ねここねのブロマガ

2014年 冬期アニメの予想でもしましょうか

2014/01/04 01:16 投稿

コメント:36

  • タグ:
  • ねここね
  • アニメ
  • 2014年冬アニメ
  • スペース☆ダンディ
  • ノブナガン

 さてと、正月気分もそろそろ、切り替えて我らアニメ愛好家は冬から始まるアニメに備える時期だろう。

 受験生だろうが、社会人だろうが、アニメが好き好きな奴らにそんなモノは関係ない。始まるから見るんだ。

 そう、登山家のように山があるからそこに登るが如く、アニメ道を行くモノ達はこの業から逃れることができないのだ。

 ということで、今日は予想屋気分で、2014年のアニメの命運を占ってみようではありませんか。


ロボットガールズZ

「さて、一番手はこのアニメ、ロボットガールズZととなります。 簡単に説明すれば、往年の名作「マジンガーZ」を現代調にして、萌え化させている作品でしょう。 これは新たな風が、いや、ニューマジンガーZが現代を席巻するかもしれないと思わせるくらいの気合が伝わってくるものがあります、どうです? 解説のKONEさん?」

 解説KONE「そうですね、かなり仕上がりはいいといえるじゃないでしょうか? これはマークしておくべきアニメとして、いいのではないでしょうか、◎(グリグリ)をつけるのには難しいかもしれませんが、▲といったろころでしょう」

生徒会役員共* 第2期

「続きまして、これ! 生徒会役員共となります。 これは二期作品として、ある程度の信用あるアニメといえます。 爽やかで容姿端麗な美少女達がお下劣なことをオブラートに聞こえるような細工は妙技といえるでしょう」

 解説KONE「うーん。 おじさんは嫌いじゃないけどねー。でもこの冬を制する器と言われると難しいんじゃないかな。 まあ、なんにせよ、それなりに人気に応えてくるアニメといえるでしょう。△というところかな」

最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。

「さてさて、ドンドン行きましょう。 お次はこれ! 最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが」です。えーと こちらのデータにあるところ、何でも血の繋がらない兄妹のツンデレ妹ストーリーとありますね。 何でも幽霊にとりつかれた妹が意思とは反してお兄ちゃんとラブラブしなければならないとう、王道ストーリのようです。

 解説KONE「人気ライトノベルのアニメ化とうい典型パターンですな。キャラも可愛い、声優陣も豪華、そして調教師 倉田がどうやって仕上げてくるか? この辺が大変気になるところではありますね。 ここは思い切って ○をいれたいところですが、やはり長丁場のこのレース。△にしておいたほうが無難かもしれませんね。」

 「えーと、これってライトノベルじゃないですね。この解説は本当いい加減なので信じないほうがいいでしょう!!!」
 
フューチャーカード バディファイト

「次に待ちますのは、フューチャーカード バディファイトです。ちょっと舌噛みそうにそうなりました。 カードファイトバトルモノですね。いつの時代も小さな子供達から大きな子供までカードを好きな人のためにある、そんな願いをしょったアニメでしょう」

 解説KONE「いや、おじさんにカードの話を振られても、答えれないよ!まあ、遊戯王?、デュエルしようぜって言われたら、リアルファイトと勘違いしてしまうような人は見ないほうが賢明なんじゃないかな。分からないので無印ですな」

ノブナガン

「さて、ノブナガンです。ノブナガンであります。最近ノリノってる。てーきゅうでお馴染みのアーススターで連載されてる漫画、ノブナガンですね。かなり勝負をかけてきてるような意気込みを感じる私ですが、勝負は蓋を開けるまでなんともいえません。さてどうなるでしょう?」

 解説KONE「いや~ 日本人ってオダノブさん大好きだよね。いつ何時でもノブさんがどこかで幅を聞かせてるよね。まあ、そいうことはおいておき、個人的には▲あげたいなーと思いますね。蓋開けたら、良い逃げを決める可能性がないとはいえないですよ」

