AIR さんのブロマガ

【初心者のためのDTM作曲教室】038 オルタードスケール

2014/05/03 15:00 投稿

  • タグ:
  • 雑談
  • DTM
  • 作曲
  • 初心者
  • 講座
  • 音楽
  • 理論
  • オルタードスケール
  • テンション
  • スケール
AIR です。

第38回目はオルタードスケール(Altered Scale)
についてお話します。テンションの回で紹介した
オルタードテンションを使うためのスケールです。
 G7(Alt)
このように表記します。


G7のコード構成音を見てみましょう。
「G+B+D+F」です。
ここにナチュラルテンションを追加します。
「A、C、E」は順番に「9、11、13」度です。
これをオルタード化します。
「A♭、A♯、C♯、E♭」の4音になりました。
しかしこれをコード構成音に加えると1スケールが8音です。
「G、A♭、A♯、B、C♯、D、E♭、F」の並びです。


「C♯、D、E♭」で音が3音連続で繋がるため、
5度をオミットします。これで1スケール7音になります。
「G、A♭、A♯、B、C♯、E♭、F」の並びです。
他のRでも使えるように記号化してまとめます。
「1、♭9、♯9、3、♯11、♭13、♭7」
このように並んだスケールがオルタードスケールです。
Rから「半全半全全全全」といった法則があります。
モードの世界観では「スーパーロクリアン(Super Locrian)」
と呼びます。キーCで並べると7音中6音が♭しています。
「C、D♭、E♭、F♭、G♭、A♭、B♭」です。


オルタードスケールを簡単に導き出す方法があります。
「G、A♭、A♯、B、C♯、E♭、F」を並び替えます。
半音上の「A♭」をRにします。変化記号も統一します。
「A♭、B♭、B、D♭、E♭、F、G」になりました。
このスケールはG7(Alt)の半音上の
A♭メロディックマイナースケールの構成音と一致します。
この関係を覚えておくと、オルタードスケールは
半音上のメロディックマイナースケールを使うことがわかります。

【DTM作曲教室の目次】⇒ http://ch.nicovideo.jp/article/ar526451


◆◇◆◇◆ お知らせです ◆◇◆◇◆
コミュニティ参加、お気軽にどうぞ。
http://com.nicovideo.jp/community/co2282621
僕のネット活動の全ての情報を集結しております。
バックナンバーも、読み放題になっています!!
最後まで見てくれて、ありがとうございます。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事