AIR さんのブロマガ

【初心者のためのDTM作曲教室 番外編】 キーオブG♭問題

2016/02/19 15:00 投稿

  • タグ:
  • 雑談
  • DTM
  • 作曲
  • 初心者
  • 講座
  • 音楽
  • 理論
  • 調号
  • 臨時記号
  • 五度圏
AIR です。

ある曲の楽譜を作成するとき、調号を「G♭」と表記するのか「F♯」と表記するのか、
音楽理論に明確な定義がなく、答えを出した人もいませんので、考えてみます。

スケールの視点から比較してみます。
 G♭:ソ♭、ラ♭、シ♭、ド♭、レ♭ミ♭、ファ
 F♯:ファ♯、ソ♯、ラ♯、シ、ド♯、レ♯、ミ♯
このように両方ともに「ド、レ、ミ、ファ、ソ、ラ、シ」が1回ずつ順番に並ぶため、
スケールのルールに従ってしまい、どちらを使っても良いことがわかります。
厄介な問題です。

たとえば、Fと平行調のDmはシに♭がついたスケールです。これを♯系にしてみます。
 F:ファ、ソ、ラ、ラ♯、ド、レ、ミ
 Dm:レ、ミ、ファ、ソ、ラ、ラ♯、ド
Gと平行調のEmはファに♯がついたスケールです。これを♭系にしてみます。
 G:ソ、ラ、シ、ド、レ、ミ、ソ♭
 Em:ミ、ソ♭、ソ、ラ、シ、ド、レ
それぞれ、欠落したノートと重複するノートがでてくるため、ルールから破綻しています。
このため、キーオブFまたはキーオブDmはフラット系のスケールと証明されます。
 F:ファ、ソ、ファ、シ♭、ド、レ、ミ
 Dm:レ、ミ、ファ、ソ、ファ、シ♭、ド
このため、キーオブGまたはキーオブEmはシャープ系のスケールと証明されます。
 G:ソ、ラ、シ、ド、レ、ミ、ファ♯
 Em:ミ、ファ♯、ソ、ラ、シ、ド、レ
五度圏を眺めることで、時計回りが♯系、反時計回りが♭系とわかります。

それでは五度圏でキーオブCまたはAmの裏側にある調号は、
「キーオブG♭とE♭m」と「キーオブF♯とD♯m」のどちらを使えば良いのでしょう?


前述しましたように、両方ともにスケールのルールに従い、構成音も同一です。
しかし時間をかけて楽譜における採用率を調査しましたところ、
「D♯mよりE♭mが、より多く使われている」という結果がでました。
何かを決めるときは、何かの基準が必要です。
音楽だけが例外とはいきません。
マイナー調号が「E♭m」と決まれば、リラティブメジャーは同じ♭系となり、
「G♭」が有力になります。しかしまだ、論拠が薄弱ですので続けます。


なおコードネームに使う場合においては、♯と♭の混用は認められます。
今回は調号のお話ですので軽く触れる程度にしますが、
キーオブGのときはシャープ系のスケールですので、基本的にF♯を用います。
臨時記号も同様です。調号で宣言された系列を用います。
しかしHMP5B(Harmonic Minor Perfect 5th Below)といったスケールがあります。
スケールに♭と♯が混用されますため、
「臨時記号は♭か♯、いずれかに統一する」のルールは成り立たず、否定されます。


話を戻します。「どちらでもいいからこそ、どちらかに決めてしまいたい。」、
これが「キーオブG♭問題」です。
たとえば身近なスケールから、構成音を比較してみます。いわゆるナチュラルマイナーです。
 C♯m:ド、レ、ミ♭、ファ、ソ、ラ♭、シ♭
 D♭m:レ♭、ミ♭、ファ♭、ソ♭、ラ♭、シ♭♭
両方ともにスケールのルールに従いますが、ダブルフラットが出現してしまうため、
キーオブEのリラティブマイナーは「C♯m」が現場的に望ましいとされます。
「五線譜の並びがきれいではない」は理由になりません。可視化は楽譜化の都合だからです。
ダブルフラットがいけないというわけではありませんが、演奏者に優しくないのは事実です。

DTMではPCにインストールしてあるソフト音源が演奏を行って曲を再生してしまうため、
ミュージシャンの都合なんて考えずに作曲をしてしまいがちです。そこに配慮はありません。
しかし気に入った曲だから演奏してみたいというミュージシャンの気持ちを尊重して
スコア作成の作業を見直してみますと、読みやすい楽譜が良いのは明白です。
それは、「作曲者から演奏者への心遣い」といえるものです。

そもそも「音楽とは、楽器の演奏によって人間に知覚されるコンテンツ」です。
「楽譜とは、演奏する内容を演奏者に伝える情報を記した媒体」です。
演奏者は演奏前に必ず調律(チューニング)作業を行います。
そして調律は「原則的に♭方向」に行います。楽器の経験があればピンとくるところです。
クロマティックのスケールで比較してみましょう。
 キーオブC:ド、ド♯、レ、レ♯、ミ、ファ、ファ♯、ソ、ソ♯、ラ、ラ♯、シ
 キーオブC:ド、レ♭、レ、ミ♭、ミ、ファ、ソ♭、ソ、ラ♭、ラ、シ♭、シ
ミュージシャンの耳では、下段の♭方向で調律をします。これが2つ目の論拠となります。

DTMで用いるピアノロール画面では平行調の表記が等価になるため「どちらでもよい」と
思ってしまいます。ソフトウェア音源を使っている限り、調律の作業も必要としません。
それでも、ノーテーションソフトを使う手間を差し引いても、
「スコアを作成してみることで、自作曲の性質を知る」ことができます。

まとめます。以上の考察から以下の二つの論拠が示されました。
 ・マイナー側の使用率が高いキーオブE♭mのリラティブメジャーであるのはキーオブG♭
 ・音楽とは演奏者が演奏するもので、楽器は原則的に♭方向に調律が行われるものである
これらの考えに基づき、「調号はキーオブG♭が優勢である」を結論とします。

【DTM作曲教室の目次】⇒ http://ch.nicovideo.jp/article/ar526451


◆◇◆◇◆ お知らせです ◆◇◆◇◆
コミュニティ参加、お気軽にどうぞ。
http://com.nicovideo.jp/community/co2282621
僕のネット活動の全ての情報を集結しております。
バックナンバーも、読み放題になっています!!
最後まで見てくれて、ありがとうございます。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事