みんな集まれ!ファルコム学園

「さて、まだまだ続きます。みんな集まれ!ファルコム学園 人気ゲームキャラの4コマ漫画がアニメ化されという話です。さて、かわいいキャラのギャグ三分アニメという、瞬発系アニメですがこのさむい冬を温めてくれるのでしょうか?」

 解説KONE「うーん。3分という短い時間を使って、成功しているアニメも沢山ありますし、これも、そうならないとはいえないですが、少し知名度という名のブランドが不足気味といったところでしょうか? その劣勢を跳ね除けていければ、良い結果が出るかもしれないですね ▲をいれましょう」

ウィッチクラフトワークス

「魔女、魔女、魔女尽くしという謳い文句に、ウィッチクラフトワークスの登場であります、これは、とにかく、魔女押しという、魔女っ子大好きな大人に人気を博してる模様です」

解説KONE「そうですね。ここまで魔女押しというのも、中々ないのでは?、そうぜい30名の魔女と聞くと、どりゃどりゃ、俺の魔女どこかいな! と、つい見てしまうのは人情でしょうなー。それにヒットメーカ水島とくれば、これは相当な仕上がりを期待できるでしょう。ここは○を打っておくのが賢明かもしれませんね」

スペース☆ダンディ

「さて、魔女とうってかわって、宇宙モノ、その名もスペース✩ダンディー のお出ましです。 ポップでコミカルでどことなく、粋を感じるこの作品。超多数のクリエターとアーティストが参加して、とんでもない作品をつくっちゃいますと言わんばかりに、今騒がれているこのアニメ、さてどうなるでしょう?」

解説KONE「これは・・・・・・すごいコトが起きそうな、そんな予感が走りますね。相当いいんじゃないでしょうか? 少し、古めかしいと思われる可能性がありますが、作品の地力というか、パゥワーを相当感じますね。これは◎◎(グリグリ)をつけていいかもしれません。

ノラガミ

「さて、ノラガミがです。 武神ではあるが神の末端である、夜卜は神としての実績をつくるために、頑張っているところに、色々なハプニングに遭遇するという話らしいです。結構、お面白い設定をしているので、期待したいところですね」

解説KONE「そうですね。これは人気でそうですよ。ちょっと暗いイメージが先行しますが、問題ないと思われます。中だるみせず、突っ走ってくれれば、全体をリードしていくかもしれませんね。ここは○としておけばいいのではないでしょうか?」


バディ・コンプレックス

「さあ、バディ・コンプレックスです。ロボ枠ですね。しかもパロディーロボ枠、ここ最近根付きつつある、土壌からの登場です。さあ、どうなることやら、」

解説KONE「そうですね。サンライズのお家芸アニメとしてのジャンルにこれからなっていく可能性を考えると、ここで失敗するわけにはいかないでしょう。 結構素晴らしいつくりになるんじゃないですかね。思い切って これも○しておくのも吉ですね」

ノブナガ・ザ・フール

「さて、信長の遺伝子を継ぐ、アニメ ノブナガ・ザ・フールですね。圧倒的な3Dロボと美少年美少女達が壮大なスケールで活躍するといった感じですね。中々、熱い展開もあるようですし、良さげなのではないでしょうか?」

解説KONE「これは、・・・・・ですな。色々とウケる要素を詰め込んでますね、その分ポテンシャルが高いアニメでしょう。長期展開的にいけば、かなり良い勝負ができそうですな、▲といったところでしょう。

咲-Saki- 全国編

「saki、 咲といえば、もはや、定番とかして、確固たる地位もあり、コケる要素等ない!、とかなりの、人気アニメです。さあ、今回はこのラインナップ相手にどういう展開を見せるか?」

解説KONE「まあ、問題ないでしょう。可愛い子達が麻雀やりながら、回想織り交ぜて、演出を過剰演出すれば、かなりの人気をかっさらて行くでしょうね。トップを狙うとなると、そこにプラスアルファ新要素を組み込むということも考えられますが、そうしてバランスを壊す恐れがあるので、無難な仕上がりをみせるのではないでしょうか? まあ、○ですね。

