あすらのブロマガ

FF5 RTAに関連するSFCとGBAの違いについて 随時更新

2016/09/01 23:28 投稿

  • タグ:
  • FF5
  • SFC
  • GBA
  • RTA
自分が気づいたものをひたすら列挙していきます
もしこんなのもあるぞと知っている方がいましたらTwitterなりコミュの掲示板なりに書き込んでくださると助かります

・ダッシュの違い
 もっとも明解で大きな違いと思われる
 GBAではアビリティ「ダッシュ」とは別で最初から2倍速の機能がついている
 アビリティとの併用も可能で4倍ダッシュすることが可能
 ただし4倍速は操作困難なレベルで早く、歩数調整が重要視されるこのゲームにおいて
 一長一短と言える仕様である
 ただしこれによりマシンヘッド避けに関しては圧倒的にGBAが有利でほとんど当たること
 はなくなる

・待機イベント処理の違い
 重要な違いの1つ、カルナック城の牢屋やモーグリの森のモグが出てくるまでなど
 時間経過で進行するイベントにおいてSFCでは会話の表示、メニュー画面の表示などの
 間は待機時間が進行しない、対しGBAでは会話表示中やメニュー操作中でも待機時間が進む
 これによりGBAではこの時間を使ってアイテム整理やジョブの変更をロスなく行なうこと
 ができる、また処理の重いムーアの森ではそのまま待機するよりメニュー画面を
 開いている方が早く待機時間が終わるというケースまである
 待機時間にはこの他にもピラミッドの毒棘が出る時間やシンボルエンカが出現する壁の
 開く時間も同様の処理になっている
 RTAでは関係がほぼないがSFCになれた人がこの仕様に気づかずGBAでフォークタワーの
 頂上で全てを知るものと戦う前にメニューを開いてしまい爆発するというケースが発生する

・エクスデス城の動く床
 エクスデス城の中腹に存在するギミックである動く床
 スイッチに乗ってタイミングよくAボタンを押すと動く床が止まって先に進める
 というものだが、SFCは移動速度が一定な上に緩やかで練習すれば間違いなくミスせず
 止めることができるのに対してGBA版は異様に床の移動速度が速く、また処理落ちの
 せいか移動が一定速度ではないため難易度がかなり上がっている

・ニューゲーム選択時の開始歩数位置、エンカテーブル位置はどちらも同じ
 SFCは一度でもセーブリセットしロードすると開始歩数位置、エンカテーブルともに
 乱数がシフトする
 GBAはセーブリセットあるいは中断再開するとニューゲーム時の初期歩数位置、
 エンカテーブル位置に戻る
 これが所謂GBAで使われる中断再開に2エンカ目にレアエンカを引く裏技の真相

・必要歩数の違い
 実は重要な違いとして地下大河のティラザウルスと戦闘するマップ、エクスデス城の正体
 を暴く時のマップの2箇所においてSFCとGBAで必要最低歩数量が違う、イベント発生場所
 が変わっていることなどが原因と思われる
 具体的には地下大河はGBAが3歩少ない、エクスデス城はGBAが1歩多い

・中断機能の追加(GBA版
 セーブではなく、その場で一旦ゲームを終えてタイトルに戻ることができる
 一見RTAでは無縁と思えるが、上記のエンカ歩数テーブルの仕様と相まってかなり有用な
 機能となっている、これによりやろうと思えばどこからでも歩数を組むことができる
 ただしそれなりに時間はかかるので最速を狙う上では機能し辛いか
 逆に歩数調整を組んでまでRTAしたくないというプレイヤーでも中断再開でいとも簡単に
 狙ったエンカを出せるため、とてもチャート作りがやりやすい

・会話の操作感の違い
 SFC版では十字キーを入れっぱなしにすると会話が進まなくなる
 GBA版では十字キーを入れっぱなしにしていても会話が進む
 (SFCは1つのキー操作しか受け付けない?とはいえダッシュはできるしうーん)

・戦闘終了時の表示飛ばしの処理の差
 SFCではAボタンを押しっぱなしにすることで戦闘終了時に経験値ギルABP覚える
 アビリティの表示の後そのままドロップアイテムの入手or拒否の画面もそのまま処理される
 GBAではAボタンを押しっぱなしにしていても戦闘終了時に経験値ギルABP覚える
 アビリティの表示の後、アイテムドロップの画面で止まる

