ゲーマー戦記

新スーパーロボット大戦 まとめ

2018/12/09 05:05 投稿

  • タグ:
  • ゲーム
  • まとめ
  • スパロボ
  • スーパーロボット大戦
  • 新スーパーロボット大戦
  • 新スパロボ
  • レビュー
  • 感想
スパロボをやったんだから記事にしないわけにもいかないでしょう。

ということで久々のブロマガ更新。
今回プレイしたのは新スーパーロボット大戦。軽くまとめていきましょう。

【シナリオ】
αより前のスパロボが持つ特色が色濃いシナリオ。αより前の作品なので当然ですけどね。
この頃のスパロボは全体的に原作シナリオの再現よりも、オリジナルのシナリオに対して参戦作品がどうやって対応し戦い抜くかという作風になっていました。

最近に比べ特に珍しいと感じるのが、敵がバルマー帝国に集約されるということ。ボアザンダリウスグラドスネオジオン等の組織は、全て今作の敵バルマー帝国の配下という形になり、物語初期から混合軍として扱われます。ザンスカールも途中で合流。

最初から最後までバルマーに属さないのはデビルガンダムくらいのものです。
この辺りも原作再現の集合体よりオリジナルの1作品として作成されていた一面ですね。デスクロス四天王のピンチに死鬼隊が増援に登場したり、中々先が読めない。

設定関係にも手が入り、新スパロボでは東方不敗がバルマー帝国と敵対するダグ星系共和国からきたという設定になっています。
このダグ星系人ムー帝国を築いた地球人の祖先と起源を同じとする種族であり、ムー帝国と同じくバルマーから逃れて様々な宙域に散っていった複数のグループの内の一つという設定。

他のスパロボでも地球が始まりの地として設定され、ボアザン星人・バーム星人等多くの異星人はそこから散っていった元地球人の子孫というクロスオーバー設定がありました。
新スパロボはその逆パターン。時期的にそういった設定を最初に導入したのが新スパロボ。

最近でもVで万丈がジャンパー設定になり、Xではアウラの民が戦部や剣部に並ぶ歌部というオリジナルの一族とされていたり、色々と原作の設定に手を加えられていますがこの頃にはもうその兆候がみえていたわけですね。

他に新スパロボのシナリオの特色として、宇宙ルート地上ルートでガッツリと使用できる作品が分かれてシナリオが進行します。中盤までということならIMPACTやOG1でも使われる手法ですが、これが最終ステージまで合流しないというのは中々斬新に感じる
この仕様のおかげでいつものスパロボだと枠争いで弾かれるユニットが活躍してくれました。
特に宇宙ルートは主役系の機体が少なく、シュラク隊を使うかで戦術の幅や難易度が大きく変わってきます。個人的に幸運を覚えるコニーには特にお世話になった。

シナリオの要所要所に入る合体や発進のデモも良い。




【難易度】
全体的な難易度は低め。
昔のスパロボらしく火力に重きを置いたスタイルで、一撃が大きいスパロボです。しっかり改造した武装に熱血や魂を乗せればボスクラスでも1~2撃で落とせます。その分こちらも高火力武装をまともに食らうと数発で落ちることがあるので、ダメージのリスク管理が重要。
とはいえ相手の移動範囲と射程を考えられるプレイヤーなら問題はないでしょう。
最近のスパロボと比較するとスパロボXのエキスパートモードより低いくらい?

戦略面以外に、どの武装を改造するかも頭の使いどころ。ボス対策に必殺武器を改造するか、雑魚対策として利便性の高い武装を改造するか、確実性に重きを置き命中補正の高い武装を改造するか。特定の武装は改造すると追加武装やMAP兵器版を使えるようになる等の特典があるのもこの頃のスパロボの特徴ですね。
キャラゲーとしては万遍なく改造される現在の仕様の方が良いと思いますが、戦略ゲームとしてはこの仕様の方が考える楽しみが増えて良いと思います。
魔装機神系のシステムとか大好き。

【やり込み要素】
図鑑100%やイベント回収等色々と遊べますが、今回はシンプルに隠し最終話をクリアで完クリとしました。地上35話・宇宙35話をクリアしての3MAPから成る最終ステージ。
結構ボリュームありましたね。

まさかのデビルガンダム、まさかのゴステロ。

昔は結構版権キャラが原作と違う機体に乗ることもそこそこあったなと思い出します。
俺はそういうのもっとやってほしいんだけどね。
ジェリド、カクリコン、ライラが整備中のゲッターロボを奪って乗り込むとか。
今はこの頃より版権厳しいから難しいんだろうなぁ…。

最近はマジンガーですら乗り換えが無くなってきてるし、せめて同一作品内での乗り換えをもっと充実させて欲しいと軽く愚痴る。

【新スーパーロボット大戦】
ではそろそろ最後の締めを。
今回はやったことのなかったスパロボを消化する枠ということでプレイさせてもらいました。
俺自身がスパロボ好きだからというのもありますが、かなり楽しめましたね。
戦闘アニメがフルボイスになった最初のスパロボということで、演出面の強化が目覚ましいと感じます。やはりアニメで活躍したキャラクター達に声が付くというのは大きい。

バンプレストオリジナルのSRXも今回初登場ということで強い強い。

彼等はその後、スーパーヒーロー作戦でイングラムやユーゼスが登場しさらにαを経て全体的な設定を固めていくこととなります。そっちも一応やったことあるけれど、当時はカードコンプリート等をやらなかったので機会があれば放送するかも?
ちなみにスーパーヒーロー作戦も大好きな作品の一つです。

・バグで装甲アップ系強化パーツがほぼ意味を成していない。
・ダメージ数値、シールド防御・クリティカルが表示されず発動の有無が分かりにくい。
欠点らしい欠点は大体この2点。
ディスク版だとロードが長かったそうですけど、アーカイブス版は特にストレスなくプレイできるレベルだったと思います。戦闘アニメOFF機能もないものの戦闘アニメはシンプルで全体的なテンポは良いと言っていいレベル。

後プレイしていないスパロボは
スーパーロボット大戦64+リンクバトラー
スーパーロボット大戦COMPACT
スーパーロボット大戦COMPACT3
スーパーロボット大戦J
スーパーロボット大戦GC(XO)
スーパーロボット大戦NEO
この6作品。ちなみに先日全て購入したのでソフトは持ってます。
これ以外はリメイクなり移植なりを含めてプレイ済み(COMPACT2はIMPACTで代用)。
ワンダースワンとアドバンスの3作品はともかく、64とXOとNEOの3作はいずれ放送予定。

最新作のスパロボTが発表されてまだまだスパロボシリーズは頑張れそうですね。
個人的には魔装機神でメインを張らなかったメンツが活躍する外伝も作って欲しいと感じる。
魔装機神Ⅲファングルートのように、ベッキーアハマド達サブキャラにもっと光を。
というかⅢを完クリした時はそういう流れで全員活躍するルートがくると期待してたんだよ!
あとはムゲフロ系の続編も欲しいな。覇龍の塔程度ではもう俺のビッグバンは止まらない。



ではこれにてゲーマーの詰所112作品目の完全クリア
新スーパーロボット大戦を終えたいと思います。
ありがとうございました。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事