となりの関くん

「さてと、となりの関くん です。 授業中に授業を受けず一人遊びに興じる不思議な男子、関君をとなりの美女が観察するという、それだけアニメですが、それが斬新かつ、面白いということで、遂にアニメ放送です」

解説KONE「これはですな。かなり期待が持てるといえますですな。なにより、他のアニメと路線が違う、これだけで、相当のアドバンテージがあるといえるでしょう。この圧倒的個性が花開く可能性は極めて高いでしょうな。◎を入れたいところですが、○としましょう」


そにアニ

「そにアニです。 すーぱーそに子ですね。彼女といえば、下乳ですが。そして、女性キャラの王道ピンク髪、その彼女の魅力を全面に押し出すこのアニメの運命やいかに?」

解説KONE「まあまあ、何はともあれ、息の長いキャラなわけですよ。そして、多少の超展開は許されるだろうし、これは、中々期待が持てるでしょうな。▲を入れたいですね」

とある飛空士への恋歌

「人気ライトノベル作品。追憶シリーズですね。今回は恋歌のもようです。壮大にオリジナリティある世界観に、様々な人間ドラマ、堂々としたアニメです。」

解説KONE「そうですね。ガチ勢といったところですかね。相当、熱狂的信者もいますし、これはかなり良い位置をキープするんじゃないでしょうか? ○をうっときましょう」


ディーふらぐ!

「次に参りますの、ディーふらぐ! 不良高校性がゲーム製作部に勧誘されて、異文化交流するというものですね。中々、ゲーム制作の面白さ、辛さ等細かな知識が散りばめられております、人気でそうですね」

解説KONE「これは、かなり有りなんじゃないでしょうか? 主人公が強引になにかに巻き込まれるというのは、王道であり普遍性ありますし、新たな知的好奇心を擽られる人も相当でるのではないかと思われます。○うっときましょう」

ハマトラ

「さあ、探偵枠、ハマトラが満をじして登場です。 かなりキャラ立ちした連中が事件を複雑怪奇に解決していきそうな感じがします。これは、かなりやってくれるんじゃないでしょうか?」

解説KONE「そうですね。期待がもてると言ってもいいんじゃないでしょうか? ナイス君がナイスな解決をしてくれることを期待しましょう。 ○ですね」

中二病でも恋がしたい!戀 (第2期)

「このアニメは説明不要でしょう。かなりの知名度と人気、そして、今の京アニを救う救世主的コンテンツになりつつある。この作品。なにわなくとも、その力はいかんなく発揮されそうです」

解説KONE「そうですね。前期は演出が見事でしたねー。なんというか、見るものを飽きさせない。そんな凝ったところが、良いと思います。 ◎でいいんじゃないでしょうか?」

未確認で進行形

「未確認で進行形です。あ、ですは不要でしたね。未確認で進行形 が参りました、日常ゆるふわ、ちょっと不思議といった感じですね。いいんじゃないでしょうか」

解説KONE「まあ、わりかし人気のあるジャンルですし、やってくれそうな感じもしますね。ちょっと今期のラインナップの中ではパンチが弱いように思えますが、それでもいいところあるんで、▲といった感じにしましょう」

お姉ちゃんが来た

「これは、分かりやすい感じですね。弟好きのお姉ちゃん。いい奴過ぎる弟くん、見ていてすごく、ほんわかしそうです」

解説KONE「うーん。そうですねー。これも良いと思います。▲ですね」

銀の匙 Silver Spoon (後期)

「さあ、半分以上終わりまして、ここで銀の匙となります。原作人気、アニメも人気。隙がない陣容となっております。 これは安定してやってくれるでしょう」

解説KONE「多分、今期で一番、安定してるアニメじゃないでしょうかね。アンチも少なく、信者も多い、人気も高いところで安定、そして内容もしっかりしてる。文句のつけようがないですね。◎しかないでしょう」

