ねここねのブロマガ

のんのんびより 総括

2013/12/24 21:41 投稿

コメント:8

  • タグ:
  • ねここね
  • アニメ
  • のんのんびより
  • 2013年秋アニメ


 私の中で ”のんのんびより” というアニメは2013年秋アニメのライナップの中ではちょっと気になる程度のものでした。

 しかし、始まって、そして、終わってみればはっきり言って独壇場! いや、1話開始以降からロケットダッシュで評価が頂点にまで上り、そのままずっとこの秋から冬にかけて私の中ではNO、1アニメでした。

 漫画や小説といった原作のあるアニメの多くは原作より劣る評価を受けることが多いと思う私ですが、”のんのんびより”に関してそれはアテはまらないでしょう。

 勿論、原作漫画もとてもクオリティが高く一人で描いてるとは思えないほどに素晴らしく面白いものですが、アニメにされたことで、その魂は何倍にも増幅されていると思います。

 しかし、ここまで原作よりも面白く出来たアニメっていったいどれくらいあるのでしょうか?

 けいおん? 四畳半神話大系? 銀魂? fate/zero?  じょしらく? アザゼルさん? これはあくまで私個人の好みですが、原作を超えるほどに面白いアニメというものが私にはあまり思い出すことが出来ません。


 今回、”のんのんびより”がここまで面白くなった理由はなんでしょう?


 勿論、優れたスタッフ達の惜しみない努力の成果であるとは思いますが、そこにどういった工夫があって、他の日常系アニメとの違いはなんだったでしょうか?

 私は日常系アニメというのは、好きだけど四半期ごとに繰り返されるアニメラインナップの中では面白いけど、その期で一番に押すということはないんですが、”のんのんびより”だけは別なんですよね。

 ”のんのんびより”だけは2013年の秋アニメの堂々トップなんですよ。 どうしてこうなるのか? 

 なんでそう思うのか? この秋アニメが放送してる間ずっと考えてたんですが、中々答えがでない。

 最初は声優陣が完璧にハマってるからこそのこの素晴らしさなのかなーとか思ったりしてたんですが、どうやらそれだけではないようです。

 アニメに伴い、シーンごとの細かいところの補間ともいえるところが抜群に上手いというのもあったりするでしょう。(れんちょんと駄菓子屋の過去エピーソードなんてその最たるモノかもしれません)

 結構、細かい改変で原作と違うと文句を言われることが多いことがアニメ化には多くあるわけだけど、”のんのんびより”に関しては良いところしか見当たらないと思うのが私です。

 シーンとシーンを繋ぐ間が絶妙だというところも特筆すべきなのかもしれないけど、それだけもでもない。

 とにかく、色々な複合的要素が上手いこと絡み合ってこの奇跡的アニメが生まれたのかもしれない。


 うーん・・・・・・こうやって書いてみたもののやっぱり何故面白いのか分からない。

 口惜しい、なんでこんなに面白いか論理的に説明できないことが、こんなに無知な己が恥ずかしい・・・・・・。


 とにかく私の中では他の日常系アニメより”のんのんびより”は数段優れていると思うのだけど、その確たる根拠がみつからない。



 やっぱり! れんちょんか? 小学一年生の魅力か? いや 断じてそれだけではない。ないんだ! しかしうさぎドロップとかも私好きだし。 そいうことなのか? いやでもロリキャラ出せばいいってもんじゃないだろ! アニメはよー。



 とにかく見ていて、なんだか優しい気持ちになれたり、笑ったりして、あっという間に1話が終わってしまう。


 こいういった至福の時を与えてくれる作品であることは間違いないのだけど、それがどうしてか? 何故なのか? 決定的に言葉にして理解しないままに最後まで見てしまいました。

 言葉にして理解できるを超えている作品というものはこういう作品なのかもしれないと思ったりもする。


 とにもかくにも、面白かった・・・・・・癒された。


 その一言で終わればいいのだろうけど、そうするには勿体無い作品であると思ったりするから、のんのんびよりに関してはまた考えてみたいと思う。


 余談ではありますが、出来れば、このスタッフで”よつばと”をアニメ化して欲しいものです。





 

コメント

ねここね (著者)
No.8 (2013/12/25 16:36)
>>5

 mal popさん コメントありがとうございます。

 ギャグ成分が少ないと言われると そういえばそうだなー 無理に笑いを取りに行くような場処は 確かにあまりなかったなーと思います。 だからこそ自然に笑えたと思います。

 れんちょんの経験を描くのは本当いいですね。 本当目が離せないです。 素晴らしいです。

 今期は、うーん・・・・・・。 
 ほんとにぶった斬り メッタ斬りしてしまった期なので正直 評価できないんですよね。

 
 弱虫ペダルは 原作読んでるから飛ばし飛ばしだし

 キルラキルは惰性で見る感じだし

 white album2は ガチ恋愛はちょっとこの時期いいやと思って1話でやめたし

 アウトブレイクカンパニーは なんか期待してる展開と違い過ぎて 3話でぶった... 全文表示
ねここね (著者)
No.9 (2013/12/25 16:49)
 あ、ログホライズン 忘れてた。 あれは結構良作ですね。個人的に結構ダークホースです。
mal pop
No.10 (2013/12/26 00:17)
>>8
お疲れ様です、返信ありがとうございます!

結構評価が低いんですね、、個人的にはキルラキルとサムメンコが毎週楽しみなんですが、人を選ぶ内容なのはわかります
脳コメやホワアルまで断念となると今期はかなり厳しそうですね(この二つは今期でも個人的TOPでした)
ただ、アルペジオとロマンツェの0話切りは正直もったいないと思います
特にアルペジオは直前の予想以上の出来で、岸監督の再評価につながった感ありますし
ロマンツェはギャグと王道スポーツ系とエロとハーレムの配分が非常に絶妙であり、今期のダークホース枠として名高いので
どちらも、今からでもニコニコで追うことをお勧めしたいです
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事