・文字の表示数の違い
 SFCのほうが一度に表示できる文字の数が多い
 顔グラフィックがGBAでは追加されたがこれは関係無く
 具体的にはSFC最大5行、GBA最大3行

・会話速度の違い
 GBAのほうが会話のテンポが速い
 上記の表示も字数をこれで補う形になっている
 また、ゾックの家でのバッツの回想イベントやラスボス戦闘前の暁の四戦士の会話など
 特定の会話のみなぜかボタンによる会話飛ばしができず自動で(ゆっくり)進む箇所が有る

・魔法表示数の違い
 両方ともメニュー画面では横一列に魔法が3つずつ(レベル毎)となっているが
 戦闘画面のみSFCは横3つ、GBAは横2つとなっている
 このためSFCとGBAでは同じ魔法でも選択コマンドが変わってくる
 例 カーラボス戦でのサンダー
 SFC 一番上の一番右にサンダーがあるため 下左と入力する
 GBA 二段目の左にサンダーがあるため 下と入力する

・メニューでのキャラ変更
 GBA版では装備やジョブ魔法などの選択画面でLRを使うことで今のキャラより
 1つ上または下のキャラの選択画面に切り替えることができる
 また、戦闘中のアイテム欄や魔法欄でもGBA版のみLRで一定数ページを飛ばすことができるようになっている(SFCFF6からあるやつ)

・離脱キャラの扱い
 SFC版ではガラフ離脱やレナ離脱中などのメンバー数が3人以下の場合にメニューで
 隊列やジョブなどでキャラを選択する際に抜けているメンバーの空欄にカーソルが合わず
 その1つ先にキャラまで飛ぶ
 GBA版では抜けているメンバーの空欄にもカーソルが移動する

・アビリティMP補正について
 黒魔法や召喚魔法のアビリティには魔力とMPをそのアビリティに設定された数値以下の
 場合に底上げする効果がありますが
 そのMP補正についてSFCではアビリティも含めた状態で最終計算されるのに対し
 GBAはジョブアビリティ選択それぞれに計算が行われているもよう
 例えばMP100の状態のジョブから元々の最大MPが80のジョブに変え黒魔法1を付けること
 でMPが100ちょうどになるとした場合
 SFCでは変更後元々のMPが100であったために100のままの状態になる
 GBAでは変更後元々のMPは100であったのに対し変更元のMPが80であったために
 最終的に上限が100であっても残りMPが80となる 

・ジョブの位置の違い
 GBAでは追加ジョブの関係上SFCに対して1つずつジョブの位置がずれている
 上記の魔法と同様同じジョブを選択する際のコマンドが変わってくる
 またSFCではナイト(一番左上)にコマンドがあるとき左を押すと
 一番右下であるすっぴんにコマンドが移動したがGBAではこれは反応しない
 同様に上下の繋がりも存在しない

・アビリティの有無による違い
 SFC版ではアビリティを1つも所持していないキャラのジョブを変更した場合アビリティ
 選択画面自体が表示されずそのまま装備変更画面へ映る
 GBA版ではアビリティの所持に関係無くアビリティ選択画面が表示される

・店での違い
 両バージョン買い物の際、個数選択で上下を押すと10単位で増えるが
 SFCではお金が足りない場合(例えば11個は買えないけど8個買える)、現在個数から
 一切個数が変化しない(1から8にするには1の単位で増やすしかない
 GBAではお金が足りない場合(例えば11個は買えないけど8個買える)、現在個数から
 所持ギルで買える限界値の個数のなる(例の場合1から8になる

・アイテムやアビリティ、技の追加
 GBAではジョブと同時にアイテムやアビリティが多数追加されている
 基本的にはクリア後だったりするのでRTAには無関係と言いたいところだが
 バグの関係で一部使用されるものがある

・「きおく」の違い
 何気にとても重要な違い
 コンフィグのきおくは前の行動を次に維持するというものだが
 SFCではジョブが変更された場合そのキャラのきおくがリセットされる
 GBAではジョブが変わろうがキャラ(ガラフ→クルル)が変わろうが維持される
 例えばシーフで最初から付けられている盗むを選択した後、ナイトにジョブチェンジを
 した場合、SFCではナイトはたたかうにコマンドが置かれているがGBAでは
 まもるにコマンドが置かれている
 さらに言うと魔法に至っても同様で、GBAでは青魔導師でゴブリンパンチを選んで状態の
 後に黒魔導士にしサンダーを使った後に再び青魔導士にしたとしてもコマンドはゴブリン
 パンチの状態を維持している、もちろんその後に黒魔導士にするとサンダーにコマンドが
 位置しているおそらく各魔法、歌う、アイテム欄それぞれ個別に記憶が用意されている
 ただしアイテムは全て共用のため投げる、調合、飲む、普通にアイテムを使用した場合
 それぞれの最後のアイテムの位置にコマンドが残る
 これのせいもあってSFCとGBAでは大きく操作が変わってくる

