平等に等しい時こそが、もっとも自然の理に適ってる状態なのかもしれません。

 まあ、善悪だけの話だと、つまらないで、ちょっと今日はここから話を広げて行きたいと思います。

 まず、生きるコトを善 死ぬコトを悪としましょう。

 というコトは、産まれる人と死んで逝く人が等しい状態こそが、もっともバランスが良くて、どちらかのバランスを欠いている状態はアンバランスな状態だと言えると思うんですよね。

 で、日本の現状って毎年、平均寿命は伸びてるんだけど、出生率の低下により人口の減少が激しい状態なんですよね。

 というコトは、今の日本って悪いほうに傾いてるって考えるのは自然なコトなのかも。

 だから、出生率の低下を抑えるか、平均寿命を伸ばすとかしないと、もっと悪くなると思うんです。

 そう思うと、出生率を増やす政策と長生きするための政策を国がもっと支援して、国民もそれに賛同して協力する体制ってのが、今の日本に一番必要なコトなんじゃないかなーって思ったりします。(まあ、長寿はトップレベルだから出生率が超優先かな)

 いやいや、子供を産んでも育てる環境がない、不幸な子供が増えるじゃないかとか問題にする人もいますが、問題にしなきゃらならんのです。

 そうやって、社会問題にするから、問題を解決しながらも出生率をあげるように国が動くわけですよ。

 しかし、現状は減る一方です。

 ならもっと大きな社会問題に発展させるべきなのです。

 不幸な子供を増やすから、出生率を上げれませんとか言いだしたら、環境が整う人達だけが子供を作ることになります。

 そんな、消極的なコトやってたら、どんどん衰退するだけだとか思ったりするんですよね。

 少々、貧乏に生まれても、日本は勉強する為に使える公共施設はヤマ程あるし、学ぶ意思さえあれば、私は問題ないと思ったりします。

 だからこそ、出生率をあげて積極的に子供を育てる超支援をする。それを税金で賄う、親が駄目でも子供だけは立派に教育出来る場処を作るコトが重要なんだと思ったりします。

 税金で賄ってもらった、子供は国に感謝して日本のコトをもっと考えた子供に育つ、そして、国を良くしようと志す人達が増える。

 すごく、良いコトずくめじゃあーりませんか。

 何? 財源がない?

 うーん それは問題だー。

 じゃあ、子供を持たない大人達から徴収するとかどうだろう?

 ロリ・ショタの為なら えんーやこーらと せっせと貢いでもらいましょう。アイドルに貢よりはるかに建設的なはずです。

 それなら、子供作らないと損だと思って、子供を持つ人が増えるだろう。

 これなら一石二鳥じゃないか!

 そんな、強制的な個人の活動を制限する決まりがあってたまるか! と言う人もいるでしょう。

 個人の自由が尊重されてこそだろうが、好きにさせてよと聞こえてきそうです。

 確かに、そうです。

 まあ、単なる書きながら思いつた戯言です。



 ただ、世界の人口は今もこの瞬間に増えまくってるので、日本の人口が減少するほうが大自然の理に適うのかなーとも思ったもりする。

 そして、その理に適うなら、もっとも早く消滅する国は、人口の減少が始まってる国という見方も出来るわけで、やはり、この国の出生率の問題は本当にどうにかせにゃならん。


 人口増加推移


 増えている傾向が人類全体の意思ならば、日本人もその流れにそって衰退を避けよう!、さすれば、まだまだイケル! どこまでもな。



 増え続ける人口が、減らず増えずの段階に人類が落ち着くところこそが、人という種の最初の終着点のかも。

 と、いうコトで人類はまだまだ、もっと先にイケル!

 とか、思う昨今でした。



コメント

ねここね (著者)
No.4 (2014/01/14 17:35)
>>1
 ジュノームさん コメントありがとうございます。

 うーん。 移民ですか。 うーん・・・・・・悩みます。 

 単純な労働力の確保という概念の移民なら僕は遠慮したいというところでしょうかね。

 それより先に不法滞在関連の問題をどうにかすべきだと思ったりします。そうでないとミソもクソも一緒になりかねないと思うんですよね。
大西平洋(ヘイヨー)
No.5 (2014/01/14 19:19)
 いや~、日本は人口多すぎだわ~!この国土にして、この人数はないよ。ほとんど山だしね。今の半分から3分の1くらいでもいいと思ってるくらいなのに。
 確かに、ここ30年とか50年くらいは苦しいかも知れないけど、それを越えたら、逆に人が少ない方が楽になると思うよ。

 そもそも、「生まれる人数と死ぬ人数が同じ方がいい」という理論が、よくわからなくて。そういうのは時代によって変わってくるものなんじゃないかな?
 たとえば、まだ人が少なかった原始の時代ならば、生まれる人数が圧倒的に多い方がいいだろうし。

 移民も1つの手かな~?とは思うけど、今の所、慎重に行っていった方がいいと思うね。犯罪率は間違いなく上がるだろうし、雇用の問題もあるし。
 将来的には世界は1つになっていくだろうから、日本も外国から人を受け入れざるを得なくなってくるだろうけど。
ねここね (著者)
No.7 (2014/01/14 20:16)
>>5

 ヘイヨーさん コメントありがとうございます。

 うーん。 ほとんど山だから この国土だからこの人数が必要ないっていうのは、ちょっとどうかなと思います。
 僕は人は多ければ多いほど、良いと思いますし、集まるから大きなコトを成し遂げられると思います。 確かに、人が多く集まれば、それだけ大きな問題も増えますが、それだけ可能性も広がると思います。

 産まれる人数と死ぬ人数に関しては、同じなのがバランスがとれている状態と言ってるだけで、多くなるのが良い方向、減るのが悪い傾向だと述べてるつもりです。

 人が増えたおかげで、これだけ文明が進んだというコトだと理解していただけるとありがたいです。

 移民にするにも、まず足元の問題解決を優先するべき段階だと僕は思ったりします。

 結論的に、人まだもっと増えて良いんだよと 言ってみたかったというコトなんですけどね。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事