ストレンジ・プラス

「つにやってきましたね。 探偵ハイテンションギャグアニメ。ストレンジ・プラス。これは、一発強力な出足が期待できますね」

解説KONE「この時期に、これがくるとはねー。 うーん 人を選びそうな感じがしないでもないですが、ギャグ好きな人には絶大にウケる可能性がありますなー。 まあ、ここは▲にしときましょう」

GO!GO!575

「俳句、日常アニメ GO!GO!575 の登場です。 ショートで纏めるのに向いてる作品なだけに、これは、気楽に見れるところがかなりウリなんじゃないでしょうか?」

解説KONE「そうですね。 短い時間で、かなり起承転結がはっきりしそうなので、かなり作品の持ち味を活かせるんじゃないでしょうか? ▲うっときましょう」

魔法戦争

「さあ、魔法戦争。いわゆる。魔法で戦争するやつですね。そのままですが、細かな設定や派手なアクション。かなりガチ魔法戦争展開と思いきや、萌えもある。力は持ってますね。どうなるのでしょうか?」

解説KONE「多分、序盤、から中盤までじっくり耐える必要がありそうですね。作品をすっと受け入れる人に問題ないのですが、そこが別れ目じゃないでしょうか? ○うっときましょう」

鬼灯の冷徹

「さて、来ましたね。ドS補佐官漫画、鬼灯の冷徹のアニメ化ですね。 地獄や民間伝承等を面白可笑しく、仕上げて、そこにドS補佐官をブッこむ。この作品。色々と勉強になる作品でもありますね」

解説KONE「これは、そうとうドSな作品ですね。まあ、それだけではなく、色々と素晴らしい点はいっぱいありますが、個人的には 座敷童子の登場を早めて欲しいというところですかね。◎をつけて問題ないでしょう」


桜Trick

「桜trick ですな。 まあ桜な時期ではないですが、とにかくアニメ化ですね。廃校を迎えることになって、ガチレズに覚醒する乙女の話ですね。 色々な意味でやってくれそうではありますね」

解説KONE「ガチレズは少し、言い過ぎじゃないですか? まあ、乙女が美しく思い出を残す、そこに物語が生まれる、それでいいじゃないですか? △うっときましょう」

Z/X(ゼクス) IGNITION

「さ、これは、あれですね。カードを使って異星人と戦うアニメですね。とにかくカードバトルですよ」

解説KONE「いやー カードで世界を救う時代になってしまったんですねー。まこっと恐ろしい時代じゃきにと、つい土佐弁が出てしまいますよ ▲うっときましょう」

pupa -ピューパ-

「pupa ピューパー  !!! 来ました。来ましたは。本物の妹を思う兄が来ましたわ。これぞ兄妹愛。グロですが、そこに愛がある、そんなアニメの登場です」

解説KONE「これは、かなり今期のアニメの中でも変化球、いや魔球ですな。癖はかなりあるものの、それがどうやって料理されるか、かなり期待がもてるでしょう ○うっときましょう」

のうりん

「のうりん。日常系農業ラブコメディですね。超人気ラノベ作品であり、作画の気合も充分、これは、かなりの伏兵か? どうなんでしょう」

解説KONE「そうですなー HPに行ったら、これ本当に農業なの? エロの間違いではって思ったんだけど、結構農業してるっぽいですね。○でいいでしょう」


Wake Up Girls!