 戦闘以外でもSFCではテントやテレポなど使用後にメニュー画面じゃなくなる行動を選択した際その1つ前の記憶の位置に戻る、つまりそれらアイテムを使った際は記憶されない仕様だが、GBA版ではこれらを使用してメニュー画面を閉じた場合でもテントやテレポの位置にカーソルが記憶される

・イベント時間の差
 各イベント毎に基本的にSFCの方が速い
 顕著なのがセイレーンイベントでここだけで50秒近い差がある

・敵の消滅エフェクトの違い
 通常の敵が死んで消える演出(ボウーってやつ)がSFCのほうが長い 
 こう言った差は様々、感覚だがメニュー開閉はGBAが遅く、SFCは戦闘の開始終了が
 遅く感じられる、そのためフィールドでのメニュー開閉におけるエンカ回避の重要度は
 SFCの方が大きいと思われる
 
・その他エフェクト全般
 各々GBASFCに有利不利がある
 一番わかりやすいのがSFCのデス(遅い)やGBAのメテオ(カックカク)などだろう

・特定マス硬直時間の違い
 セーブや一部のドアなど特定のマスに止まった時の硬直時間がGBAの方が長い

・なだめるの違い
 なだめるの効果が設定ミスによって真逆のものとなっている
 SFC 獣属性のモンスターに確実にストップの効果
 GBA 獣以外の属性のモンスターに確実にストップの効果
 基本的にGBAの方が優秀に見えるがキマイラブレインなど不利なものも存在する
 
・言わばラスボス耐性ともいえるシステムの追加
 SFCで祝福のキッスの強制バーサクによるネオエクスデスカットがあまりにも有名なため
 にGBAで追加されたと思われる耐性
 祝福のキッスによるバーサクのみを防ぐというもの、分身とヘイストの効果は受ける
 またエクスデス3に限らず、ネクロフォビア戦闘でのギルガメッシュやストーカーなど、
 イベント潰しや詰みを回避するためにこの耐性を受けたボスも存在する
 逆にこの耐性を得ていない限り、バーサク耐性を持つボスであっても従来通り
 祝福のキッスの強制バーサクは効く

・ナイトが複数人いる場合のかばう
 SFC 隊列の上から順にかばう
 GBA HPが高い人から順にかばう

★バグの違い
 SFCとGBAでそれぞれ違ったバグが可能
 なおFA封じや状態異常耐性残存などは共通している、ただし祝福のキッスのみは上記の通り

・SFCでは99個盗みと255盗みが可能
 SFCでは99と255盗みの二つが可能
 GBAでは255盗みのみ可能
 SFCはなげるが必要になる
 GBAではなげるのむちょうごうなどアイテム欄に関与するアビリティが必要となる
 消費アイテムの場合はなげるは1度で良い、その場合消費アイテムを1度使用する必要がある
 それ以外のアイテムの場合は2回なげる必要がある、SFCの場合こうすると99個盗みになる
 なげる以外でもでき、255個が扱いやすいGBAのほうが基本的には有利

・テレポバグの有無
 SFC版でできたテレポバグはGBAでは修正されている
 実戦的なのはムーアの森くらいになるだろうが

・あやつるバグの有無
 SFC版ではフリーズしてしまうためできなかったアイテム欄利用バグによって起こるGBA版
 でのみできるバグ技、わりととんでもないことができる詳細はブロマガの別記事を参照に

・ツインタニア戦闘
 SFCではかくれるのバグの影響で一度攻撃をさせないとフリーズする
 GBAではこれが修正されているため現れて即レベル5デスなどが可能

・消費アイテム待機時間増加バグ
 SFCにある、戦闘中の消費アイテム使用時の待機時間がアイテム欄の位置によって
 増加するというバグがGBA版では修正されている(全てを検証したわけではない

・他にも吸血のダメージ計算式や毒ダメージの最低値が0になったりと細かい変更はあるが   RTAには無縁

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事