「さて、すっかりお馴染み、アイドル学園モノですね。 その名も wake UP Girls! まあ、しっかりとした、基盤が確率されているこのジャンル。しかし、それだけに、何かを突出しなければ、成功しづらくなってきているような気がしますが、どうでしょう?」

解説KONE「そうですね。ぱっと見て貧乳が多いですな。それがウリかもしれません。まあ、▲でいいのでは?」

ニセコイ

「続きまして、ニセコイ、ニセコイでございます。、恋愛特化型アニメですね。」

解説KONE「そうですね。ジャンプ連載という知名度、キャラの可愛さ、どれも高いモノがあると思います。▲でいいでしょう」


世界征服~謀略のズヴィズダー~

「さあ、世界征服 幼女が登場する このアニメ。 世界征服~謀略ズヴィズダー 大きく風呂敷を広げて登場ですね。期待が膨らみます」

解説KONE「まあ、うーん 浅くなるのか?、深くなるのか? そこが問題ですなー。ポテンシャル事態は高いですし、高品質といえるでしょう。やってくれるんじゃないでしょうか?期待しましょう。 ○でいいですね」


てさぐれ!部活もの あんこーる

「さて、てさぐれ! 部活もの あんこーる 二期作品ですね。新しい部活を想像したり、二次元に二次元で突っ込むというこのシュールなアニメはどこまでやれるのか?」

解説KONE「二期着ましたねー。 素早い二期、というかそのまま二期行くとは、それこそ予想の上行きましたね。 まあ、▲でお願いします」


ウィザード・バリスターズ~弁魔士セシル

「ウィザード・バリスターズ~弁魔士セシルです。さあ、気合の入った作画、キャラ達、もうなんか、色々と全開ですね」

解説KONE「これはですな。相当な質アニメが誕生したと行っていいでしょう。まあとにかく、余計なことがなければ、かなり上位に食い込むのでしょう。文句なく◎ですな」


いなり、こんこん、恋いろは。

「いなり、こんこん 恋いろは。 ハートフルアニメの王道作品がここに登場ですね。可愛さ、キャラ立ちの良さ、結構期待できるでしょう」

解説KONE「まあ、若干知名度は低めですが、非常に良作になるではと思います、▲つけましょう。」

マケン姫っ!通 (第2期)


「さて、今期のパンツアニメ、筆頭、マケン姫っ!通ですね。お色気満載アニメですが、ガチなバトルも秀逸な出来で堂々二期ですね。気合充分といったところでしょう」

解説KONE「うーん まあ、今期の正統派パンツ枠としては、かなりのモノでしょう、それなりにやってくれるのでは? ▲をつけましょう」


「以上、予想を終えて、感想をお願いします」

解説KONE「そうですね、今期もですが、とにかくアニメ多いですね。全てを追いかけるのは、難しいですが、見逃して勿体ないことになるのは避けたいところですね。まあ、なんにせよ楽しみです」


 ということで、今期のアニメ予想でした。

 長々と失礼しました。

 読み終えた方お疲れ様です。




コメント

ねここね (著者)
No.35 (2014/01/06 01:49)
>>30
 クゥさん コメントありがとうございます。

 そうですね・・・・・・その通りだと思います。 でも今回はそうだったけで、それでいいと私は思っています。
ミ( ゚д゚ )
No.36 (2014/01/06 05:38)
↓覇権アニメ予想(2期、又は30分枠以外は含まない)
ノラガミ   ←個人的覇権予想
とある飛行士への恋歌  ←見ないとついていけなくなる可能性がある
のうりん
ウィッチクラフトワークス
ーーーーーーー↓期待ーーーーーーー
魔法戦争
ーーーーー以下、とりあえず見るーーーーー

※ただの俺個人の予想です
ねここね (著者)
No.37 (2014/01/06 05:52)
>>36
 ミ( ゚д゚ ) さん コメントありがとうございます。

 ノラガミ 覇権予想ときましたかー。 それもあるなーと思います。あまり僕も詳しいことは分からないので言えた義理ではないですが。

 とある飛行士への恋歌
 のうりん
 ウィッチクラフトワークス
 に関しては、中断からやや前にきそうな感じが僕はしたりします。

 魔法戦争は、期待ですね。分かります。

 でも、僕はやっぱり、スペースダンディ押しですかね。 とにかく全部始まって終わるまで分からないのでとりあえずワクワクしながら結果を待ちたいと思います。

コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事